prev01next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

中山金杯&京都金杯予想

明けましておめでとうございます。
昨年に続いて今年も年明け1回目の更新は金杯の予想からとなります。
有馬記念をはずしたら競馬をやめるといって結果的には見事に外したんですが、あの3連単を当てろというのが無理な話でした。
ということで、今年は毎週ということではなく注目のレースがあるときや注目馬が出走するときだけ取り上げるという形で行きます。


・中山金杯
◎オペラブラーボ
○マイネルキッツ
▲ネヴァブション
△アドマイヤフジ、ヤマニンキングリー、グラスボンバー、リキッドノーツ

◎オペラブラーボは前走中日新聞杯でも本命に推したんですがそのときには道中スムーズさを欠いた面もあって4着と惜敗。
決して力負けではなく重賞でも十分やれるだけのものは見せてくれました。
中山2000mでは3走前のレインボーSでなかなかの勝ちっぷりを見せているので条件的にも合いそうですし、このメンバー相手に56キロの斤量は手ごろな感があります。
中日新聞杯を勝ったヤマニンキングリーが今回1キロ斤量が増えて56キロと同斤量になったことを考えても、中日新聞杯組ならこの馬を上位と見ます。

○マイネルキッツは昨年は重賞で5戦してすべて掲示板以内ともう一歩勝ちきれない面はあるものの安定した成績を残しています。
中山では6戦して2着1回と成績は良くありませんが昨年のオールカマーでは4着に来ているようにこなせないということは無いと思う。

▲ネヴァブションは前走JCでは上手く流れが向いたとはいえあれだけの強豪がそろった中でも0,5秒差の7着と健闘しました。
さらに、今回は長期休養明けの3戦目でちょうど走りごろだろうし、中山では日経賞でマツリダゴッホを破った実績もあります。
鞍上の横山騎手も昨年はかなり載れていましたし、今年も初戦から一発やってくれそうな気がします。


・京都金杯
◎アドマイヤオーラ
○バトルバニヤン
▲シゲルフセルト
△マルカシェンク、ファリダット、アドマイヤスバル、エーシンフォワード

◎アドマイヤオーラは能力的にはこのメンバーでも断然抜けてます。
宝塚記念で骨折して以来となりますが一昨年の鳴尾記念でも骨折休養明けで3着したように休み明けは苦にしないタイプで、ここまで十分乗り込んできているので力は出せます。
京都では4戦して3勝2着1回と相性もよいし、58キロのトップハンデは微妙な気もしますが3着以内ははずさないと思う。

○バトルバニヤンはここ最近になって成績も安定してきてだいぶ力をつけてきています。
アドマイヤオーラ、マルカシェンク、ファリダットといった人気を集めそうそうな馬が追い込みタイプなので、逆にある程度好位で競馬ができそうなこの馬に上手く流れが向けばチャンスはあるんじゃないかと。

▲シゲルフセルトは前走中日新聞杯でも8着とはいえ勝ち馬とは0,2秒差とほとんど差はありませんでしたし、今回はメンバー中最軽量の53キを活かしての3着狙いで。

△マルカシェンクとファリダットは力は認めるんですが展開に左右されるタイプなのでおさえまで。
△アドマイヤスバルは初芝のマイルCSで7着は評価できます。
△エーシンフォワードは前走休み明けの阪神Cでは11着と惨敗でしたが、京都はデビューから2連勝したコースですし重賞では2着2回と力はあるので一度たたかれた上積みがあれば。


そのほかで注目したいのはまず土曜中山9R寒竹賞にメイショウパルマ。
デビュー戦では直線で外から一気に先行勢を差しきったようにかなり切れる脚があります。
先行抜け出しで、完全に勝ちパターンかと思われた2着のレッドシャガーラが2戦目を軽く勝ち上がったところをみてもやはりメイショウパルマの能力は高い。
相手には同じくデビュー戦勝ちのピースオブラック、シングンレジェンド、京都2歳S4着のベストメンバー、新馬戦でシェーンヴァルトを下したフォーレイカーあたりかな。

日曜中山9R ジュニアCではサンカルロの巻き返しに期待したいですね。
前走ひいらぎ賞では15番枠に入ったことと、さらに道中かかり気味だったことが響きました。
今回4番枠なら前走のようなことは無いと思う。
相手にはスパラートと、もう一度マイペースで行ったときのメジロチャンプ。

日曜京都9Rの福寿草特別はプロスアンドコンズに期待。
これまで3戦して1勝2着2回ですがデビュー戦ではロジユニヴァースの2着、野路菊Sではホッコータキオンのレコード勝ちの2着とこれまで負けた2戦もかなり強い相手と戦ってのものでしたし、今回のメンバーならやはりこの馬の力が違うんじゃないかと思う。
この先クラシックを目指すためにもここはきっちりと勝っておきたい所ですね。
相手はリクエストソング、キタサンアミーゴ、トモロポケット、コパノカミ
スポンサーサイト
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。