prev05next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

オークス結果

レースはスタートからどの馬が行くのかと思っていたら外からエアパスカルの藤岡騎手が押していき、それを追いかけてカレイジャスミンが行き3番手にブラックエンブレムという形で1000m通過が61,4秒。
そのほか有力馬の位置取りは5,6番手にソーマジックとレッドアゲートの田村厩舎の2頭が並ぶような形でいき、その直後にエフティマイアがいてその内にはトールポピー、
そこから2馬身くらいはなれてオディール、その後ろにレジネッタがいて外にはリトルアマポーラという展開。
4コーナーから直線入り口ではどの馬も馬場の悪い内を避ける形で外に持ち出して、直線を向いてからは内からトールポピーが抜け出し外からはエフティマイアが差を詰めましたが結局頭差でトールポピーが制しました。

勝ったトールポピーは前走桜花賞の負けで4番人気と人気を落としていましたがさすが2歳女王、状態さえよくなればやはり強いですね。
心配していた馬体重は+2キロでしたが中身は前走よりもだいぶ違ってたんだと思う。
パドックで見たときにも気配は悪くなかったし馬体的にもいかにもこの距離は合いそうな感じもありました。
過去重馬場でも勝っているし、この馬場も合っていたのかなあ。
審議の対象となって結果が出るまでかなり時間がかかって、結局そのまま決まりましたが鞍上の池添騎手は2日間の騎乗停止。
JRAのHPでパトロールビデオを見てみたら確かにだいぶ内に切り込んでいたし騎乗停止というのもちょっと仕方ないですね。
この馬はこれから順調に行けば秋もこの馬が中心になるのは間違いないでしょう。

2着エフティマイアは桜花賞では15番人気で2着、そして今回も13番人気と低評価ながら2着と力のあるところを見せました。
今回は馬体重+12キロで前走で減ったいた馬体が回復し、パドックでもふっくらしてよく見えたのは確か。
それでもここまで走るかっていう感じはしますね。
デビューから3連勝して以降はずっと低迷していたのに何が原因でここまで変わったんだろう。

3着△レジネッタはさすが桜花賞馬というところは見せたかな。
道中は中段やや後方の位置取りで脚をためて直線ではトールポピーと馬体を合わせて上がってきて、最後はやはり距離適正の差が出たのかトールポピーにははなされてしまいましたがそれでも3着を確保したのはやはり力あります。

4着△ブラックエンブレムは今回は場体重ー16キロと絞れていたのは良かったしレースでもしっかり折り合っていた。
前々の競馬で結果的には4着でしたがこの馬の力は出せたと思う。

◎レッドアゲートと△ソーマジックは道中はかなりいい感じだと思ったんですけね。
直線を向いてからは思ったほど伸びませんでした。
馬場状態かなあ。
この2頭の力はちょっと出せなかったような気がします。

▲リトルアマポーラもよく分からない。
位置取りもこの馬としては決して悪くなかったと思う。
上がりが35,4秒と決して伸びてないわけではないですがいつもほどの切れがなかったのはやはりこの馬場状態の影響かもしれない。





スポンサーサイト
 
拍手する

オークス予想

◎レッドアゲート
○アロマキャンドル
▲リトルアマポーラ
△ブラックエンブレム、ライムキャンディ、レジネッタ、ソーマジック


前日オッズを見るとかなり混戦といった感じですがここは前走トライアル組を上位とみます。

◎レッドアゲートは前走フローラSを勝った時点でオークスはこの馬でいこうと決めていました。
マンハッタンカフェ産句で馬体的にも距離はあいそう。
すでに2400mを経験しているのも大きい。
道悪は未経験ですがこなしてくれると信じたい。

○アロマキャンドルは前走スイートピーSでの最後方から一気に突き抜けたあの脚には驚いた。
それまで2桁着陣が3回続いていたとは思えないような走りで、2歳時にはいちょうsでもスマイルジャックあたりに勝っているように東京コースは合います。
距離的には微妙なところはありますが折り合いは付くので問題ない。
フレンチデピュティ産句なので道悪でもこなせるはず。

▲リトルアマポーラは前日オッズでは1番人気ですがこれはちょっと危険な1番人気かもしれないですね。
たしかに、この馬の能力は認めます。
京成杯で牡馬相手に4着、クイーンSは強い勝ち方だったし道悪も2戦目でこなしているので問題ない。
でも、桜花賞5着からオークスで1番人気になった馬っていうのは少なくとも過去10年にはいないし、それに鞍上の武幸四郎騎手もGⅠで1番人気っていうのは信用しずらいので能力は認めながら3番手評価まで。

△ブラックエンブレムは前走桜花賞では追いきりを行なわなかった影響か馬体が8キロ増えていて、さらにレースでは出遅れてしまいこの馬の力が出せなかった。
今回は乗り込み十分で前走以上の出来であるのは間違いない。
馬体は10キロくらい絞れててもいいですね。
ウォーエンブレム産句なので気性的な心配は常にありますが、しっかり折り合ってさえくれれば力は出せます。

△ライムキャンディは前走スイートピーSでは落鉄の影響もあってか12着と大敗でしたが一度叩かれての変わり身に期待したい。
2戦目のクイーンSで2着したように力があるのは確か。
今回は追いきりでもいい動きをしていたので調子は良さそう。

△レジネッタは桜花賞を勝ったにしては人気はそれほどありませんがやはりノーマークというわけには行かないでしょう。
アロマキャンドルと同じフレンチデピュティ産句で道悪もこなせるだろうし、折り合いにも心配はない。
勝ちきるまではどうかとは思いますが3着なら十分ありえる。

△ソーマジックはここまで6戦して全て3着以内という安定感。
さらに前走桜花賞では直線で不利がありながらも3着と勝負根性があるところも見せました。
シンボリクリスエス産句で距離的にも問題ないだろうしここでも有力になりそう。

印をつけなかった馬の中ではスペルバインドが気になりますね。
2200mの未勝利戦を勝ちあがったように距離的には問題ない。
セントポーリア賞では牡馬相手に3着と力もあります。
ただ問題は馬体重で、輸送の度に馬体を減らしているのが気になったので無印にしました。
今回もしこれ以上減るようだとやはりちょっと厳しいかなあ。
逆に、もし馬体が増えてきて470キロ台まで回復していたら面白いかもしれない。

前日オッズで4番人気のトールポピーも馬体重に注意したいですね。
前走桜花賞では10キロ減で状態的にもそれほど良くなかったのかもしれない。
元々力のある馬なので馬体が回復していたらもちろん狙いたかったんですが、今回は追いきりが軽かったっていうところがひっかっかりました。
輸送を考慮して軽めにしたという事もあるんでしょうがやはりちょっと気になります。



・東海S
◎メイショウトウコン
○ワンダースピード
▲サンライズバッカス、
△フィフティーワナー、ロングプライド、サヨウナラ

このレースは前走アンタレスS組が中心になりそうですね。

そのアンタレスSでも本命に推したメイショウトウコンをもう一度狙ってみます。
アンタレスSでは全くいいところがなく大敗しましたが、このレースは昨年も勝っているので前走のようなことはないと思う。
後方一気の追い込みに期待したい。

○ワンダースピードは昨年のこのレースはメイショウトウコンの2着ですが前走アンタレスSを制して勢いではこの馬のほうが上。
今の出来なら逆転も可能。

▲サンライズバッカスは前走アンタレスSは休み明けでレースの流れも向きませんでしたが後方から一気に追い込んで3着まできた走りはやはり力を感じさせます。
今回は一度叩かれての上積みもあるし、2300mという距離は微妙ですが前走のように脚をためられれば。

△サヨウナラは4戦して2勝2着2回と得意の中京でそれほど人気も無いしちょっと狙ってみたい。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。