prev10next
sunmontuewedthufrisat
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31------

プロフィール

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

スプリンターズS結果

1着 ウルトラファンタジー
2着▲キンシャサノキセキ
3着△サンカルロ
4着○ダッシャーゴーゴー
5着△ワンカラット

7着◎グリーンバーディー

香港勢の中では格下と見られていたウルトラファンタジーがこのレースを制覇しました。
スプリント路線での香港勢のレベルの高さを改めて感じさせると、同時に日本勢がちょっと情けなさ過ぎます。
ウルトラファンタジーに楽な競馬をさせすぎ。
スタートからおっつけていってハナにたったウルトラファンタジーを誰も追いかけていかなかったからか、鞍上のライ騎手は何度も後ろを振り返って少し控える。
そこでようやく外からローレルゲレイロが交わして行きましたが、3ハロン通過が33,3秒というこのクラスとしてはゆるい流れ。
こうなるとやはり前に行った馬が有利になります。
過去の結果を見てもこのレースは逃げ馬がかなりの好成績を収めていますし、それに今の中山の馬場は内がよい状態なので前が止まらない。
直線で後続を突き放して、最後はダッシャーゴーゴーに迫られましたが、そのダッシャーゴーゴーが降着になったということもあって結果的には完勝でした。
今日の結果からすると、今後もこのレースや春の高松宮記念に香港勢が来たのなら実績的には見劣るような馬であっても注意しておかないと駄目ですね。

一方、1番人気に押されていたグリーンバーディーは直線で前が壁になってしまったのが痛かったですね。
最後は狭いところを縫うようにして伸びてはいるんですが結局7着どまり。
全快はうまく馬群を裁けましたが今回はさすがに厳しかった。

2位入線から4着に降着したダッシャーゴーゴーはもったいなかったですね。
最後の直線、あそこは確かに内をつくところですが、勢いよく内に切り込みすぎてしまいサンカルロがラチに挟まれるような形になってしまった。
あれは降着でも仕方ない。
それでも、レース内容自体はよかった。
追い切りで見せた状態のよさがそのまま出たという感じがします。
まだ3歳馬ということもあってこれからもっとよくなってくると思うし、今後のスプリント路線を引っ張っていくような馬になってほしい。

2着キンシャサノキセキは上位が内をついた馬が占めた中、一頭外から伸びて来たあたりはやはり力があります。

3着サンカルロは不利が痛かったですね。
体勢を立て直してからもよく伸びていたし不利がなかったらもっと上位とも接戦だったと思う。

5着ワンカラット、6着ジェイケイセラヴィあたりは力は出せたように見えましたがGⅠとなるとこのくらいなのかな。



その他のレースでは注目したいのはまず中山5R新馬戦を勝った絶好調ハーツクライ産句のウエスタンベッラ。
2着のアロマフローラも同産句でワンツーという結果でした。
ハーツクライ産句は本当にすごいですね。
土曜日には阪神9RききょうSをオースミイージーが制して、野路菊Sを勝ったウインバリアシオンに続いて2勝目を上げています。
今年の新馬戦では、注目度でいえば序盤はディープ産句が断然でしたがその後はハーツクライ産句も勝ち始めて、現時点ですでにディープ産句を上回るくらいの勢いを見せています。
勝ち馬の数だけでなく全体的なレベルとしてもハーツクライ産句のほうが上のように感じます。
産句の数としてはディープ産句のほうが多いのでこの先まだどうなるのかわかりませんが、この2頭の産句には今後も注目していきたい。

中山12R中山オータムプレミアムを勝ったシルクフォーチュンは今日も豪快な追い込みを決めてこれで4連勝を飾りました。
この馬の追い込みは本当にすごい。
毎回、この位置からでは厳しいだろうというところからでも最後は必ず届きます。
今回も逃げた2頭が最後まで残る展開だったように流れが向いたわけではなかった。
今後重賞でもこの脚が通用するかどうか注目したい。
 
拍手する

スプリンターズS予想

◎グリーンバーディー
○ダッシャーゴーゴー
▲キンシャサノキセキ
△ビービーガルダン、ワンカラット、サンカルロ、ローレルゲレイロ

3連単18点
6→2,14⇔2,3,5,8,9,14

これまで競馬の予想をしてきた中で外国馬に◎を打ったことってたぶん一度もないんですけど、今回は香港馬のグリーンバーディーで仕方ないですね。
前走セントウルSでは59キロであの走りですから、一度叩かれた上積みと斤量2キロ減を考えると他の日本勢ではこの馬にはちょっと敵わないような気がします。

○ダッシャーゴーゴーは追いきりの動きが今回のメンバーの中で1番よく見えました。
栗東坂路でラスト1ハロン11,7秒っていうのはなかなか出る時計ではないし、真っ直ぐ駆け上がってくる姿を見ると前走からさらに状態が良くなっているように感じます。

▲キンシャサノキセキは4連勝で高松宮記念を制したように日本勢の中では1番強いと思うし、セントウルSを使えていたらこの馬本命にしたかったんですけど、やはりぶっつけとなると多少評価を下げざるを得ません。
それでも、追い切りの動きは良かったので力を出せる状態ではあると思う。



その他のレースでは中山9R芙蓉Sのオルフェーブルの走りに注目したいですね。
ドリームジャーニーの全弟。
新馬戦では気性的に幼い面も見せましたが勝ちっぷりは良かった。
その新馬戦で2着に下したショウナンパルフェが未勝利戦を楽勝したのを見てもオルフェーブルはかなり強いんじゃないかと思う。
ここを勝って兄弟での朝日杯制覇といきたいところでしょう。


 
拍手する

札幌2歳s&シリウスs結果

・札幌2歳S
1着◎オールアズワン
2着△アヴェンチュラ
3着▲アドマイヤセプター
4着 ルルーシュ
5着○ギリギリヒーロー

人気の牝馬2頭を抑えてオールアズワンが勝利。
道中はちょうど中段あたりの外目から、4コーナーでは押さえきれないくらいの勢いで徐々に進出し、直線早めに抜け出した後はそのまま押し切っての1着。
期待通りの強い競馬でこの先も楽しみな馬ですね。
2着アヴェンチュラと3着アドマイヤセプターは道中は同じような位置取りで内にアドマイヤセプター、1頭挟んだ外にアヴェンチュラという形でしたが、アドマイヤセプターは何度か頭を上げるようなシーンもあって少し苦しい競馬になってしまいました。
直線では2頭が馬体を合わせるような形で上がってきましたが外のアヴェンチュラのほうが勢いがよく、最後はオールアズワンに迫る勢いを見せての2着。
一方、アドマイヤセプターはゴール前でも横を向くようなシーンがあったように気性的な面で未だ幼いという感じがします。
それでも、2頭共に改めて能力の高さを感じたし、この先順調に行って阪神JFでの再戦に期待したい。
今年の牝馬路線はこの2頭のほかにも新馬戦9馬身差圧勝サトノフローラ、アプレザンレーヴ、レーヴドリアンの半妹のレーヴディソールのように強い馬が結構そろってます。


・シリウスS
1着▲キングスエンブレム
2着△ラヴェリータ
3着 チョイワルグランパ
4着 サクラロミオ
5着△マイネルアワグラス
6着◎グリッターウイング
7着○モンテクリスエス

勝ったキングスエンブレムは直線向いたあたりでもまだ持ったままで、その時点でこの馬の勝ちだろうというくらいの強い競馬でした。
ここに来てようやく素質が開花してきた感があります。
ただ、直線での手ごたえの割にはゴール前はいっぱいになって後続に差をつめられた走りを見ると、2000mが長いのか、それともまだそこまで力がついていないのか。
2着ラヴェリータは牝馬で56,5キロはさすがに厳しいだろうと思い△の評価だったんですが、それでもこれだけの競馬ができるのだからすごい。
3着チョイワルグランパは前走1000万下を勝ち上がったばかりでしたが、今回は軽ハンデを生かして最後よく伸びてきました。
6着◎グリッターウイングはこの相手ではまだ力が足りなかったか。それでも直線で後退しかけたところからもう一度盛り返したように見えたところもあったのでこの先力をつけてくればこのクラスでもやれると思う。


そのほかのレースでは阪神4Rの新馬戦を勝ったリベルタスはいい馬ですね。
ディープ産句でローエングリンの半弟という良血。
馬体重は490キロと、ディープ産句としては馬格もある。
これまでに勝ち上がったディープ産句の中でも上位の力があると思う。
 
拍手する

札幌2歳s&シリウスs予想

今週のスプリンターズSから秋のGⅠシーズンのスタートとなりますが、もう一つの注目はなんと言っても凱旋門賞でしょう!
今年は日本からナカヤマフェスタとヴィクトワールピサの2頭が出走。
このレース初の日本馬2頭出し、さらにヴィクトワールピサは斤量面で有利とされる3歳での出走という点でもどんな走りをしてくれるのか楽しみですね。
それに、2頭ともに鞍上が日本人騎手というというのもいいですね。
海外でのレースで、日本でその馬に一度も乗ったことのない外国人騎手が乗るっていうことがありますがやはり応援する側としては日本馬に日本人騎手が乗って勝つところをみたいですし。
今年はKジョージを圧勝したハービンジャーが故障で引退したことにより混戦模様といわれていますが、それでもかなりいいメンバーがそろったという感じはあります。
20頭立てという多頭数ということもあって、道中どれだけスムーズにレースを運べるかが大きなポイントになりそうですね。
過去凱旋門賞に出走した日本馬を見るとメイショウサムソンやディープインパクトなどは力を出し切れなかった部分もあるし、その辺りは鞍上の海老名騎手も武騎手も凱旋門賞は騎乗経験があるわけだし前哨戦でもコースを経験しているのでそれを生かしてうまく乗ってもらいたい。

凱旋門賞のほかにもう一つ、アメリカのベルモント競馬場で行われるGⅠフラワーボウル招待にはレッドディザイアが出走。
このレースは11月に行われるBCの前哨戦になりますが、レッドディザイアはドバイでも前哨戦で強い勝ち方を見せましたし、ここも相手関係はあまりよく知らないんですが牝馬限定のレースであれば勝つチャンスはかなり大きいんじゃないかと期待しています。
ただ、鞍上がK.デザーモっていうのは気に入らない。


・札幌2歳S
◎オールアズワン
○ギリギリヒーロー
▲アドマイヤセプター
△アヴェンチュラ、マイネルギブソン

このレースの注目馬は牝馬2頭。
アドマイヤセプターとアヴェンチュラは共に新馬戦の勝ちっぷりがかなりのもので、来年のクラシックを期待させる走りでした。
今年デビューした牝馬の中では間違いなくトップレベル。
ここでも当然期待したいところ、なんですが、過去このレースに出走した牝馬は苦戦中。
テイエムオーシャンやヤマニンシュクルのように後にGⅠを勝つような馬でも勝ちきれなかったようにこの2頭にも隙はあるんじゃないかと見ます。

◎オールアズワンは前走未勝利戦の勝ちっぷりが良かったし時計もかなり優秀でした。
札幌を2度経験している点も良い。
さらに、前走後の調教もいい感じだということでこのメンバーでも十分勝負になるはず。

○ギリギリヒーローはなかなか切れる脚を使う馬で、10番人気と低評価だった新馬戦での直線の脚も良かったし、前走はスタートで出遅れた上に逃げたマイネルギブソンにうまくスローにおとされてしまって流れも向かない中で、それでもゴール前で外から一気に差してきた脚には見所がありました。
410~20キロ大の小柄な馬なので馬体の維持が一つポイントになりそう。

▲アドマイヤセプターと△アヴェンチュラの評価の差は札幌コースの経験の有無という点で、前走阪神で使ったアヴェンチュラの評価を下げました。
ただ、能力的にはアヴェンチュラのほうが上だと思うので逆転も十分にあります。



・シリウスS
◎グリッターウイング
○モンテクリスエス
▲キングスエンブレム
△クリーン、マイネルアワグラス、ラヴェリータ

◎グリッターウイングはこのメンバー唯一の3歳馬。
3歳馬はこの条件で行われるようになってから3年で2勝をあげています。
この馬はダートは7戦して全連対。
前走レパードSではゴール前でミラクルレジェンドには差されてしまったもののこの馬自身の走りもとても良かった。
54キロのハンデも手ごろ。

○モンテクリスエスは今回と同条件で行われた仁川sでダート初勝利。
マーチsは4着でしたが距離は1ハロンでも伸びるのはプラス。

▲キングスエンブレムは休み明けの前走が強い競馬でした。
ヴァーミリアンの半弟ということもあってダートはやはり走ります。
ただ、前走は終始内ラチ沿いから楽なレース運びでしたがああいうレースはなかなか続けてできるようなものでもないので、相手が強くなった今回は3番手評価としておきます。
 
拍手する

G’s本誌でのべびプリの扱いに超涙目

10-10-01b.jpg
ユキ誕生日おめでとー!




 
拍手する

10-9-30.jpg
氷柱&夕凪
いつも氷柱にゴッチーン!されてばっかじゃ夕凪もかわいそうなのでこんな場面があってもいいかな、と思ってたらタイミングよく夕凪の日記だった。
プロジェクトY!
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。