prev10next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-

プロフィール

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

菊花賞結果

1着▲オウケンブルースリ
2着 フローテーション
3着 ナムラクレセント
4着 スマートギア
5着 マイネルチャールズ
 :
8着○ダイワワイルドボア
18着◎ノットアローン

先週の秋華賞に続いて今回も見事なまでの惨敗っぷり。
混戦といわれていた菊花賞ですが終わってみれば、結局上位3頭は全て神戸新聞杯組の関西馬という結果でした。
セントライト記念組はマイネルチャールズの5着が最高でダイワワイルドボアは8着、ノットアローンはしんがり負け。
神戸新聞杯組でも関東馬はベンチャーナインは6着、スマイルジャックは16着。
前走条件戦組はスマートギアの4着が最高。
これらの点から見ればほぼこれまでのデータ通りの結果。

勝ったオウケンブルースリはレース前は一頭だけ発汗が目立っていてどうかなと思いましたがレースでは折り合いを欠く事もなかったし強い競馬でした。
デビューから半年での制覇は菊花賞史上最短。
この馬はまだ成長途上という感かありますし、来年はこの馬の時代になりそうですね。

次走はJCを使うという話が出ていますが確かに脚質的には東京コースは合いそうですし、父ジャングルポケットという点から見ても十分こなせそうでいい勝負が出来るかも知れない。
JCにはマツリダゴッホ、メイショウサムソン、さらに次週天皇賞組のウォッカ、ディープスカイも出走してきますし菊花賞と比べるとレベルは格段に上がるのでそう簡単に勝たせてもらえるとは思えませんが、さらに面白いレースになるもは間違いありません。

2着のフローテーションは先週の秋華賞のムードインディゴと同じように最内枠を生かして道中は内ラチ沿いを進んで直線を向いてからは上手く馬群をさばいてきました。
母父リアルシャダイから距離はこなせるだろうというところまでは考えます。
でも、近走の成績を見るとちょっといいところがありませんでしたし、追いきりでは併せたノットアローンにも明らかに見劣る感じだったのでちょっと手が出ません。

3着ナムラクレセントは先行馬の中では最後まで良く頑張ってました。
この馬もオウケンブルースリ同様夏の上がり馬で前走神戸新聞杯でも6着とそれほど差はありませんでしたし、このくらい走ってもおかしくないだけの力はあったということかなあ。

◎ノットアローンはまさかのしんがり負け。
スタートしてからしばらくはアグネススターチの2番手につけての競馬でしたが1週目のスタンド前あたりでは後続を10馬身以上引く離すくらいに飛ばしていって、1000m通過58,8秒というハイペース。
いくらなんでもこのペースは早すぎます。
△アグネススターチの2番手でも全く問題ないのに2頭であれだけ飛ばしていってしまったら持つはずがありません。
アグネススターチの鞍上の赤木騎手にとってもあの展開は誤算だったんじゃないかと思う。
単騎で気分良くいければいいけど2頭で競り合うような形になってしまってはさすがに厳しい。
残り1400mあたりで早くも手ごたえが怪しくなって、その後はずるずると後退するだけで直線入り口ではすでに最後方。
ノットアローンは距離の壁もあっただろうし、それに馬体重+16キロというのも響いたのかもしれないがそれでも負けすぎ。

○ダイワワイルドボアはスタートで多少で負けした感がありましたが道中は中段、位置取りとしては悪くありませんでした。
直線では上手く内をついたんですがそこから伸びずに8着。
大外枠が影響したのかそれとも力負けか良く分かりませんがやっぱり力負けかなあ。

スポンサーサイト
 
拍手する

菊花賞予想

◎ノットアローン
○ダイワワイルドボア
▲オウケンブルースリ
△アグネススターチ、ロードアリエス、スマイルジャック、ミッキーチアフル


最低人気のホワイトピルグリムでも単勝30倍台と人気が割れているように本当にどの馬が来てもおかしくないようなメンバー構成。
かなり悩みましたが今回はアグネスタキオン産句の牡馬クラシック3冠制覇期待してノットアローン、ダイワワイルドボアの2頭を中心に狙ってみます。
アグネスタキオン産句のベストはマイル~2000mくらいで3000mは長いとは思いますが2頭とも追い切りの動きもとても良いですし流れ次第ではチャンスはあります。
この2頭の中でも本命は内枠から先行できそうなノットアローン。
前々週の京都大章典のトーホウアラン、先週の秋華賞のブラックエンブレムをみると内ラチ沿い経済コースから上手く競馬をした馬が勝っているので、大外のダイワワイルドボアよりは内のノットアローンから狙いたい。

1番人気のオウケンブルースリはいかにも3着タイプというような気がします。
追いきりでも前走時は坂路4F50,9秒という時計を出していたのに対し、今回は併せたミッキーチアフルにも手ごたえで劣っていました。
夏場にも使われてきた馬なので前走以上の上積みというのも少し期待しづらいのでここは▲まで。

4番手以下はレース展開を考えて追い込み勢よりは先行勢が有利と見てまずアグネススターチとミッキーチアフルの2頭。
ダービー2着のスマイルジャックは追い切りの動きが良かったので、あとは折り合い。
ロードアリエスは休み明けの前走で馬体重が+22キロと大幅に増えていたわりには悪くない内容。
追い切り事態はそれほど良くはありませんが一度叩かれて場体が絞れてくれば。

その他ではメイショウクオリア、マイネルチャールズ、ヤマニンキングリー、ベンチャーナインあたりも気になります。

3連単で手広く60点
2,18→2,3,6,10,11,14,18→2,3,6,10,11,14,18

もしくは絞って20点
2,18→14⇔2,3,6,10,11,14,15,18
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。