prev04next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930---

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

産経大坂杯&ダービー卿CT予想

・産経大阪杯
メイショウサムソン、ダイワスカーレット、アサクサキングスといった昨年のGⅠ勝ち馬の年明け緒戦ということでかなり楽しみなレースなんですがやっぱり今年に入ってもサムソンの鞍上が武騎手というのは納得できないですね。
もし鞍上が石橋騎手だったら文句なしに◎つけるところですが武騎手ではそういうわけにはいかない複雑なファン心理というのがあるわけですよ。
武騎手は阪神大章典でポップロックに乗ってるんだからそのまま天皇賞もポップロックでいってくれれば何の問題も無いのに。

◎ダイワスカーレット
○ドリームパスポート
▲メイショウサムソン
△ヴィクトリー、ブライトトゥモロー

◎ダイワスカーレットは昨年はほぼ完璧といえる結果を残してきたので今年の活躍にも期待したいですね。
今年はフェブラリーSアクシデントで回避することになってドバイも断念してしまったんですが、むしろそれはこの馬のこの先のことを考えるとプラスになるかも知れない。
フェブラリーSに出るというのを聞いた時には、陣営はダートでも走れるような事を言っていましたがここまでずっと芝を使って結果を出してきたのにここでわざわざダートを使う必要が本当にあるのかと思ったし、それを回避したおかげでここまでじっくり乗り込んできたことがいい方向に向くんじゃないか。

1週前の追いきりからかなりの好タイムをマークしていたように仕上がりも良さそう。
前日オッズでは単勝1番人気ですが、このレースは1番人気の馬の成績は良いし、さらに鞍上のアンカツもこのレースとはとても相性がよい.。
後はレースでの折り合いだけですね。
おそらく逃げるであろうアドマイヤメイン、ヴィクトリーあたりの後ろでしっかり折り合ってレースを運べれば、直線早めに先頭に立ってそのまま押し切れるはず。

○ドリームパスポートは骨折明け5戦目、転厩からは3戦目でそろそろ結果を出していい頃だと思う。
鞍上の松岡騎手のここ2戦の騎乗ぶりを見るとドリームパスポートとはあまり相性がよくないような感じはしますが、今回は何とか結果を出してもらいたい。
ペースはある程度速くなりそうなので神戸新聞杯を勝った時の高田騎手のようにもっとじっくり脚をためて競馬をしてくれれば。

▲メイショウサムソンは昨年の有馬での惨敗は今まであんなレースを見たことがなかったのでちょっとショックでしたが今年はまた凱旋門を目指すという事なので頑張ってもらいたい。
ただ、やっぱり鞍上が武騎手では◎は付けられないですね。
今年はドバイを目指していたという事もありこれまでに十分に乗り込んできてはいますがあくまでも目標は天皇賞という事である程度余裕のこしの仕上げではあるはず。
昨年このレースを制した時には転厩緒戦ということで追いきりでもかなり速い時計を出していたように目一杯の仕上げという感じもありましたが今年はそこまでとはいかないような
それでもG14勝馬、今年の秋には凱旋門を目指しているのだからそれなりの結果は残してくれるか。

△ヴィクトリーはここ3戦は大敗と全くいいところがなく今回もどうなのかちょっと微妙ですけど、2000mは皐月賞も含め4戦して3勝2着1回ともっとも得意としている距離で何とかここで変わり身を見せてくれたら。

△ブライトトゥモローは休み明けの前走大阪城Sが場体重+10キロで6着、一叩きされた今回はある程度絞れてきてくれれば。
昨年は33秒台の上がりを連発していたように切れる脚も持っているし、

菊花賞馬アサクサキングスはこのメンバー相手で59キロはちょっと厳しいかなあ。
この馬のサムソン同様、目標はあくまでも天皇賞だしここは切り。


・ダービー卿CT
このレースはハンデ戦ということもあって毎年荒れていますが、今年も荒れると読んで穴狙いでいってみたい。
◎ピンクカメオ
○オーシャンエイプス
▲リザーブカード
△ナスノストローク、カンファーベスト、ニシノナースコール、グレイトフルタイム

◎ピンクカメオの前走東京新聞杯はスタートでまるでロデオのように大きく飛び跳ねるような状態になって大きく出遅れてしまったのが原因で、結果は度外視できます。
昨年のNHKマイルCの勝ち馬で元々力はあるし、54キロのハンデなら走っておかしくない。

○オーシャンエイプスはデビュー戦を圧勝した以降はしばらく結果が出ませんでしたが昨年秋には3連勝とようやく勢いにのってきて、今回は休み明けですがこの先安田記念あたりを目指すためにもここは負けられない。

▲リザーブカードは前走東風Sではステキシンスケクンには上手く逃げられてしまったんですがこの馬の走りも悪くなかった。
斤量55キロも手ごろで内ラチ沿いで脚をためられれば直線でスッと抜け出してきてくれるかも。

スポンサーサイト
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。