prev08next
sunmontuewedthufrisat
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31------

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

札幌記念結果

レースは予想通りコンゴウリキシオーが逃げて1000m通過が58.6秒というハイペース。
道中人気のマツリダゴッホは4,5番手の外目、その内にマイネルチャールズ。
勝ったタスカータソルテは道中後方3,4番手からの競馬で、コンゴウリキシオーがハイペースで引っ張って行ってくれた流れも向いたしそれに、陣営も言っていたように平坦コースも合ったようで今回はとても強い競馬でした。
気付けばこれで重賞3勝目、成績があまり安定していないのでなかなか狙いずらい馬ではありますが、この札幌記念の勝ち馬は秋のG1でも活躍していますし注意しておく必要はありそうだ。

2着の○マツリダゴッホは馬体重が有馬記念との比較で-20キロの478キロと大きく減っていたのが誤算でした。
それと、レースでも3,4コーナーでもう少し脚をためられていたらよかったかもしれないですね。
それでも2着に来るのだからやはり地力はあります。
次走オールカマーでは得意の中山になりますし強い競馬を見せてもらいたい。

3着の◎フィールドベアーは道中はマツリダゴッホをマークする展開でレース運びとしてはほぼ完璧でしたがそれでも届かないところには力の差を感じました。
やはりG1クラスの馬が相手だと厳しいところがありますね。
ただ、4着以下は引き離していますしこの馬も確実に力はつけているので次走もまた期待してみたい。

4着アドマイヤタイトルは1年3ヶ月の長期休養明けで最低人気、道中最後方からの競馬で流れが向いた感はありましたがこの結果は評価できます。
一度叩かれて次走どんな競馬をするのかこの馬も楽しみですね。

2番人気の△マイネルチャールズは6着とちょっといいところがありませんでしたね。
パドックではいい感じに見えたし道中もいい位置取りでの競馬でしたが3,4コーナーあたりの勝負どころでの手ごたえが良くなく直線を向いてからも全く伸びませんでした。
休み明けとか馬場の影響といった理由も考えられますがあのパドックの出来からしたらもっと走って欲しかった。
次走はセントライト記念になるようですがここでしっかり結果を残せないと菊花賞でも厳しくなりそうですね。

▲マンハッタンスカイはマツリゴッホと同様馬体が-20キロの516キロと大きく減っていた影響があったのかもしれません。
函館での水曜の追いきり後の馬体重では538キロでしたから4日で22キロ減ったという事になります。
函館から札幌への輸送でこんなに大きく減ったっていうことはちょっと考えずらいし、追いきり後にでも何かあったのかなあ?
この馬体重を見てからの予想ならこの馬は間違いなく切ってました。


ヨーク競馬場で行なわれる予定だった英インターナショナルSは雨の影響でニューマーケット競馬場で行なわれ、デュークオブマーマレードがこのレースを制してG15連勝を飾りました。
今年のエイプソムダービー馬のニューアプローチは3着。
デュークオブマーマレーは次走凱旋門賞へ行くものだと思っていたら、今回と同じニューマーケット競馬場で開催されるチャンピオンSで行くという話があるようですね。
これはやはり2400mという距離がこの馬には内外からという事でしょうか?
Kジョージの勝ちっぷりからすると距離も問題ないような気がするけどどうなるのか?
もし出走するとなるとサムソンにとってかかなりの強敵にはなりますが出てくるほうが当然盛り上がりますし、サムソンとの対決を見て見たいような気もします。
スポンサーサイト
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。