prev10next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-

プロフィール

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

昨年は1着キャプテントゥーレ、2着タケミカヅチが皐月賞でもワンツーを決めたように来年のクラシック向けても重要なレース。
今年も将来性のありそうな馬が何頭かいますね。

◎トップオブピーコイ
○ホッコータキオン
▲シェーンヴァルト
△アラシヲヨブオトコ、トップカミング

前走野路菊賞勝ちのホッコータキオン、アラシヲヨブオトコ、シェーンヴァルトあたりが人気を集めそうですがここはあえてトップオブピーコイから狙ってみます

◎トップオブピーコイはJRA転厩初戦となった前走カンナSの勝ちっぷりが良かった。
最内枠のスタートから道中ポジションを下げて、3,4コーナーでは外を回して直線大外一気の差し切り。
馬体重+24キロと大幅に増えていたのは成長分か、10キロ程度は絞れても良いかもしれない。
血統的にも距離延長はプラスだと思う。

○ホッコータキオンは前走野路菊賞を逃げてレコード勝ち、前走並みに走ればここでも十分勝ち負け。

▲シェーンヴァルトは未勝利戦を好時計で勝ちあがってその後札幌2歳Sを目指していましたが除外、今回は札幌からの輸送の影響がないかどうか気になるところですが状態さえ良ければ。
スポンサーサイト
 
拍手する

毎日王冠&京都大章典結果

毎日王冠
1着△スーパーホーネット
2着◎ウォッカ
3着 アドマイヤフジ
4着 サクラメガワンダー
5着 カンパニー

勝ったスーパーホーネットはほぼ完璧なレース運びでした。
前回安田記念ではスタートで出負けしてその後もリズムを崩したまま負けてしまったという感じでしたが今回はスタートも良かったし、道中は4,5番手の内ラチ沿いからマイペースで逃げるウォッカをゴールギリギリで捕らえての1着。
ウォッカの逃げには驚きましたが、武騎手としては追い切りで乗ったときからかかる可能性も感じていたようですし、今回はスタートも良かったので無理に押さえるよりはこのまま生かせたほうが良いという判断だったのでしょう。
他にせりかけてくる馬もおらず1000m通過が59,3秒という楽なペース、直線を向いて後方を突き放した時にはこのまま押し切るかと思うくらいだったんですけどね。
今回はやはり勝ったスーパーホーネットを評価するべきでしょう。
次走は天皇賞という話もありましたが結局マイルCS一本に絞る事になったようです。
確かに今回の走りをみると天皇賞でも可能性はないとはいえませんが、1ハロン延長はプラスとはいえませんしメンバーもさらに強化される天皇賞よりはやはりマイルCSの方がこの馬には合います。
昨年はダイワメジャーにクビ差2着という惜しい競馬でしたが今年は最有力。
鞍上の藤岡騎手もG1初制覇が見えてきました。

ウォッカは武騎手のままで天皇賞へ向かうようですがこれは正直不安ですね。
予想でも言ったとおり武騎手は今回も勝てませんでしたし、ウォッカとのコンビでも3戦していまだ未勝利。
それなのに何故まだ武騎手にこだわるのかが理解できない。
今からでも遅くないのでここは安田記念を勝った岩田騎手に任せるべき。
岩田騎手はアドマイヤジュピタとのコンビで秋G1に挑む予定でしたがそのアドマイヤジュピタが京都大章典でまさかの惨敗、そして残念ながら天皇賞を断念し、今後のローテは白紙となってしまいました。
となると天皇賞では岩田騎手の騎乗馬がいなくなるので、それならウォッカには岩田騎手に乗ってもらったほうがよいと思う。


・京都大章典
1着△トーホウアラン
2着▲アドマイヤモナーク
3着 アイポッパー
4着 メイショウカチドキ
5着◎アルナスライン

トーホウアランはここに来てようやく本格化してきた感じですね。
次走は天皇賞には出ずにJCを目指すという事で、勝ち負けまでは厳しいと思いますが掲示板くらいなら可能性はありそう。

2着アドマイヤモナークは勝ったトーホウアランとは内外の差もありますが最後足が止まったのは休み明けの影響か。

5着アルナスラインはちょっとスムーズさを欠いた競馬で力を出し切れず終わってしまいました。
といってもそれほど悲観する内容でもないと思う。
次走はもっと良くなりそうですし、このレースの結果で人気が落ちるようなら狙ってみたい。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。