prev08next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

プロフィール

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

札幌記念&レパードS予想

・札幌記念
◎ブエナビスタ
○ミヤビランベリ
▲サクラオリオン
△ヤマニンキングリー、シャドウゲイト、マツリダゴッホ

・レパードS
◎トランセンド
○シルクメビウス
▲グロリアスノア
△スーニ、マイティースルー、スタッドジェルラン
スポンサーサイト
 
拍手する

クイーンS&北九州記念予想

・クイーンS
◎ヤマニンメルべイユ
○アメジストリング
▲ザレマ
△レジネッタ、フミノサチヒメ、ムードインディゴ

・北九州記念
◎カノヤザクラ
○シャウトライン
▲レディルージュ
△クールシャローン、サンダルフォン、ラッキーバニヤン
 
拍手する

関屋記念&函館2歳S予想

・関屋記念
◎スマイルジャック
○ヤマニンエマイユ
▲マルカシェンク
△マイネルレーニア、バトルバニヤン、ヒカルオオゾラ、マイネルスケルツィ

◎スマイルジャックは前走安田記念では不利もあって惨敗しましたが、直線を向いたあたりでの勢いからするとスムーズだったら勝ち負け気なってたんじゃないかというくらいのものがりました。
鞍上が三浦皇成騎手っていうところはマイナス。

○ヤマニンエマイユは前走ヴィクトリアマイルでは前残りの展開の中、この馬は大外枠からのスタートで道中最後方という位置取りから、直線を向いてからは前が壁になって体勢を立て直す不利もありながらウオッカに次ぐ上がりで追い込んできた脚には見所がありました。
右回りよりも左回りの方が断然得意で新潟も昨年のNSTオープンを勝っている舞台なので合う。
展開的にもあまりスローにはならなそうなので流れも向きそう。

▲マルカシェンクは昨年のこのレースの勝ち馬。
今回は半年振りですが休み明けでも走るので問題ない。


皐月賞以来となるキャプテントゥーレは今回は様子見で切ります。
追いきりでもなかなか良い動きをしているようで仕上がりとしては悪くなさそうですがレース勘という点で流石に1年4ヶ月ぶりでは厳しいんじゃないかと思う。


・函館2歳S
◎ソムニア
○ロジディオン
▲チェリーソウマ
△ステラリード、ノーワンエルス、キョウエイアシュラ

◎ソムニア新馬戦で2着に4馬身差の完勝。
そこで離れた2,3着馬がすでに勝ち上がっているところからもこの馬の能力の高さがうかがえます。

○ロジディオンは新馬戦ではスタートで出遅れてしまいましたが末脚は1頭際立ってました。

 
拍手する

小倉記念結果

1着 ダンスアジョイ
2着△ホッコーパドゥシャ
3着 クラウンプリンセス
4着 エーティーボス
5着 エリモハリアー
6着▲マイネレーツェル
 :
10着◎アンノルーチェ
16着○テイエムアンコール

先週に続いて今週も全くかすりもしないという。
逃げたコスモプラチナが3コーナーあたりで早くも手ごたえがいっぱいになっていたところを見ると流れはかなり早かったようですね。
ゴール前は大接戦で4着までが時計差無しの決着。
勝ったダンスアジョイは8歳にして重賞初制覇。
16番人気と人気はありませんでしたが、京都大賞典やアルゼンチン共和国杯で3,4着という実績はあるし、今回はハイペースで流れが向いた面はあったとしても直線の短い小倉で、さらに馬場の悪いうちを突いてよく伸びてきました。

10着◎アンノルーチェは道中4,5番手あたり、位置取りはよかったように見えたけど流れを考えるとあの位置でもちょっと前過ぎたのかな。

16着○テイエムアンコールは鞍上が浜中騎手から石橋守騎手へ乗り代わり。
道中は鞍上の手が動きっぱなしでも馬が全く反応せずに惨敗。
連勝中の内容からするとここまで惨敗する馬ではないと思うんだけどどうしたんだろうか。


新潟9R燕特別を勝ったアドマイヤアトムは2年2ヶ月の長期休養明け2戦目にして見事復活。
道中後方から、流れが遅かったので届くか心配しましたが直線では大外から伸びて2着とは鼻差ながらきっちりと捕らえました。
ラスト2ハロン目が10,5秒というものすごい流れを差し切るのだからやはり力はありますね。
5歳にして今回がまだ3戦目ですからこの先のさらに期待できます。

今日の新馬戦の勝ち馬はどの馬も力がありそうですが中でも札幌4Rの勝ち馬メイショウホンマルはカワカミプリンセスの全弟ということで注目を集めていたということもあってこの先も期待したい。
それと、このレースの3着アドマイヤテンクウもいいですね。
勝ったメイショウホンマルとは4コーナーでの内外の差が出たという感じでした。
さらに538キロという大型馬ということもあって、一度たたいた次走は勝ち上がってくるんじゃないかな。
 
拍手する

小倉記念予想

◎アンノルーチェ
○テイエムアンコール
▲マイネレーツェル
△マストビートゥルー、ホッコーパドゥシャ、ダイシングロウ

◎アンノルーチェは前走で1000万下を勝ち上がったばかりということで斤量53キロとハンデも軽いし、小倉は3戦して2勝2着1回と相性も良い。
前走で馬体重が大幅に増えていながら勝ったあたりにも今の勢いを感じます。

○テイエムアンコールは2連勝中で、この馬も小倉は4戦して1勝2着2回3着1回と得意にしている。

▲マイネレーツェルは今年に入ってからの3戦は状態的にも条件的にも合わないところがあったので仕方ない。
牝馬限定ながらGⅡ2勝の実績はここでは上位だし、条件のそろった今回は走ってくれるはず。


土曜札幌11R大倉山特別を勝ったミクロコスモスはここ3戦は不完全燃焼といったレースが続いていましたが今回は強い勝ちっぷりでしたね。
2着とは首差ですが、3,4コーナーで大外をまわしてのものということを考えると着差以上の強い勝ち方。
上がり33,8秒というのも優秀。
秋華賞でも期待できる。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。