prev12next
sunmontuewedthufrisat
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

JCダート予想

◎ヴァーミリアン
○サクセスブロッケン
▲ブルーコンコルド
△サンライズバッカス、メイショウトウコン、カジノドライヴ、ワイルドワンダー

ここはヴァーミリアンとサクセスブロッケンの2強対決と見て良いでしょう。
◎ヴァーミリアンはここまで国内GⅠ6連勝中でそのどれもが圧勝という形で前走JBCクラシックも強い勝ち方でしたし、今回もまず連は外しません。
このレースと年末の東京大章典を勝てばGⅠ8勝の日本記録にもなります。
この馬なら来年1年走れば間違いなく記録更新するとは思いますが年内達成の可能性もかなり高そうですね。

○サクセスブロッケンは前走はスタートでの不利もあった中でもあれだけのレースをしたのを見て改めて能力を感じました。
今回は追いきりで坂路4F51,9秒という好時計をマークしているのを見ても、状態に関しては前走よりもかなり上積みが期待できます。
この出来の良さならもしかしたら逆転もあるかもしれない。

▲ブルーコンコルドはすでに8歳ですが前々走南部杯でGⅠ7勝目を上げたように能力的には衰えもありませんし、今回も流れ一つで上位に食い込んでくるだけの力は十分にあると思う。
前走JBCスプリントで道中の行きっぷりが良くなかったところは久々の1400mという距離が合わなかったりコースが合わなかったということは確かにいえるかもしれない。
昨年までの東京2100mだったら狙えませんが阪神の1800mならこの馬の力は出し切れるはず。


3連単15点
6→7⇔3,5,11,12,15
7→6→3,5,11,12,15



そのほかのレースでの注目馬はまず、阪神9R千両賞に出走するリーチザクラウン。
前走のあの勝ちっぷりからすると間違いなくG1級の力があると思うし、今後に向けてもここでは負けていられません。

もう1頭、中山9RクリスマスローズSには久しぶりにツルマルジャパンが出走します。
デビューから2連勝で向かえた前走小倉2歳Sでは前半飛ばしすぎて3着という結果でしたがこのレースは軽く勝っておきたいところ。
スポンサーサイト
 
拍手する

ステイヤーズS&鳴尾記念結果

・ステイヤーズS
1着△エアジパング
2着▲フローテーション
3着 トウカイエリート
4着○ベンチャーナイン
5着 ドラゴンファイヤー
 :
15着◎ナイアガラ

6番人気エアジパングが重賞初制覇。
レースを振り返ると、まずスタートからナイアガラがどの馬も行かないのを見つつハナに立ち、そのままレースが進むと思いきや1週目の4コーナーあたりからフローテーション動いていってハナに立ちました。
この馬が行った時には驚きましたがその後はマイペースで進んで最後の直線を向き、そのまま押し切ろうかというところに伸びてきたエアジパングがフローテーションを交わして1着。

2着フローテーションは前走菊花賞でも多少行きたがるところがあったということですし、今回もそのあたりでハナに立たざるを得なかったのかも。
先行馬有利のレースとはいってもさすがにあの位置でハナに立ってそのまま押し切るのは難しいですね。
今後の課題はこの折り合い面でしょう。

3着トウカイエリートはすでに8歳で、今年はこれまで6戦していいところもありませんでしたが前走休み明けを一度叩かれてそれだけ良くなっていたということでしょうか。

ベンチャーナインはやはり後方からの競馬というのが少し厳しかったですね。
馬体重がプラス18キロと大幅に増加していたのも誤算。

◎ナイアガラは道中は2番手を楽に追走しているように見えたんですが4コーナーあたりではすでに手ごたえが一杯になっていたところを見るとこの距離が長かったのかもしれない。


・鳴尾記念
1着○サクラメガワンダー
2着◎ナムラマース
3着 ドリームガードナー
4着△ノットアローン
5着スウィフトカレント

サクラメガワンダーは強かったですね。
道中は中段からやや後方あたりを追走して、直線では外から楽に抜け出し2着に3馬身差の圧勝。
やはりこれまで実績通りここでは力が抜けていました。
2年前のこのレース以来の重賞制覇。
以前は関東への遠征競馬では結果が出ていませんでしたが、この秋になってからは毎日王冠4着、天皇賞6着と善戦していたようにそれだけ成長しているという事でしょう。
今回のような走りが出来ると今後も期待できます。

2着ナムラマースはスタートがあまり良く無く、最後方からの競馬になってしまったのが痛かったですね。
サクラメガワンダーとは3馬身差でしたが着差ほどの力差はありません。
スタートが五分だったら勝てたかどうかは微妙ですがもっと差は詰まっていました。
次走は何とか勝ってもらいたいですね。

3着ドリームガードナーは13番人気という低評価でしたが最後はナムラマースと並んで良く伸びてきました。
前走はダートを使って大敗してしまいましたがやはり芝のほうが走りますね。
 
拍手する

ステイヤーズS&鳴尾記念予想

・ステイヤーズS
◎ナイアガラ
○ベンチャーナイン
▲フローテーション
△エアジパング、トウカイトリック、マキハタサイボーグ

◎ナイアガラの連勝中の勢いに期待します。
この馬はデビュー当時から注目していた馬で、2年以上にわたる長期休養明けをはさんで現在2連勝中しているように完全復調しています。
これだけの距離という事もあってハイペースになる事は考えられませんし、マイペースでハナを切っていければそのまま押し切れます。
鞍上が’06年、'07年とこのレースを連覇したペリエというのもプラス。

前走菊花賞組からは○ベンチャーナインを最上位と見ます。
中山コースでは1月の京成杯で見せたあの強力な末脚の印象がある馬。
今年の秋以降も上位とはそれほど差のない競馬をしていますし、能力的にはここでも十分やれると思う。
後は展開次第。

菊花賞2着▲フローテーションはもしここも勝てるようなら力は本物ということを認めざるを得ないでしょうが今の段階ではまだ多少不安は残ります。
前走は人気もなかったので自分の競馬に撤することが出来ましたが今回は1番人気になりそうですし、その点がどう出るかですね。

△には前走アルゼンチン共和国杯からエアジパングとトウカイトリックの2頭、さらに昨年のこのレースの勝ち馬マキハタサイボーグが叩き3戦目で変わってくれば走るかもしれない。


・鳴尾記念
◎ナムラマース
○サクラメガワンダー
▲キャプテンベガ
△トウショウシロッコ、フサイチアウステル、ノットアローン

◎ナムラマースの復活に期待します。
昨年は皐月賞でもこの馬を本命に押したように以前から期待している馬で、今回は久しぶりに勝てそうな気配はあります。
前走休み明けのカシオペアSでは勝ったバトルバニヤンとは0,1秒差の5着。
1800mでは6戦して4勝2着1回という得意な条件。
阪神コースでも毎日杯を制しているように問題ありません。
開幕週ということもあって馬場状態もよいのである程度好位から競馬をしたいですね。

○サクラメガワンダーは前走天皇賞6着、宝塚記念4着という実績からもここではちょっと負けられないといったところはありますね。

▲キャプテンベガは阪神コースは大得意で5戦して全て3着以内。
この夏は七夕賞4着、朝日CC3着と重賞ではもう一歩勝ちきれないレースが続来ましたがそろそろ一つくらい勝ってもいい頃だと思う。

△フサイチアウステルとノットアローンは開幕週の馬場を生かして先行できれば前残りの展開も期待できそう。


そのほかでは中山10R 葉牡丹賞に注目。
昨年このレースの2着がマイネルチャールズ、3着がブラックエンブレムという今年のクラシックでも活躍した馬が出走していたという事も合って今年のこのレースも注目しておきたいですね。
今回の出走馬の中で注目したいのは8月の新馬戦以来となるメジロポッター。
6番人気での勝利でしたがこのとき2着のシーダーが2戦目をレコード勝ちし、3着のリーチマイドリームも4戦目の未勝利戦を強い勝ち方で勝ち上がったように、なかなか強いメンバーがそろったレースを勝ちあがったのだからこの馬もそれなりに力はあるはず。
メジロベイリー産句っていうのも地味な感じですが面白いですね。
久々という点さえこなせれば勝負になると思う。
そのほかではセイクリッドバレー、メジロワーロックあたりにも注目しておきます。

 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。