prev11next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

天皇賞結果

・天皇賞
1着△ウォッカ
2着◎ダイワスカーレット
3着○ディープスカイ
4着 カンパニー
5着▲エアシェイディ

レースを振り返るとダイワスカーレットが引っ張る展開で1000m通過が58,7秒。
有力馬の中ではディープスカイが6,7番手でその外にウォッカという位置取りでレースが進み、4コーナーから直線入り口では3頭ともまだ楽な手ごたえのまま残り400m。
内から逃げるダイワスカーレット、その外からディープスカイとウォッカが馬体を合わるかたちで追い込んできて、ダイワスカーレットが一旦交わされたかと思ったんですがそこからもう一度巻き返して内外2頭が離れてのゴール。
長い写真判定の末わずか2センチ差でウォッカが先着。
50年ぶりの牝馬のワンツーという結果となりましたがそれぞれが歴史的名牝と呼ばれるに値する力を持った2頭が同じ世代に生まれるという奇跡。
これは今後50年経っても現れるかどうか分からないくらいのすごいことだと思う。

ウォッカとダイワスカーレットのどちらが好きかといえば断然ダイワスカーレットなので最後あそこまでいって2着というのはものすごく悔しいですが、ウォッカが叩き2戦目で得意の府中だったのに対してダイワスカーレットは休み明けで初の東京コースと厳しい条件がそろっていながらあれだけのレースをするのだから本当に負けて強しという内容のレースでした。
1,57,2秒という従来の時計を0,8秒も上回るレコードでの決着となったのには驚きましたががそのラップもまたすごい!
テンの1ハロンで12秒台を出した以外は全て11秒台というラップを刻み、ラスト1ハロンはさすがに12秒台とかかりましたがそれでも外からきたウォッカとディープスカイをもう一度差し返すあたりは改めてこの馬の力を感じさせます。
これで11戦してパーフェクト連対でこの記録はもうウォッカには出せないものですし、この先もずっと続けいていってもらいたいですね。

次走は有馬記念のようですが元々体質的にはそれほど強い馬ではないなので、今回これだけ激走した反動が出ないかどうかという点は少し心配はあります。
でも、とくに問題がなく順調に行って一度使われた分さらに上積みがあるとすれば有までも当然有力馬の1頭となるので期待したい。

勝ったウォッカはこれでGⅠ4勝目で、その内の3勝が府中での牡馬との混合戦。
予想では△としましたが、パドックから落ち着きがあって不安視していた外枠でも上手く折り合っていましたし、それにやはり得意の府中ではすごい力を発揮する馬ですね。
今回は条件的にもレース展開もダイワスカーレットよりはこの馬に向いていたのは確かですがやはりこの馬も並の馬ではありません。
次走はJCになるようですが今回のように外枠でもしかっり折り合いの付く走りが出来るのなら2400mでも全く問題なくこなせます。

3着ディープスカイは今回は内枠が少し裏目に出てしまいましたね。
スタートで最内のアサクサキングスの行きっぷりがそれほど良くなく、1コーナー入り口で内と外からはさまれるような形になって手綱を引いたところで少しかかってしまいました。
それでも、そのあとはしっかり折り合って4コーナーから直線入り口では手ごたえ十分。
外のウォッカのと叩き合いになったときには一瞬交わせるかもと思ったんですが最後は首差届きませんでした。
ただ、負けたとはいっても初の古馬との対戦でこれだけの走りができるのは力のある証拠。
今年の3歳世代はレベルが低いといわれこの馬自身の能力を疑う声もありましたがそれらも払拭するような内容だったんじゃないでしょうか。
次走はJCとなりますが元々、陣営は秋の最大の目標をJC と定めてそのために菊花賞も回避して天皇賞へ回ったわけですし、このレースまでの調整過程を見てもまだ目一杯に仕上たという感じもありませんでした。
それを考えてもJCでは今回以上の期待が持てます。

4着カンパニーは道中後方2番手から直線では内をついてメンバー中最速の33,5秒の脚で追い込んできました。
前走大きく減っていた馬体重は10キロ回復。
鞍上が横山騎手に変わって以降は前々での競馬で結果を残してきましたが、今回は外枠という事もあってか思い切った後方待機作。
最後はディープスカイに鼻差とどかずという惜しい結果。

5着エアシェイディは今回3番手評価として期待してましたがいい走りでした。
直線では外へ持ち出して、一旦ウォッカからは放されてしまいましたがそこからもう一度盛りかえしましたし、5着といっても勝ったウォッカとは3/4馬身程度ですから健闘してます。

4着のカンパニーと5着のエアシェイディはともに7歳ですがよく頑張ってますね。
この世代はキングカメハメハ、ハーツクライ、ダイワメジャーといった馬と同世代で、これらの馬が皆引退した中でもまだこれだけ活躍できるんだからこの世代全体がかなりハイレベルだったという事でしょう。

逆にだらしないのが4歳牡馬勢。
このレースには4頭出走していてそれなりに人気も集めていましたが、結果はアサクサキングスの8着が最高で残り3頭が2桁着順という惨敗っぷり。
春の宝塚記念でもアサクサキングス、アルナスライン、ロックドゥカンブ、アドマイヤオーラといった昨年のクラシック上位馬が出走しましたがアサクサキングスの5着が最高という結果でした。
それからこの夏場にドリームジャーニー、トーセンキャプテン、タスカータソルテといった馬が重賞を勝ってこの世代もようやく力をつけてきたのかと思いきややはりこういう結果に終わってしまいました。
これはもう今年の4歳牡馬勢のレベルの低さというのは疑いようがないですね。
この先もGⅡまでなら何とかなるかもしれませんがGⅠレベルになると掲示板がやっとという感じで考えた方がいいのかもしれません。
 
拍手する

JBC予想

・JBCクラシック
◎サクセスブロッケン
○ヴァーミリアン
▲フリオーソ
△メイショウトウコン、ボンネビルレコード

このレースの注目はなんといってもダート最強馬のヴァーミリアンとダート5戦無敗の3歳馬サクセスブロッケンの2頭の争いでしょう。
この2頭の対決は春からずっと楽しみにしていました。
まず、○ヴァーミリアンは3月のドバイ以来のレースとなりますがこれは昨年と同じローテーションなので不安なし。
今年と昨年のドバイでの2戦を除いた国内のレースでは現在6連勝中でそのすべてが楽勝、現在のダート路線ではこの馬1頭だけ抜けた存在という状況が続いています。

このヴァーミリアンに唯一対抗できそうなのがサクセスブロッケン。
◎サクセスブロッケンもダートでのパフォーマンスは圧倒的で、ここまでダートでの5戦すべてが楽勝とまだ全く底を見せていません。
初の芝となったダービーでこそイレ込みの影響もあってしんがり負けという結果でしたがその次のジャパンDDではJBCスプリントにも出走しているスマートファルコンに3馬身半差の完勝とやはりダートでは力が違うというところを見せました。
今回はその時以来のレースで初の古馬との対戦となります。
そう簡単に勝たせてもらえるような相手ではありませんがこの先のJCダートや東京大章典あたりでもこの2頭の対戦があるはずで、ここでヴァーミリアンに惨敗するようだとこの先もダート路線はヴァーミリアンの独壇場といった感じになりそうですし何とかここで頑張って結果を出してもらいたい。

3番手以下には前走日本テレビ盃1,2着のボンネビルレコード、フリオーソ、さらに展開がハマれば切れるメイショウトウコン。
フィールドルージュも力はありますが今回は競争中止となったフェブラリーS以来という事で割引。




・JBCスプリント
◎ブルーコンコルド
○スマートファルコン
▲バンブーエール
△フジノウェーブ、リミットレスビット

このレースの中心は前走盛岡でのマイルCSでGⅠ7勝目を上げたブルーコンコルドでしょう。
8歳馬ですが今年は3戦して2着、2着、1着と全く衰えはありません。
このレースを勝てばGⅠ8勝の日本記録もかかっていますし、ここは負けられないですね。

相手には3歳馬のスマートファルコン。
ここまでダートでは6戦4勝2着2回と連対率100%。
芝ではもう一つ結果が出ませんでしたがジャパンDDではサクセスブロッケンの2着に入り、その後は古馬相手に2戦して連勝中と勢いもあります。
問題は初の1400mという距離ですが、確かにこれまでのレースからはこの馬には短いとは思いますがそこはこの馬の自力と案上の岩田騎手の腕に期待します。

3番手にダート3連勝中のバンブーエール。
前走ペルセウスSでも57,5キロのトップハンデを背負いながら人気のユビキタスに2馬身半差の完勝。
重賞勝ちこそないものの3歳時にはジャパンDDとダービーGPの2つのG1で2着という実績もあります。
その時は2000mでしたが距離的には今回の1400mがベストで、今の出来の良さなら逆転もある。

 
拍手する



1着△ウォッカ
2着◎ダイワスカーレット
3着○ディープスカイ
4着 カンパニー
5着▲エアシェイディ


1,57,2のレコード。
1000m通過が58,7秒でテンの1ハロンとラスト1ハロン以外は全て11秒台というラップで逃げるダイワスカーレット。
普通どこかで1度くらい息を入れるところですが




明日のJBCの予想もしておきます

・JBCクラシック
◎サクセスブロッケン
○ヴァーミリアン
▲フリオーソ
△メイショウトウコン、ボンネビルレコード

このレースの注目はなんといってもダート最強馬のヴァーミリアンとダート5戦無敗の3歳馬サクセスブロッケンの2頭の争いでしょう。
この2頭の対決は春からずっと楽しみにしていました。

まず、○ヴァーミリアンは3月のドバイ以来のレースとなりますがこれは昨年と同じローテーションなので不安なし。
今年と昨年のドバイでの2戦を除いた国内のレースでは現在6連勝中でそのすべてが楽勝、現在のダート路線ではこの馬1頭だけ抜けた存在という状況が続いています。

このヴァーミリアンに唯一対抗できそうなのがサクセスブロッケン。
◎サクセスブロッケンもダートでのパフォーマンスは圧倒的で、ここまでダートでの5戦すべてが楽勝とまだ全く底を見せていません。
初の芝となったダービーでこそイレ込みの影響もあってしんがり負けという結果でしたがその次のジャパンDDではJBCスプリントにも出走しているスマートファルコンに3馬身半差の完勝とやはりダートでは力が違うというところを見せました。
今回はその時以来のレースで初の古馬との対戦となります。
そう簡単に勝たせてもらえるような相手ではありませんがこの先のJCダートや東京大章典あたりでもこの2頭の対戦があるはずで、ここでヴァーミリアンに惨敗するようだとこの先もダート路線はヴァーミリアンの独壇場といった感じになりそうですし何とかここで頑張って結果を出してもらいたい。

3番手以下には前走日本テレビ盃1,2着のボンネビルレコード、フリオーソと展開がハマれば切れるメイショウトウコン。
フィールドルージュも力はありますが今回は競争中止となったフェブラリーS以来という事で割引。


・JBCスプリント
◎ブルーコンコルド
○スマートファルコン
▲バンブーエール
△フジノウェーブ、リミットレスビット


このレースの中心は前走盛岡でのマイルCSでGⅠ7勝目を上げたブルーコンコルドでしょう。
8歳馬ですが今年は3戦して2着、2着、1着と全く衰えはありません。
このレースを勝てばGⅠ8勝の日本記録もかかっていますし、ここは負けられないですね。

相手には3歳馬のスマートファルコン。
ここまでダートでは6戦4勝2着2回と連対率100%。
芝ではもう一つ結果が出ませんでしたがジャパンDDではサクセスブロッケンの2着に入り、その後は古馬相手に2戦して連勝中と勢いもあります。
問題は初の1400mという距離ですが、確かにこれまでのレースからはこの馬には短いとは思いますがそこはこの馬の自力と案上の岩田騎手の腕に期待します。

3番手にダート3連勝中のバンブーエール。
前走ペルセウスSでも57,5キロのトップハンデを背負いながら人気のユビキタスに2馬身半差の完勝。
重賞勝ちこそないものの3歳時にはジャパンDDとダービーGPの2つのG1で2着という実績もあります。
その時は2000mでしたが距離的には今回の1400mがベストで、今の出来の良さなら逆転もありえます。

 
拍手する

天皇賞予想

◎ダイワスカーレット
○ディープスカイ
▲エアシェイディ
△サクラメガワンダー、アドマイヤフジ、タスカータソルテ、ウォッカ

◎ダイワスカーレットはもう1ヶ月くらい前からここに出てきたら本命にしようと決めていました。
乗り込み十分で力の出せる状態ですし、休み明けだろうと初コースだろうと全く関係ないくらいの強さを見せ付けて欲しい。

○ディープスカイは古馬との力関係がどうかという点が気になるところですが現3歳馬の中では1頭力の抜けた感がありますし、古馬相手でも全く見劣りするところはありません。
枠もいいところに入ったので道中中段内ラチ沿いから3,4コーナーで上手く馬群をさばければ直線突き抜けます。

▲エアシェイディはこれまでのレースを見ると追い込み馬というイメージがありますが前走オールカマーでは道中3番手からの競馬から、結果は5着でしたが休み明けで馬体も増えていたことを考えるとそんなに悪くはないレースでした。
安田記念では後方から追い込んで4着と届きませんでしたが今回はオールカマーのようにある程度好位から積極的な競馬をしてもらいたい。
今回は追い切りでも馬なりで坂路4F49,9秒という好時計をマークしたように状態はかなり良さそうです。
それに、相性の良い府中で距離的にもベストの2000mという点からも期待したい。


△ウォッカは3強の中では1番下の評価とします。
休み明け2戦目で出来のよさと府中との相性のよさは認めますが、これまでのレースから外枠がいいというイメージはありません。
それに、これまで3戦して未勝利の案上武騎手との相性にも疑問が残ります。
武騎手自身も相変わらす重賞での成績が悪く、土曜のスワンSでも2番人気のファリダットでいいとろなく8着と惨敗。
もし、これが岩田騎手あたりならもっと評価を上げていいところですけど武騎手だといいところ2着までで、勝ちは無さそう。


今回、追いきりの動きがよかったのがエアシェイディ、サクラメガワンダー、タスカータソルテ、ドリームジャーニーの4頭。
このうち大外に入ってしまったドリームジャーニーは消してサクラメガワンダーとタスカータソルテの2頭を抑えておきます。


3連単10点
7→2⇔3,5,9,12,14

 
拍手する

スワン予想


今週は土曜日にスワンs、日曜日に天皇賞、さらに月曜には園田競馬場で行なわれる交流G1JBCクラシック、JBCスプリントと注目のレースが続きます。

まず、天皇賞から前々日オッズを見てみます。
1番人気ウォッカ      3.2倍
2番人気ディープスカイ   3.4倍
3番人気ダイワスカーレット 3.5倍
4番人気ドリームジャーニー 15.8倍
5番人気アサクサキングス  17.9倍

やはり上位3頭に人気が集中してますね。
枠順も内にディープスカイ、真ん中にダイワスカーレット、外にウォッカという形で上手くばらけました。

ドリームジャーニーは大外に入ってしまったのが痛いですね。
やはり府中の2000mは大外不利で、去年も大外に入ったマツリダゴッホを本命にして痛い目にあいましたし、今回のドリームジャーニーもちょっと厳しいかなあ。
ここ2連勝中の勢いは買いたいんですけどね。
とくに、前走朝日C.Cではスローな流れを自分から動いていって差しきるという強い勝ち方でしたし今回も期待していたんですが。
脚質的には後方から競馬をするタイプなので前に行きたい馬ほどの影響はないと思いますが、ここは思い切って控えて直線勝負にかけるべき?

逆に最内枠のアサクサキングスは昨年のメイショウサムソン、3年前のヘヴンリーロマンスもこの枠から勝っているようにいいところ引きました。
おそらく行くであろうダイワスカーレットを見る形で道中2,3番手から経済コースを生かして何とか粘り込みたいところ。

その他では16番枠のカンパニーは少し厳しいかな。
以前は追い込み脚質でしたが最近は先行する形が板についてきていまし今回も前々で競馬したかったところだと思いますが、この枠だとスッと好位キープという分けには行かなそう。


・スワンS
過去のこのレースを見ると毎回のように2桁人気の馬がからんできて大荒れの結果となっているように、今回も荒れる要素はかなりあります。
内枠有利、外枠不利。
前走スプリンターズs好走組もそれほど信用は出来ないので上手くバラけるように狙ってみます。

◎ファイングレイン
○カノヤザクラ
▲ファリダット
△タマモサポート、ステキシンスケクン、スズカフェニックス


◎ファイングレインは今回は走らないとおかしいというくらいに条件的にはそろいました。。
これで前日オッズで単勝24倍つくなら文句なしに本命。
前走スプリンターズsでは10着と結果こそ出ませんでしたがパドックでの気配は決して悪くありませんでした。
状態以上に内枠を引いたのが響いたのかもしれない。
休み明け3戦目で陣営も今回が一番よいと言っているようにさらに上積みも期待できます。
京都コースは3勝上げているように相性も良いですし、距離も最近は1200mばかりですが全く問題ありません。

○カノヤザクラは前走スプリンターズsで本命に押しましたが輸送の影響もあったのかパドックから少しテンションが高く、レースでも出負けしてしまい力を出せずに終わってしまいました。
今回は京都なのでそのあたりの不安は全くありませんし1400mも問題なし。
陣営はピークをすぎた感があるとは言っていますがこの馬の底力に期待します。

▲ファリダットは前日オッズでは1番人気。
確かに、前走道頓堀Sでは休み明けながら準OPクラスでは力が違うといった感じでしたし今回も期待したいところですが今回は初の古馬一線級との対決で相手関係もかなり強化されますしそう簡単には勝たせてくれないと思う。
それに、毎回同じ事をいいますが鞍上武豊騎手というのも不安。
来ても2,3着までで勝ちはないですね。

△スズカフェニックスは前走スプリンターズsでは相変わらずスタートで出遅れて後方からの競馬となりましたが4着と力のあるところは見せました。
もう少し内枠が欲しかったところですが脚質的にはそれほど大きな影響は無さそうで、後はやはり流れ次第ですね。



土曜のレースでもう一つ注目したいのが京都9Rの萩S。
昨年は菊花賞2着のフローテーションがこのレースを制し、2005年には1着フサイチリシャール、2着ドリームパスポート、4着にはメイショウサムソンという好メンバーがそろった一戦でした。
さらに2004年2着ヴァーミリアン、2003年1着スズカマンボ、2002年エイシンチャンプと毎年のように後のG1での活躍馬が出ているように出世レースとしても注目の一戦となります。
今年は6頭という少頭数ですが6頭すべてがこの先も期待できそうなくらいの素質があるかなりの好メンバーがそろいました。
ここで好走した馬は来年のクラシックも期待してみたい。

1番人気になりそうなのはキングスレガリア。
前走デイリー杯ではレコード勝ちしたシェーンヴァルトの3着で上がりはメンバー中最速でしたし、当然ここも最有力。
個人的に1番期待しているのはメイショウドンタクです。
8月の新馬戦以来3ヶ月ぶりのレースとなりますがその新馬戦では人気のアントニオバローズに競り勝って3着には1.9秒差をつける圧勝。
1,48,4秒という勝ち時計も、同日、同条件で行なわれキングスレガリアが勝ちあがった未勝利戦よりも0,5秒上回っているようにかなり優秀。
休み明けという点さえ克服出来ればここでも十分に勝ち負けになります。

もう1頭マナクーラは新馬戦ではマイペースの逃げで楽勝。
鞍上がこのレース3年連続連対中の福永騎手という点でも期待したい。

◎メイショウドンタク
○キングスレガリア
▲マナクーラ

 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。