prev11next
sunmontuewedthufrisat
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

アルゼンチン共和国杯&みやこs結果

・アルゼンチン共和国杯
1着○トーセンジョーダン
2着△ジャミール
3着◎コスモヘレノス
4着△スリーオリオン
5着エアジパング

7着▲トウショウウェイヴ

トーセンジョーダンが3連勝で重賞初制覇。
道中中段あたりから直線外目を力強く抜け出しでの完勝。
2.30.0はレースレコード。
初距離もトップハンデもまったく関係なかったですね。
この先はJCを使うのか有馬を使うのかまだわかりませんが今の充実振りなら抑えておく必要はある。

2着ジャミールは最後の直線で最内の狭いところからよく伸びてきました。
なかなか重賞では勝ちきれない馬ですが今日は相手が強かったので仕方ない。
減っていた馬体も回復してパドックでもいい雰囲気に見えたように状態は夏場よりも良くなっていた。
アンカツから急遽乗り変わった大庭騎手も上手く乗ってました。

3着コスモヘレノスは9番人気とそれほど人気はありませんでしたが良く走ってます。
道中中段につけ3コーナーあたりから外目をいい感じで上がっていったし、直線でも一瞬勝てるかというところもあった。
軽ハンデというのももちろんありますがこの馬自身も力をつけています。


・みやこS
1着◎トランセンド
2着○キングスエンブレム
3着 サクラロミオ
4着 アドマイヤスワット
5着 △パワーストラグル

8着▲ドリームライナー

トランセンドが好スタートからハナを切りそのまま押し切り勝ち。
やはりマイペースで行けると強いですね。
キングスエンブレムもよく追い込んではいましたが外に持ち出すのが少し遅かったかもしれない。
上位2頭は力があります。
次走JCダートでも期待したい。

6着ワンダーアキュートは昨年のJCダート以来のレースでしたがレース内容は悪くなかった。
最後まで良く粘っていたし、一度たたいて次はもっと良くなってきそう。


BCに遠征した日本馬2頭は残念な結果でした。
BCクラシックに出走したエスポワールシチーは10着。
レースは前4頭が後続を離してとばす展開でエスポワールシチーは2,3番手。
4コーナーから直線入り口ではいったん先頭に立ちましたがその後失速。
レースを引っ張った4頭すべてが下位に沈んだように明らかにオーバーペースでした。
後方集団の先頭につけるようなレース運びだったら結果は違ったかもしれませんが、エスポワールシチーは抑えていくようなタイプでもないし仕方ないところはあります。
フィリー&メアターフのレッドディザイアは道中中段外目から4コーナーをいい感じで上がっていったときにはいけるかと思ったら直線を向いて伸びずに4着。
前回にしても今回にしてもそれほど差はないんですがもう一歩足りないですね。
スポンサーサイト
 
拍手する

アルゼンチン共和国杯&みやこs予想

・アルゼンチン共和国杯
◎コスモヘレノス
○トーセンジョーダン
▲トウショウウェイヴ
△スリーオリオン、ジャミール、ゴールデンメイン、ゴールデンハインド

昨年は3連単で90万馬券が出たレース。
今年もこれといって抜けた馬はおらず荒れる余地は十分にあると見ます。

◎コスモヘレノスは前走1000万下を勝ちあがってばかりということもあって斤量は51キロ軽いし、4年前のレースでは同じローテで斤量も同じ51キロだったドラゴンキャプテンが3着に入っているので
この馬も勝ちまでは難しくとも3着なら十分狙える。

○トーセンジョーダンはここにきて2連勝してようやくいいころの出来に戻ってきました。
重賞未勝利でトップハンデでは楽ではないけれどここを勝てるようならこの先GⅠが見えてくる。

▲トウショウウェイヴはここ3戦は1800mを使ってましたがこの馬にとっては少し距離が足りなかった。
元々東京コースは大得意だし距離もこのくらいのほうがあっている。


・みやこS
今年新設された重賞JCダートの前哨戦という位置づけのレースとなります。
実際JCダートに行っても期待できそうな馬も何頭かいるしなかなかいいメンバーがそろいました。

◎トランセンド
○キングスエンブレム
▲ドリームライナー
△ナニハトモアレ、ダイシンオレンジ、パワーストラグル、クリールパッション

◎トランセンドはここ2戦は重賞で2着ですがここは相手も強かったし脚質的にもどうしても目標とされてしまうので仕方ないところはあります。
昨年のレパードSを勝ったの時にはGⅠ級の力があると感じた馬だしここを勝ってJCダートへ向かってもらいたい。

○キングスエンブレムここ2戦共に完勝といった内容で能力の高さを感じます。
前走シリウスSでは直線楽に抜け出しながら最後多馬に詰め寄られたところを見ると1ハロン距離が短縮されるのもこの馬にはプラス。

▲ドリームライナーは2走前のオークランドSでキングスエンブレムの2着、前走は2着に3馬身差をつける完勝。
今年になってからダートを使い始めてここに来て馬体も増えてかなり力をつけてきたように感じます。
京都1800mでは3戦して2勝を挙げているのでコースも合うと思う。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。