prev01next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

京成杯&日経新春杯予想

・京成杯
◎ナカヤマフェスタ
○セイクリッドバレー
▲トゥリオンファーレ
△アーリーロブスト、フサイチナガラガワ、モンテトウルヌソル

◎ナカヤマフェスタは追いきりでも好時計を出しているように状態はよさそうだし、人気になるとしても軸はこの馬でいい。

○セイクリッドバレーは今回と同じ中山2000mで2戦して2、3着と勝ち切れないレースが続いていますがこれは勝ったトーセンジョーダンが強すぎたので仕方ない。
前々走葉牡丹賞では3着には4馬身差をつけ時計的にも2,00,7という好時計で走っていますし、そのくらいで走れればここでも通用する。

▲トゥリオンファーレは前走ラジN杯2歳Sので3着、ロジユニヴァース、リーチザクラウンにはさすがにかないませんでしたがマッハヴェロシティ、イグゼキュティヴあたりには先着しているわけだから良く走ってる。

△に挙げた3頭の中ではモンテトウルヌソルに期待します。
中間順調度を欠いた点が気がかりで少し評価を下げましたが力を出し切れる状態ならここでも勝ち負けになる。

他にもケニアブラック、サクラルーラー、サンライズキールあたりも気になります。



・日経新春杯
◎ヒカルカザブエ
○ナムラマース
▲テイエムプリキュア
△タガノエルシコ、ドリームフライト、アドマイヤモナーク

◎ヒカルカザブエの勢いに期待します。
未勝利戦からの4連勝で今回が初重賞となりますが京都では3戦して2勝と相性はいいし54キロの斤量も手ごろ。
ここもあっさりクリアして天皇賞まで行ってもらいたい。

○ナムラマースは前走鳴尾記念でも本命に押してそのときは惜しくも2着でしたが勝ったサクラメガワンダーとは位置取りの差もあったし着差ほどの力の差はありませんでした。
今回はそのときと同じ56キロの斤量なら全く問題ないし状態的にもかなり良さそう。

▲テイエムプリキュアはここが引退レースという事なので最後にもう一度がんばっていい走りを見せてもらいたいという期待を込めての3番手評価とします。
昨年のこのレースで3着、アルゼンチン共和国杯でも4着と、軽ハンデを生かしてマイペースで上手く先行できれば粘れる位の力はありますし、日曜は雨が降りそうなので馬場が多少でも渋ってくれるようならこの馬にはプラスになります。


そのほかのレースでの注目馬は阪神5R新馬戦に出走するフォゲッタブル。
エアグルーヴ産句ということでかなり注目を集めている馬ですが、この時期のデビューというとクラシックへ進むにはギリギリという感じもしますし、ここはあっさりクリアして次へつなげていってもらいたい。
スポンサーサイト
 
拍手する

フェアリーS&シンザン記念結果

・フェアリーS
1着▲ジェルミナル
2着◎アイアムネオ
3着 グッデーコパ
4着△カツヨトワイニング
5着△マイティースルー
 :
9着○パールシャドウ

勝ったジェルミナルは前走減っていた馬体重が今回さらに4キロ減っていた点が少し気になりましたがレースでは最内枠を上手く生かして終始内ラチ沿いの好位を追走、レース運びも良かったし前々走の黄菊賞でアラシヲヨブオトコあたりを破っているだけあってやはりここでは力が違うという感じでしたね。

2着アイアムネオはスタートで少し出負けしてしまい道中の位置取りが悪くなってしまいましたが直線を向いてからの伸びはなかなかでしたし、ここが2戦目ということを考えるとレース内容は悪くありません。
力はかなりありそうですしこの先も期待できそう。

3着グッデーコパはスローでの逃げが上手くはまりました。
中山マイルは新馬戦で逃げ切り勝ちしたのと同じ舞台でレースのラップも走破時計も新馬戦と今回でほぼ同じですから、このレースがG3ということを考えるとこの馬にとってはかなり楽にレースが運べたということでしょう。

4着カツヨトワイニングと5着マイティースルーはこのペースにしては位置取りが後ろすぎでした。

6着エリザベスムーンはスタートでの出遅れが響きました。
このあたりがこの馬の課題ですけどスタートさえ五分に切れればもっといいところまでいけると思う。

9着○パールシャドウは直線での不利が響きました。
これだけスローになるなら思い切って逃げるべきでしたねが、それでもこのペースでも上手く折り合えたのは収穫。
次走もう一度期待してみたい。


・シンザン記念
1着○アントニオバローズ
2着 ダブルウェッジ
3着 トップカミング
4着△ミッキーパンプキン
5着△タキオンクール
 :
10着▲モエレエキスパート
13着◎スズカワグナー

アントニオバローズはかなりの大物感を感じさせる勝ちっぷりでした。
内から伸びてきた2着ダブルウェッジを競り落とした辺りを見ても勝負根性もありそうですし、マンハッタンカフェ産句ということもあって距離が伸びても問題ないか。
あとは気性面でもっと成長してくれれば。

2着ダブルウェッジ、3着トップカミングの2頭は完全ノーマーク。
2桁人気の馬が2頭突っ込んでこられると3連単はまず当たりません。

13着◎スズカワグナーは負けすぎ。
道中は4,5番手当たり絶好の位置取りに見えたんですが4コーナーから直線入り口あたりですでに手応えが怪しくなって後はずるずると後退するだけ。
デビューから2連勝したときの走りからするとここまで負ける馬ではないと思うんですけどね。

 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。