prev01next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

フェアリーS&シンザン記念予想

・フェアリーS
このレースは今年から1月のマイルで行われるようになったということで今後はよりクラシックに直結しそうなレースになりそうですね。
今年の牝馬クラシック戦は今のところブエナビスタ1頭が断然抜けていてその下にミクロコスモス、ダノンベルベールといった阪神JF上位組が続くといった感じですが、このレースにもなかなか素質のある馬がそろったのでここを勝ちあがってクラシックへ進んでも上に挙げた相手にも十分やれる位の期待がもてそうな馬を中心に狙って見ます。

◎アイアムネオ
○パールシャドウ
▲ジェルミナル
△マイティースルー、エリザベスムーン、カツヨトワイニング、イナズマアマリリス

◎アイアムネオはネオユニヴァース産句の牝馬というのはミクロコスモスと同じですがこの馬も素質はかなり高いと思う。
まだ新馬戦を勝ったばかりでそのときの勝ち時計自体は平凡でしたが2着には3馬身差の完勝。
今回と同じ中山のマイルで大外枠から勝ったとい事を考えてもかなり強い勝ちっぷりだったと思う。
馬体重は486キロと牝馬にしては大型馬でさらに良くなる余地も十分にあります。

○パールシャドウはデビューから2連勝中で新馬戦では2着に4馬身差、2戦目のベゴニア賞では牡馬相手に楽勝ですからこの馬も能力は高い。
クロフネ産句ということもあってか気性的に行きたがる面はあるものの今回もメンバーなら単騎でいけそうですし、ここも思い切って行けば十分粘ってくれそうな気がする。

▲ジェルミナルは前走阪神JFでは馬体が10キロ減っていて、今回さらに輸送があるというのはちょっと不安ではあります。
2走前の黄菊賞を牡馬相手に制した走りをみると能力の高さは確かなので状態さえ良ければ当然ここでも上位争い。


・シンザン記念
◎スズカワグナー
○アントニオバローズ
▲モエレエキスパート
△タキオンクール、キングスレガリア、ミッキーパンプキン

◎スズカワグナーは前走はダートということで度外視。
2走目のコスモス賞で2着イグゼキュティヴを下したあの走りからはかなりの能力の高さを感じたし能力的にはここでも十分通用します。

○アントニオバローズは前走休み明けで馬体重も+16キロと大幅に増えていながらも強い勝ち方でしたし、一度叩かれてさらに良くなっていれば。

▲モエレエキスパートは今回は中央への転厩初戦で、追いきりの動き自体はそれほど良くないという話で多少不安はあります。
それでもこれまで7戦してすべて3着以内という安定感もありますし、札幌2歳Sではロジユニヴァースの3着という実績からいっても状態さえ良ければ差はありません。
スポンサーサイト
 
拍手する

中山金杯&京都金杯結果

先週のレースですがとりあえず簡単に振り返っておきます。
昨年に続いて今年も連敗スタートとなりました。
というか、金杯って当たった記憶が無いんですけど。
毎年外してるような気がする。

・中山金杯
1着△アドマイヤフジ
2着△ヤマニンキングリー
3着 ミヤビランベリ
4着○マイネルキッツ
5着▲ネヴァブション
6着◎オペラブラーボ

まず、中山金杯はアドマイヤフジが昨年に続いてこのレースを連覇しました。
G1掲示板止まりでちょっと力が足りない感じですけどG3なら力は上ですね。

2着ヤマニンキングリーは道中中段から直線は良く伸びてきました。
最後は首差届きませんでしたが最後の坂も問題ありませんでしたし、ここ3走を見るとようやく本格化してきたという感があるのでこの先も期待できそうですね。
G1ではまだ厳しい気もしますがG2までならやれそう。

3着ミヤビランベリは道中ちょっとペースが速いかなと思ったんですが単騎で上手く逃げられましたし、
昨年G3の小倉記念を勝っていながら斤量が55キロというのも多少恵まれていたのかもしれないですね。


・京都金杯
1着 タマモサポート
2着△マルカシェンク
3着△ファリダット
4着◎アドマイヤオーラ
5着○バトルバニヤン

タマモサポートはこのメンバーで2着に2馬身差の完勝。
1000m通貨が57,9秒という速い流れを道中3番手から抜け出して後続を突き放すという競馬で斤量57キロもを背負ってのものですから、かなり強いレース内容でした。
3歳時にラジN勝を勝っているように元々力のある馬ですがここ2戦の走りを見ると6歳にしてさらに力をつけてきたのかなという感じがしますね。

2着マルカシェンクはパドックではこの馬が1番良く見えました。
状態的にも良かったと思うしレース運びも悪くはありませんでしたが、勝ったタマモサポートにああいうレース運びをされてしまうと後ろからではちょっと届かないですね。

3着ファリダットは道中最後方から上がりはメンバー中唯一の33秒台の脚で追い込んできてはいますが、重賞ではここ3戦で2、2、3着と毎回同じようなレース展開で結局勝ちきれないというレースが続いています。
能力の高さは認めるんですがやっぱりこういう極端な展開では最後勝ちきるというところまでは行かないですね。

4着アドマイヤオーラは最後の直線ではいつもの切れがありませんでした。
これはやはり休み明けと58キロのハンデが影響したのかもしれない。
次走京都記念あたりを使ってくれたらもう一度期待してみたいですね。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。