prev06next
sunmontuewedthufrisat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930-----

プロフィール

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

安田記念結果

ピーターパンSを圧勝して以降ここまで順調に来ていただけに、直前でのアクシデントで回避することになってしまったのは本当に残念。
今後は一旦帰国して9月に再び渡米し一度使ってからBCクラシックを目指すようですね。
でもカジノドライヴはここまでキャリア2戦、一度使うにしてもキャリア3戦っていうのはさすがに少ないんじゃないのかなあ。
過去のBCクラシック勝ち馬がどの程度使っていたかは分かりませんがそれでも3戦で制した馬って多分いないんじゃないのかな。
それなら日本でJCダート~フェブラリーSを使ってドバイWC、それから来年のBCクラシックを目指すっていうほうがいいような気もする。
日本でもダートで強い馬いますし。
昨日のユニコーンs勝ちのユビキタスからサクセスブロッケン、古馬ではヴァーミリアンだっているし、もし海外で勝とうというならこの辺りにだっけ負けてはいられません。
それに、サクセスブロッケンとは一度同じレースで走るのを見てみたい。


安田記念は2番人気△ウォッカが3,1/2馬身差の圧勝!
今日のウォッカは本当に強かった。
馬体は前走から+8キロとパドックで見ても状態は確かによく見えました。
予想では△でしたがパドックを見てからの予想ならもっと評価上げても良かった。

レースはコンゴウリキシオーが逃げその外からアルマダが押していっての2番手、そしてウォッカは内ラチ沿い3番手というかなり前での位置取りとなりました。
確かに、前走ヴィクトリアマイルあたりでの走りを見てももっと前目で競馬してくれたらなっていうのはあったし、そこはさすが岩田騎手今回テン乗りですがやっぱり考えてきました。
個人的には岩田騎手はそれほど好きではないんですがこの腕はやはり認めざるを得ないですね。
直線を向いて追い出してからの伸びは凄かった!
とくに残り300mあたりでコンゴウリキシオーに並んで交わす瞬間、交わしてからすぐ内ラチ沿いに切れ込んでいったのもあるんですがあの伸びは異常。
道中あの位置取りでメンバー中最速タイの34,0秒ノ上がりを使われては後方の馬にはもうどうにもなりません。
それにしても前走から中2週で馬体重+8キロと短期間でよくここまで回復したなあ。
それだけやっぱりタフな馬なのかなあ。

2着アルマダは16番枠からの競馬でしたが鞍上のホワイト騎手がスタートから押していって2番手につけたのが良かった。
この馬もマイルではこれまで7戦して4勝2着3回と得意な距離で左回りも合ったのかなあ。

3着エイシンドーバーは予想では無印でしたがパドックではよく見えました。
道中は内ラチ沿い6,7番手、直線では外からエアシェイディとスズカフェニックスあたりが追い込んできましたが最後は内と外の差が出た感じがあります。
内と外の馬場状態にそれほど差はないしそれならロスなく回れる内の方がやはり有利。

4着○エアシェイディと5着▲スズカフェニックスは流れが向きませんでした。
後方からの競馬ではどうしても展開の助けが必要になるし、今回はペース的には決して遅くはなかったんですが前の馬の止まらなかったので、最後はよく追い込んできたものの何とか掲示板を確保したという感じでした。
こういう展開はある程度読めていたんだからもっと前で競馬してほしかったんだけどなあ。
2頭とももっと前でも十分競馬は出来るはずなのに何故あの位置につけなければならないのかちょっと理解できない。

◎スーパーホーネットはスタートでの出遅れが痛かった。
すぐに中段につけたんですが前走のようなスムーズは競馬は出来ず、直線をむいてもこの馬らしい切れは見られませんでした。
前走kら身ほに滞在してここまで順調にきていて期待も高かっただけに残念でした。
秋のマイルCSでの巻き返しに期待します。

香港勢の中では最有力と見られていた△グッドババは17着と惨敗。
最初馬体重が発表された時にちょっとビックリしました。
これまでの情報では場体は昨年より20キロ程度増えていて500キロ近くあると聞いていたのに実際は昨年より2キロ減の484キロ、前走香港のチャンピオンズマイルと比べると15キロも減っていたのを見ると状態に何か問題があったようですね。
確かにパドックで見たときにはそうは思いませんでしたが馬場入り後はかなりテンションも上がっていたし、あの状態ではかなり厳しく見えました。
ここまでの5連勝は全て香港でのもので遠征には弱い馬なのかもしれないですね。

△キストゥヘヴンは道中少しかかってました。
それに位置取りも後ろすぎ。
最後は伸びているだけに好位で折り合えればもっと走れたと思う。
スポンサーサイト
 
拍手する

安田記念予想

昨日のユニコーンSはユビキタスが7馬身差圧勝!
他馬とはちょっと力が違ってました。
好スタートから道中2番手に控えて直線を向いてもかなり楽な手ごたえで、追い出してからは一気に後方を突き放して本当に強い競馬でした。
時計も1分35,1秒ととても優秀。
この走りうを見るとサクセスブロッケンが出ていたとしても結構いい勝負になったかもしれないですね。

・安田記念
◎スーパーホーネット
○エアシェイディ
▲スズカフェニックス
△キストゥヘヴン、ウォッカ、グッドババ、ジョリーダンス

◎スーパーホーネットは前走京王杯SCを勝ってからは美穂に滞在して、先週そして今週と2週続けていい追い切りもこなせたしかなりいい状態でレースに臨めそう。
昨年のこのレースは輸送で馬体が減っってしまって力が出せなかったが秋にはマイルCSでダイワメジャーに首差2着したように状態さえ良ければこのメンバー相手でも十分勝てるだけの力はあります。
鞍上の藤岡騎手のG1初制覇にも期待。

○エアシェイディは中山記念以来3ヶ月ぶりレースとなりますが中間の乗り込みは十分。
この馬もスーパーホーネット同様昨年とは出来が違います。
AJC杯を勝った時のように中段あたりで競馬が理想。

▲スズカフェニックスはここ2戦不完全燃焼というかこの馬の力を出し切れていない感はありますが1週前の追いきりでは坂路4F50,4秒の1番時計をマークしているように状態は良い。
32秒台の末脚も魅力。
鞍上の武騎手もオークスダービーと2週続けて不利があったので今回はやってくれるはず。

△キストゥヘヴンは前走京王杯2着、今週の追い切りの動きもよく見えたし今本当に調子がいいんだと思う。
内枠に入って道中内ラチ沿いの経済コースで上手く脚をためられればいつの間にか2,3着くらいに来てるなんて事のあるかもしれない。

△ウォッカは状態としては前走ヴィクトリアマイルよりは上向いているかの知れませんがまだ絶好調というわけには行かないだろうなあ。

△グッドババは香港馬の中では実績的に見てもやはり最上位だとは思いますが勝ちきるまではどうかなあ。

△ジョリーダンスは前走ヴィクトリアマイルでは7着でしたが今週の追いきりではかなり速い時計を出してこれでどこまで変わってくるか。
昨年のこのレースで3着したように力さえだし切れればそんなに差はない。
鞍上のアンカツも昨日のユニコーンSのユビキタスで久しぶりに重賞を勝ってその勢いでここでも何とか3着には着て欲しい。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。