prev10next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

シリウスS&札幌2歳S予想

2日後にせまった凱旋門賞の枠順が確定しました。
詳しくはJRAの公式サイトで見てもらうとして、全16頭立てでメイショウサムソンは4番枠、馬番は5番。
その他の有力馬はザルカヴァが最内1番枠、デュークオブマーマレードが14番枠。
出走頭数が16頭と多いのでどれだけスムーズな競馬が出来るのかがポイントになりそうですね。
そのサムソンですが、今回はフランス製の蹄鉄でレース本番に臨むようですね。
フランスで初の日本人調教師となった小林智さんの助言によるもののようですが、フランスの蹄鉄は日本のものより溝が長くて深い芝の馬場を捕らえやすいということらしいです。
サムソンは血統的にもヨーロッパの深い芝は合いそうなのでこの蹄鉄がさらにプラスに働く事を期待したいですね。

凱旋門賞の前日のダニエルウィルデンシュタイン賞にはサムソンの帯同馬のファンドリコンドルが出走します。
このレースには一昨年ディープインパクトの帯同馬だったピカレスクコートが出走して2着と好走。
ピカレスクコートはその後日本に戻ってからはG3ダービー卿CTを勝ち、今年8月の小倉日経OPでも2着と好走したようになかなか力のある馬でした。
それに比べるとファンドリコンドルは500万下でも2桁着順を繰り返しているような馬ですしここはちょっと厳しいかなあ。
それでも出走するからにはファンドリコンドルにも何とか頑張ってもらってサムソンへつなげていって貰いたい。


そして日本では今週で中山、阪神、札幌が最終週となり、土曜には重賞が2レース、そして日曜にはスプリンターズSがあります。
今週は重賞以外でも楽しみなレースが多いのでそのあたりにも注目。

まず、土曜の中山9R芙蓉Sにはこの先の朝日杯FSや阪神JFに向けてかなりいいメンバーがそろいました。
中でも1番人気になりそうなのはセイクリッドバレーでしょう。
新馬戦こそこのレースにも出走しているマイネルウェイブの4着という結果でしたが、2戦目にはやや重の馬場状態ながら2着に3馬身半差の圧勝。
そこでの2着メジロワーロックと3着ドリームヘリテージが次走を楽に勝ちあがっているところを見てもこの馬の能力の高さが伺えます。

そのセイクリッドバレーを新馬戦で下したマイネルウェイヴは2戦目の新潟2歳S不良馬場も影響したのか10着と大敗してしまいましたが今回は良馬場でやれそうですし、巻き返しの可能性はあります。

ダノンベルベールは新馬戦では後方一気の末脚で突き抜けた勝ちっぷりがなかなか良かったのでここでも期待。

そのほかでは新馬戦で圧勝したスパラート、ダイワプリベールも力はありそうなのでどんなレースをするのか期待してみたいですね。


・シリウスS
このレースは昨年から距離が2000mに変更され、今年はさらにJCダートが阪神の1800mに変更されたという事もあって、今後このレースがJCダートへ向けての重要なステップになっていくかもしれません。
今回は昨年のこのレースの1着~3着がそろいましたが最注目はやはり白毛馬のユキチャンでしょう。
2走前の関東オークスを圧勝して白毛馬としての初重賞制覇を飾り、前走クイーンSでは芝で惨敗してしまいましたが今回再びダートへと変わってどんなレースをするのか。
再来週に行なわれる秋華賞へ出走して欲しかったという気持ちもありますがこの先もダート路線で行くというのならここで結果を出しておきたいですね。
ただ、なかなか強い相手がそろったのでそう簡単には勝たせてもらえないかな。

◎ドラゴンファイヤー
○ワンダースピード
▲ユキチャン
△メイショウシャフト、ダノンビクトリー、マイネルアワグラス

◎ドラゴンファイヤーは昨年のこのレースの勝ち馬で、それ以降はここまで結果が出ていませんでしたが2走前の東海S2着でようやく復活の兆しが見られました。
4ヶ月ぶりとなった前走エルムsでは6着でしたが今回は一度叩かれた上積みと、さらに2戦2勝と相性の良い阪神コースという点に期待したい。

○ワンダースピードは昨年の3着馬ですがその後の成績は勝ち馬のドラゴンファイヤー以上のものがあります。
昨年末のベテルギウスsでは同じ舞台でレコード勝ちしアンタレスSで重賞初制覇。
今回は6月の帝王賞5着以来のレースでさらに57キロのトップハンデがどうでるかという点で2番手評価としましたが逆転しても全くおかしくはないですね。

▲ユキチャンは3番手評価としました。
追いきりではポリトラックで5F63,6秒と好時計を出しているように状態は良さそう。
ダートでは2戦2勝とまだ底を見せていませんし52キロのハンデを活かしてどこまでやれるか。


・札幌2歳S

出走14頭中前走新馬戦を勝ちあがってここが2戦目という馬が9頭という事でキャリアも浅く力関係はまだはっきりとはしませんが今回は完成度を重視して予想をしました。
◎モエレエキスパート
○イグゼキュティヴ
▲テーオーストーム
△アドマイヤサムライ、ロジユニヴァース、フォーレイカー

◎モエレエキスパートは前走クローバー賞では公営からの初参戦で7番人気と評価は高くありませんでしたがレース内容はとても良かったし時計的にも悪くありません。
クローバー賞を勝ってから札幌2歳Sに参戦した馬ではこれまでヤマノブリザード、アドマイヤムーンの2頭が連勝を飾っているよう今回この馬にも期待してみたい。

○イグゼキュティヴも公営から参戦の一頭で前走コスモス賞では早めの競馬で外からまくっていって最後は人気のスズカワグナーに差されてしまったものの差後までしぶとく粘った内容は良かった。
血統的にも父は一昨年このレースを制したナムラマースと同じチーフベアハートという点でも期待してみたい。

▲テーオーストームは新馬戦で今回と同じ札幌1800mを1,50,1という好時計で勝ちあがってきました。
この時計はコスモス賞の勝ち時計よりも0,5秒も早く今回も同じ程度の時計で走れれば十分勝ち負けになるくらい優秀。
父は今期絶好調のマンハッタンカフェでこの先も期待が持てそうな1頭。
スポンサーサイト
 
拍手する

ユキ誕生日おめでとう!!

季節の変わり目で急に寒くなったりして、ユキが体調を崩したりしないか心配になる今日この頃。
しかし、何故わざユキの誕生日にこんな事件が起こったのか?
それとも何か関係がある?
無さそうだけど。
08-10-2.jpg

ユキといえば、これは全く関係ありませんが土曜の阪神競馬場で行われるシリウスSというレースに白毛馬のユキチャンが出走します。
もしこのレースに勝てば、白毛馬としては初のJRA重賞制覇という快挙。
一級戦の牡馬相手に勝つのは簡単ではありませんがユキチャンはダートではまだ底を見せていませんし状態も良さそうなのでチャンスは十分あるんじゃないかと思います。
競馬に興味ないっていう人も一度見てみるといいんじゃないかな。
本当ビックリするくらい白いから。
是非応援してあげてください!
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。