prev10next
sunmontuewedthufrisat
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31------

プロフィール

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

スワンS結果

1着 マルカフェニックス
2着△ショウナンアルバ
3着 ジョーカプチーノ
4着◎アーバニティ
5着○グランプリエンゼル

11着▲ファリダット

今日は全くかすりもしなかったですがこういうこともあります。
勝ったマルカフェニックスは普段よりも前目の競馬から直線楽に抜け出す競馬で強い勝ち方でした。
1400mは安定してる。

2着ショウナンアルバはここ最近好走と凡走を繰り返してましたが順番的には今回は好走する番で実際2着と好走。
元々気性的にうるさいところがあるで安定感はありませんが力はある馬、今日は道中後方からいい脚使ってました。

3着ジョーカプチーノは昨年のダービー以来で馬体重プラス38キロ。
これで3着にくるのだからさすがG1馬、力ありますね。
同型のマイネルレーニアが出遅れてマイペースでいけたというのもありますがこの状態でこれだけ走るのだから今後は順調に行けばもっと良くなる。

4着アーバニティは道中流れに乗り切れていないというかあまりいリズムの良くないような走りで、4コーナーあたりでも少しもたつくようなところがあった。
休み明けの影響があったのかもしれない。
あのあたりでもっとスムーズに上がっていくようでなければ勝ち負けにはならない。


京都9R萩Sはショウナンマイティが期待通り強い勝ち方でデビューから2連勝を飾りました。
道中中段外目から、1000m通過が62,1秒というペースで逃げたメイショウオオゾラがそのまま押し切るかと思われたところを外から楽に差し切る強い勝ち方。
今日の走りを見るとこの先もかなり期待できそう。
スポンサーサイト
 
拍手する

スワンS予想

台風の進路がものすごく気になる今週末の競馬ですがとりあえず予想はしておきます。

スワンSはこれまで1番人気が10連敗中。
2番人気もここ6年3着以内無しと上位人気は苦戦。
2003年からは4年連続して2桁人気の馬が勝ったように毎年荒れるレースとなってます。
今年も抜けた馬はいないので波乱になりそうな予感します。

ここ最近の重賞の傾向を見ていると夏場を休養にあてた馬か、夏場使われていた場合は前走で強い勝ち方をしていた馬が好走するパターンが多い。
前者なら毎日王冠1~3着のアリゼオ、エイシンアポロン、ネヴァブション、府中牝馬S2着のセラフィックロンプ、富士S2,3着のライブコンサートとガルボ。
後者なら府中牝馬S1,3着のテイエムオーロラとスマートシルエット、富士S1着のダノンヨーヨー。
逆に夏場も使われていて成績そこそこ、人気もそこそこといった馬は苦戦。
というパターンに当てはまる馬を狙うとして、このメンバーならオパールS勝ちのグランプリエンゼルと休み明けのジョーカプチーノ、エーシンフォワード、アーバニティ、アーリーロブスト、ファリダットの6頭。
この中からさらに絞るとまず、去年のダービー以来となるジョーカプチーノはさすがに間隔があきすぎているので今回は厳しい。
エーシンフォワードはおそらく1,2番人気には支持されるはずなので人気面から本命には押せない。
グランプリエンゼルは2番人気か3番人気の微妙なラインでオッズを見てから買いたいところだけど現時点での予想だとどうなるかわからないのでこの馬も本命からははずしておきたい。
ということで残った3頭の中ならアーバニティを本命。
春には京王杯SCで3着という実績があるので能力的には通用するはず。

◎アーバニティ
○グランプリエンゼル
▲ファリダット
△ショウナンアルバ、マイネルフォーグ、マイネルレーニア、エーシンフォワード



そのほかの注目レースは東京10R精進湖特別。
1000万下ですが将来性がありそうな3歳馬2頭、ゲームマエストロとダイワファルコンに期待します。
ゲームマエストロはデビュー当時から注目していた馬で、前走セントライト記念が距離が少し長いかなと思いがなら見ていたら後方から追い込んでの惜しい4着。
菊花賞の出走権は逃しましたがこの馬にとっては3000mは明らかに長いし、出たとしても勝負にはならなかったであろう事は明白。
逆に今回自己条件で出走できるということは将来的に考えればプラスだと思う。
ダイワファルコンは休み明けの前走が強い勝ち方。
春には弥生賞3着、皐月賞でも8着ながら0,5秒差という成績を残しているようにこのクラスなら力は上位。
この2頭共にいずれは重賞での活躍も期待しているということで今回も注目しておきます。

もう一つ京都9R萩Sにも来年のクラシックでも期待できそうな好メンバーがそろいました。
この中では新馬戦の勝ちっぷりが良かったショウナンマイティに期待します。
着差は半馬身差でも内容的には完勝で、そのころデビューした馬の中では牡馬ならトップレベルの力があると感じました。
そのほかにもディープ産句の2頭とかキングカメハメハ産句の2頭の強いですがここを勝てば暮れの朝日杯やラジN杯2歳Sが見えてきます。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。