prev04next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

産経大阪杯&ダービー卿CT予想

・産経大阪杯
◎ディープスカイ
○マツリダゴッホ
▲ヴィクトリー
△カワカミプリンセス、サンライズマックス、アドマイヤフジ、ドリームジャーニー

毎年好メンバーがそろうレースですが今年も12頭立てながら半数の6頭がG1馬というかなりのメンバーがそろいました。
その中でも注目はやっぱり昨年のダービー馬ディープスカイでしょう。

◎ディープスカイは昨年春に変則2冠を制して、秋にはG1勝ちこそなりませんでしたが古馬相手にも全く差の無い競馬をしました。
今年の古馬の中心になるのが間違いなくこの馬。
春にはここから安田記念と宝塚記念を使い、秋には凱旋門賞を目指すというプランがあるようですし、ここが年明け緒戦といってもこの馬にとっては落とせないレースですね。
追いきりでは坂路で4F51,5秒という好時計を出しているように仕上がりに不安はなさそう。
59キロの斤量は気になるところですが過去のこのレースを見ると一昨年のメイショウサムソンや、2002年のネオユニヴァースといった、3歳時に2冠を制した馬も59キロでも問題なく勝っています。
それに、前日オッズではディープスカイが単勝1,8倍の1番人気になっていますが過去のこのレースでは1番人気が圧倒的な成績を残しているというのもこの馬には好材料。

○マツリダゴッホは得意の中山で行われた先週の日経賞を使っていたら軽く勝てていただろうところをあえて阪神使ってきたところがどう出るか。
そのあたりに不安があったので先週の段階ではこの馬は3,4番手くらいの評価にしようかと思っていたんですが、今週の追いきりでCW6F75,5秒というものすごい時計を出したのをみて2番手まで評価を上げました。
確か、昨年のJCの前の追いきりでも凄い時計出したなと驚いた記憶があるんですがやはりG1馬だけのことはありますね。
鞍上が蛯名騎手から武騎手へ乗り変わったのは正直あまりいい気分はしませんがそれでもこの馬自身の力は認めないわけにはいきません。

▲ヴィクトリーは皐月賞を制して以降は全くいいところが見られずに2年近くたってしまいましたがここ2戦の走りをみるとようやく復調してきたようですね。
前々走の京都記念で3着、前走中京記念では58キロのトップハンデを背負い、さらに重馬場という条件の中で1000m通過が59,2秒というハイペースながら4着に粘りました。
この馬はやっぱり控えるよりは多少ペースが速くなっても思い切ってハナを切ったほうがいいようですね。
今回もこの馬が逃げる展開になりそうですし、上手くマイペースでいければここでも最後までがんばってくれるはず。


・ダービー卿CT
2002年にハンデ戦になって以降、毎年大荒れになるレース。
人気上位の馬がとにかく不振で1番人気は過去7回で3着が一度あるだけで連対は無し、逆に6番人気以下の人気薄の成績を見ると1,2,3着がそれぞれ4回ずつと好走しています。
前日オッズを見ると単勝1ケタ台の馬が6頭と混戦模様で、その中で1番人気はマヤノツルギで4,6倍。
さらにトップハンデの馬も不振なので、今年のトップハンデのマイネルレーニアとサイレントプライドの2頭は狙いが下がります。
サイレントプライドは昨年のこのレースの勝ち馬で連覇がかかりますがちょっと難しいんじゃないかと思う。

◎ショウワモダン
○マイネルスケルツィ
▲キャプテンベガ
△タケミカヅチ、レオマイスター、マイネルファルケ、レッツゴーキリシマ


◎ショウワモダンは不良馬場だった前走東風Sを2着に3馬身半差をつける圧勝。
確かに道悪後者のこの馬には馬場が味方した面はありますが、それだけでなくこの馬自身が今それだけ充実してきているからだと思う。
昨年秋に良馬場で行われたノベンバーSでは後に東京新聞杯を勝つアブソリュートあたりも下しているように良馬場でもやれるだけの力はあります。
56キロのハンデも問題ありませんし、最内枠を活かして好位のうちラチ沿いから競馬を運べれば。

○マイネルスケルツィはとにかく中山が得意で3歳時のNZT価値を含めて5戦して3勝3着2回。
休み明けを2度たたかれて今回はちょうど走りごろ。
前走から斤量が1キロ減るのもいい。

▲キャプテンベガはマイルでは5戦して2勝2着2回。
これまで2000m以上のレースにも使われていましたが距離的にはマイルがベスト。


スポンサーサイト
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。