prev03next
sunmontuewedthufrisat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

氷柱誕生日おめでとう!

09-3-14b.jpg
スポンサーサイト
 
拍手する

中山牝馬S&フィリーズレビュー予想

・中山牝馬S
◎ザレマ
○ハチマンダイボサツ
▲キストゥヘヴン
△リビアーモ、カレイジャスミン、ヤマニンメルべイユ、トールポピー

◎ザレマは前走京都牝馬Sの走りも悪くなかったし、牝馬同士でならやはり力は上位。
これまで重賞ではもう一つ勝ちきれませんがそろそろ勝ってもいいころだと思う。

○ハチマンダイボサツは3走前と4走前の条件戦で連勝したときには先週のオーシャンSを勝ったアーバニティとかハイソサエティとか相手がそろっていた中でもいい勝ち方をしてました。
中山では3戦して2勝と相性もよい。
その負けた1戦のターコイズSではスタートから行きっぷりが悪く後方からの競馬になってしまし、さらに流れが向かなかったのが痛かった。
今回は巻き返せるはず。

▲キストゥヘヴンはここが引退レースのようですね。
前4勝のうち3勝が中山でのもので、さらに中山では9戦して掲示板をはずしたのは1度だけと得意のコース。
鞍上が今絶好調の横山騎手というのも魅力。
56,5キロのトップハンデは微妙ですがここでいい結果を出して引退してもらいたいですね。


・フィリーズレビュー
◎ミクロコスモス
○ショウナンカッサイ
▲アンジュイアル
△アイアムカミノマゴ、スイリンカ、ワンカラット、ラヴィリータ

◎ミクロコスモスは前走クイーンSでは前がふさがってしまい4着という結果。
本当なら前走で賞金を上積みしてそのまま桜花賞へと直行したかったところでしょうが、現状では賞金的に出走が厳しいということでここに使ってきたということでここは確実に3着以内を確保して桜花賞へと進みたいところですね。
今年の3歳牝馬の中でも力は上位の馬ですしこのメンバーでは負けていられません。

○ショウナンカッサイは阪神JFでは道中2番手から最後まで良く粘って4着に来たように力はある馬。
今回は1ハロン距離が短縮されるのはこの馬にはプラス。

▲アンジュアイルは前走クイーンSでは1頭だけ33秒台の脚を使って5着まで突っ込んできました。
前々走なずな賞を勝った時にも大外から1頭凄い脚で差しきったようにかなり切れる脚がある馬。
今回も上手く流れが向くようだとこの馬の末脚が活きます。

4番手以下はかなり悩みますね。
とりあえず4頭挙げましたが他にもパールシャドウ、レディルージュ、コウエイハート、チャームポットあたりも気になります。


そのほかのレースで注目したいのは阪神9R淡路特別。
ザサンデーフサイチの復帰2戦目でここでどんなレースをするのか楽しみですね。
ダンスインザダーク×エアグルーヴという良血馬でセレクトセールでは4億9千万という値段がついたことでも話題になった馬で、3年前にデビューしたころにはクラシック候補といわれていました。
でも、エアグルーヴ産句の特徴ともいえる体質の弱さからか故障が続いて、前走が1年3ヶ月ぶりのレースとなりましたがそれでもしっかり勝ちあがるあたりはやはり力はありますね。
1000万下では力は違うと思うし、ここもきっちり勝って秋くらいには重賞までいってもらいたい。
 
拍手する

中京記念結果

1着 サクラオリオン
2着◎ヤマニンキングリー
3着△レッツゴーキリシマ
4着 ヴィクトリー
5着 メイショウクオリア
6着○トウショウウェイヴ
 :
13着▲フサイチアソート

ヤマニンキングリーが押し切るかと思われたところに外から伸びてきたのが15番人気のサクラオリオン。
これにはちょっと驚きましたね。
ここ3戦の成績からすると確かにそれほど大きく負けているわけではありませんがこれだけの走りができる馬とは思えなかったし。
重馬場という馬場状態もこの馬には向いたのかなあ。

2着のヤマニンキングリーはこれで3戦連続して2着と最後どうしても勝ちきれません。
今回も前にいたレッツゴーキリシマを交わしたところで決まるかと思ったんですけどね。

3着レッツゴーキリシマは道中少し行きたがるようなところもあったのでどうかと思いましたが最後まで良く粘ってました。

6着トウショウウェイヴはやっぱり府中向きの馬なのかなあ。
今回はいいところがありませんでしたが、次走以降府中でのレースに出てきたときにはもう一度この馬を狙ってみたい。


アネモネsを勝ったツーデイズノーチスはなかなか強い勝ちっぷりでしたね。
昨年10月以来のレースで不良馬場でしたが2着に2馬身差の完勝。
陣営の期待馬で先週の自己条件をけってここに挑戦してきたということですが今回のレース振りを見ると確かに期待されるだけのものはあります。
これは桜花賞でも期待できるかもしれない。

期待していたアイアムネオは10着といいところがありませんでした。
この馬場が合わなかったのかもしれないし、馬体が10キロ減っていたのも良くなかったのかなあ。
 
拍手する

中京記念予想

◎ヤマニンキングリー
○トウショウウェイヴ
▲フサイチアソート
△レッツゴーキリシマ、ドリームサンデー、ノットアローン、バトルバニヤン

◎ヤマニンキングリーはここ4戦のレースぶりがとても安定していて今回の状態もよさそうですし、中京では2戦2勝と相性もよいので軸として狙うならやっぱりこの馬から。

○トウショウウェイヴは東京コースでは8戦してすべて連対。
今回は初の中京コースがどう出るかですが左回りで54キロの斤量なら走ってもおかしくはないですね。

▲フサイチアソートは今回と同条件で行われた3走前の中日新聞杯で勝ったヤマニンキングリーにクビ差の2着。
そのときの斤量が1キロ差で今回が3キロ差。
元々重賞勝ち馬ですから力があるのは間違いありませんし、今回は状態的にも悪くはないようなので。


そのほかのレースでは中山10R桜花賞トライアルのアネモネSも楽しみですね。
中心はアイアムネオ。
前走フェアリーSはまだ2戦目ということもあってかレースでも少しスムーズさを欠くところがありながら2着にきたのだから力はあります。
賞金的には桜花賞も問題なさそうですがここでしっかり結果を出して本番へと進みたいところ。
相手は悩むところですがリュシオル、エイブルインレース、ツーデイズノーチスあたりかな。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。