prev04next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930---

プロフィール

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

フローラSからオークスへ

先週のフローラSの○レッドアゲートは勝ちっぷりもなかなか良くてオークスへ行ってもかなり有力になりそうですね。
レースはカレイジャスミンが逃げる展開となって1000m通過が61,1秒、開幕週で前日の雨の影響もなくなった馬場状態を考えてもスローといえる流れ。
レッドアゲートは道中中段から3コーナーあたりで4,5番手につけ、直線を向いてからは逃げネバるカレイジャスミンを残り100mを切ったあたりでようやく捕らえての1着。
2.00.5という勝ち時計は昨年のベッラレイアを上回っているし、次のオークスを考えるとすでに2400mの経験があるのも大きい。
桜花賞が大荒れの結果になったことも考えて、今のところとこの馬がオークスでの本命候補ということにしておきます。

◎ユキチャンは7着で残念ながらオースク出走は叶いませんでした。
道中はレッドアゲートの外につけていたんですが勝負どころの4コーナーから直線入り口でおいてかれてしまったのは瞬発力の差かなあ。
でも、そこからそのままずるずると後退していくのかと思っていたら最後までよく粘ってました。
この先もレース展開次第では十分勝てるチャンスはあります。
秋にはもう一度秋華賞目指して頑張ってもらいたい。

▲シングライクバードはは外枠の影響もあったしレースの流れが向かなかった。
前走に続いてちょっと不完全燃焼っていう感じですね。

4着に入った16番人気のメイショウベルーガの末脚はすごかった。
道中最後方から直線では大外を回して上がりがメンバー中唯一33秒台となる33,8秒の脚で最後はシングライクバードも交わしての4着。
この馬はデビュー戦で芝を使って12着と惨敗してそこから3戦はダートを使っていたので人気のもならなかったというのは分かりますが、それでもあの脚を見るとこの馬は今後も注目しておいた方がいいかもしれない。


もう一つのオークストライアル、来週行なわれるスイートピーSは一昨年のカワカミプリンセスがオークスで1着、昨年のラブカーナがオークス3着とと2年続けてオークスで好走しているように今年も注目しておきたいレースですね。
登録場の中ではスペルバインド、アルダントヌイ、メイショウマリア、ライムキャンディあたりに注目。


香港のクイーンエリザベス2世Cに出走したマツリダゴッホは6着、チャンピオンズマイルのマイネルシーガルはしんがり負け10着。
マツリダは直線入り口では一旦先頭に立ちながらそこから交代して6着。
陣営の話からは状態が万全とは言えなかったような感じですね。
今後のローテは白紙という事ですけど多分宝塚かな。
もしそこで勝てるようなら凱旋門とかもう一度海外を目指してもいい。
スポンサーサイト
 
拍手する

こさ

春と秋のGⅠシーズンにはいつも競馬ブログに完全移行したくなるんですが、最近はべびプリ関係でお客さん来て下さっているみたいなので何かもうちょっと描ければなあといつも思いながら気付けば1週間くらいはあっという間にすぎしまいます。

G’s5月号の読者参加葉書は昨日締め切りギリギリで出しておきました。
小雨と綿雪のペア狙いで。
ある程度行動パターンは読みやすいペアなので、もし順当にいってくれたら4分の1くらいの確率で当たってくれるんじゃないかと思うんですか、ただこんなのは製作側の匙加減ひとつでどうにでもなるので実際にどうなるかは全く分からないですね。

家族旅行、日記ではバスか電車jかっていう話から結局バスに決まったわけですけど、麗にとっては今回の旅行でなにが楽しみしだったかって電車に乗るのを一番楽しみにしてたんだろうからそれがばすに決まってショックを受けるのも無理ないか。
ただまだ何かやらかす気配あるので今後の麗の言動には注意が必要だ。

今回の家族旅行をG’s5月号とのつながりから考えると、わざGW中に旅行に行こうっていうんだから日帰りではなくホテルか旅館に少なくとも1泊するとして、初日はバスで目的地に着いたところで昼食、そこから自由行動になるんでしょう。
それで、二日目は皆で海で遊ぶなり何なりして、でも、さすがに5月に泳ぐのは厳しいだろうから、小雨の日記の水着どうこうっていうのは小雨の早とちりっぽいですね。
今度また夏休みにでも皆で海にいけばいいんじゃないの。

という事で小雨ビキニ。
小雨にエロスを求めるな。
年相応でいいんだ年相応で。
だから、ビキニだって可愛いねっていうだけで、それ以上でもそれ以下でもなく。
本当にただそれだけ・・・
08-4-27c.jpg



 
拍手する

フローラS&アンタレスS予想

土曜東京11Rメトロポリタンsはアルナスラインの6馬身差圧勝。
昨年の菊花賞2着以来の休み明け、さらに57,5キロのトップハンデでどんなレースをするのか注目していたんですがここまで強いとは思わなかった。
この強さを見るとこの先もかなり期待できます。
今後のローテはどうなるか分かりませんが宝塚を目指すとして、来週の天皇賞組ともそう差はないレースが出来そう。

昨年のクラシック路線は牡馬のレベルがそれほど高くないんじゃないのといわれていましたが菊花賞上位組は今年になっても結構頑張ってますね。
昨年の菊花賞組は勝ったアサクサキングスが好メンバーのそろった産経大阪杯3着で来週の天皇賞でも人気になりそうだし、6着のホクトスルタンもサンシャインSを逃げて6馬身差圧勝して天皇賞でもマイペースで逃げられればかなりいいところまでいけそうなくらいの力はあります。

京都11RオーストラリアTはオーシャンエイプスがサクラメガワンダーの追撃を鼻差抑えて制しました。
オーシャンエイプスは道中7,8番手いつもよりは前目の位置取り。
ちょっと口を割るような感じで折り合いがついていないようにも見えたんですが直線では武騎手が上手く内を付いて、最後外から追い込んできたサクラメガワンダーとはかなりの接戦。
外のサクラメガワンダーの方が勢いがあったのでゴール版でギリギリ交わされたようにも見えたんですが判定の結果は何とかオーシャンエイプスがサクラメガワンダーを押さえての1着。
やっぱりこの馬力ありますね。
昨年秋に3連勝して、年明け緒戦のダービー卿CT ではスタートでで出遅れた上に流れも向かず7着と惨敗してしまいましたが2戦目しっかり結果を出してくれたし、
それにこれで5戦連続して上がりは33秒台とこれだけ切れる馬はそうはいません。
これで次走安田記念に出走できればかなり期待できます。

福島牝馬S、こちらもかなりの接戦でマイネカンナがハロースピードの追い込みの凌いで何とか制しました。
ハロースピードが差しきったように見えたんですけどね。
完全に勢いも上回ってたし。
3着のザレマと4着のヤマニンメルヴェイユも鼻差接戦。
結果的には上位3頭が4歳馬と。レベルが高い世代といわれていだけのことはありますね。


・フローラS
◎ユキチャン
○レッドアゲート
▲シングライクバード
△アグネスミヌエット、ギュイエンヌ、マイネウィンク、カイゼリン

このレースの注目はやっぱり白毛馬◎ユキチャンでしょう。
ここはなんとしても3着以内を確保してオークスを目指してもらいたいですね。
前走ミモザ賞を勝った時にはまあ驚きましたがあの走りをもう一度ここで見せてもらいたい。
前走はダート1200mから芝2000mになったのも問題にせずなかなかいい勝ち方だったし能力的にはここでも通用するはず。

○レッドアゲートは前走フラワーCは惜しくも2着でしたが直線での脚は良かった。
前々走2400mで牡馬相手に4着したレースを見ると距離は伸びていいタイプに見えるしここで権利を取れればオークスでもこの馬を狙ってみたい。

▲シングライクバードは前走は後方からの競馬で完全に脚を余した形になってしまった。
この馬には府中は合いそうだし距離も全く問題ない。
府中の2000mで外枠はあまりいいイメージはないですが、そこは先週皐月賞を制した鞍上川田騎手の腕に期待します。


・アンタレスS
◎メイショウトウコン
○フィフティーワナー
▲ロングプライド
△サンライズバッカス、キクノアロー、ゲイルバニヤン

ここは人気上位の馬で固いような気がします。
◎メイショウトウコンの末脚はダートの中ではトップレベルのものがあるしそれにこの馬は京都も得意で今回も最後は必ず追い込んできてくれるはず。

○フィフティーワナーは前走マーチSで連勝がストップしてしまいましたが今回は斤量2キロ減の56キロになるのは有利。

▲ロングプライドはスタート次第ですね。
能力的にはこのメンバーでも上位だし五分のスタートを切れさえすれば逆転可能。

京都は走る△キクノアローを穴で狙ってみます。




 
拍手する

福島牝馬S予想

先週の皐月賞を勝ったキャプテントゥーレの骨折、さらにアストンマーチャンの急死と今週はあまりいいニュースがありませんでしたが、日曜には白毛馬ユキチャンが出走するフローラSや香港ではマツリダゴッホの出走するクイーンエリザベス2世C 、さらにマイネルシーガルの出走するチャンピオンズマイルといった楽しみなレースがあります。

先週の皐月賞を軽く振り返ってみると、勝ったキャプテントゥーレは鞍上の川田騎手の思い切った競馬が見事にはまった感がありました。
前半1000m通過が61,4秒とスローに落として、3,4コーナーあたり1400~1600mの間の1ハロンが11,2秒と一気に加速して直線を向いても脚色は衰えなかったし結局2馬身半差の完勝。
骨折でダービーに出られなくなってしまったのは残念ですが、ただもし出走したとしても血統的には2ハロン延長はプラスとはいえないし印付けたとしても△くらいがところだったと思う。

次走ダービーを考えた場合にはやっぱり皐月賞気味が中心になるのは間違いないですね。
2着のタケミカヅチ、3着のマイネルチャールズ、4着のレインボーペガサス、6着のブラックシェル辺りまでは期待できそう。

別路線組からは府中2400mを好時計で勝ちあがったマゼラン、水仙賞勝ちのオリエンタルヨーク、山吹賞勝ちのニシノエモーション、毎日杯2着のアドマイヤコマンドあたりでトライアルを勝ちあがってきた馬のみ、もし負けたら即切り位の感じで狙ってみたい。



・福島牝馬S
◎ヤマニンメルベイユ
○アルコセニョーラ
▲ピースオブラヴ
△ザレマ、ダンスオールナイト、ハロースピード

◎ヤマニンメルベイユは前走中山牝馬S は多少展開に恵まれた感はありますが福島は3戦して1勝3着2回と得意だし、軸としてもこの馬が一番信用できそう。

○アルコセニョーラも福島は得意で3戦2勝2着1回。
前走中山牝馬Sでは休み明けで馬体がー10キロと減っていたので上手く馬体を立て直してくれば。

▲ピースオブラヴは前走愛知杯では差のない4着、今回は休み明けになりますが最内枠から好位追走出来ればそんなに差はないと思う。

△ダンスオールナイト、ハロースピードは追い込み一手で流れが向くか微妙なところはありますがもし前が早くなった場合には来て藻おかしくはないですね。
前走中山記念で2着に入って今回そこそこ人気になりそうなマイネカンナとの比較でいっても前々走初音Sをみるとそう差はない。


 
拍手する

皐月賞予想

◎マイネルチャールズ
○レインボーペガサス
▲レッツゴーキリシマ
△スマイルジャック、フサイチアソート、ノットアローン、ショウナンアルバ

悩んで結局、軸としての安定感を考えて◎マイネルチャールズから狙います。
とくに前々走京成杯で馬群を突き抜けてきたあの走りを評価したい。
今回は追い切りの動きも一番よく見えたし状態もかなり良さそうなので、後は鞍上の松岡騎手が普通に乗ってくれれば。

2番手以下は差はないですね。
本当に展開次第でどの馬にもチャンスはありそうで、一応6頭上げましたが他にもタケミカヅチ、スズジュピター、キャプテントゥーレ、
ブラックシェル、サブジェクト、フローテーションあたりまではきてもおかしくない。
 
拍手する

マイラーズC予想

・マイラーズC
◎コンゴウリキシオー
○エイシンドーバー
▲キングストレイル
△マイネルポライト、カンパニー、ゲイルスパーキー、ニシノマナムスメ、

昨年の勝ち馬の◎コンゴウリキシオーに期待。
前走は香港以来の休み明けで場体重-8キロと減っていたのをみると状態はそれほどよくはなかった。
今回は一度叩かれて状態も前走よりは上向いているだろうし、それにメンバー的にもここは単騎でいけそう。

○エイシンドーバーは前走中山記念はカンパニーには上手く走られた感がありましたが今回は同斤量58キロならそう差はない

▲キングストレイルは前走ダービー卿CTを一度叩かれて、馬体が絞れてくればもっと走れる。
斤量が前回58キロから今回57キロと1キロ減になるのもプラス。

△マイネルポライトは前走心斎橋Sでは先週阪神牝馬Sを勝ったエイジアンウィンズと差のない2着と好走しているし、阪神マイルでは1,32,0秒という好時計で勝っているので今回は格上挑戦ではあるんですが期待してみます。

△カンパニーはここまで重賞4勝挙げていますが今回はまだ勝ち星のない斤量58キロがどう出るか微妙なので評価を下げました。

人気の中ではドリームジャーニーは今回休み明けで斤量が初の58キロというのは微妙。


 
拍手する

ヒカル

SA製品版をようやく購入。
最近ちょっと絵を描くペース落ちてましたけど、大体1ヶ月くらい描き続けるとその後1ヶ月くは描きたくなくなるっていうかモチベーションが低下するっていういつものパターンに陥いってました。
でも、せっかくSAIを買ったことだしこのあたりでまたちょっとづつ描いていけたらイイナw

日曜中山12R卯月Sに久しぶりにヒカルオオゾラが出走するっていうのを聞いてヒカルを描きたくなった。
先々週登録していたレースを除外されて出走が2週延びましたが、1600万下の別定戦で連勝中のマイルなら期待はできます。

08-4-18b.jpg

 
拍手する

テレカ当たった

ドラゴンエイジピュアvol.6で応募した異国迷路のクロワーゼのテレカが当たりました!
vol.6っていうと昨年の8月に発売したものなのでハガキを出した事すらすっかり忘れていましたけど、これは嬉しいですね。
先日のべびプリ連続的中といい今回のテレかといい、なんか最近すごいツイてるんですけど。

さらに、今月20日発売のvol.10では付録で武田日向さんのイラスト集が付くらしいのでこれもかなり期待してます。
異国迷路のクロワーゼだけでなくてGOSICKのイラストも入るみたいで、湯音×ヴィクトリカなんて、今一番好きな漫画家・イラストレーターって誰?と聞かれたら武田日向と即答するくらいの武田日向ファンからすればまさに夢の競演!
10冊買いたい!


08-4-17b.jpg

08-4-16.jpg
 
拍手する

桜花賞結果と皐月賞

先週の桜花賞はあれを当てるっていうのは無理ですね。
あれだけ大荒れになってしまってはもうどうにもなりません。

確かに、人気の馬にも死角があったとは思います。
まず、1番人気のトールポピーは馬体重がー10キロと減っていてパドックで見たときにはちょっと細いかなっていう印象を受けたし、3番人気のオディールは前走ほどではないにしろ相変わらずテンション高め。
リトルアマポーラはいい雰囲気に見えたんですがレースではスタートで出遅れて道中後方2番手からの競馬。
さらに、直線では大外を回ってきた分のロスが響いて、34,3秒の最速の上がりを使いながら5着までとこの馬の競馬をすることは出来なかった。
4番人気ブラックエンブレムは場体重+8キロでと増えていたのは追いきりをしなかった影響が出たのかもしれない。

次走オークスを考えるとこの中ではリトルアマポーラは変わってきそうですね。
オークスとは相性のよいクイーンCの勝ち馬で、すでに2000mまで経験してるわけだしそれにアグネスタキオン産句といっても折り合いには全く不安がないので2400mも問題ないと思う。

勝ったレジネッタは道中中段やや後方、1000m通過が58,5秒とやや早いペースの中では好位といえる位置取りで直線の伸びも良かった。
鞍上の小牧騎手これでGⅠ初制覇ですが出来れば今週の皐月賞のスマイルジャックまでで待っててくれたらよかったんだけどなあ。
スプリングSを勝った時点でこの馬を本命か対抗にしようと思っていたんですが、2週連続でGⅠ勝たせてもらえるほど競馬は甘くないしちょっと評価を下げざるをえないですね。
当然レースに出るからにはどの騎手も勝つつもりで乗っているとは思うんですが、人気薄での思い切った競馬っていうのと余計な欲が出るっていうか先週も勝ったから今週もとか考えているとそう上手くはいかない。

それでももし、5番人気以下でそれほど人気がなかったら狙ってもいいかもしれない。
1番人気がマイネルチャールズで2番人気がブラックシェルになるとして、3番手以下はちょっと今のところ読めな。
ショウナンアルバかスマイルジャック、フローテーション、アドマイヤコマンドあたりはそれほど差は無さそう。

1番人気になりそうなマイネルチャールズはここまで4戦連続で中山2000mを使ってきてしっかり結果も出しているようにかなり安定感もあって強いとは思うんですが、この馬の鞍上の松岡騎手にも正直不安あります。
昨年は人気薄のサンツェペリンで2着と健闘しましたが今年はクラシックで1番人気の馬に乗るという重圧、
それに当然他の騎手からもマークされるだろうし、そこで今までどおりの競馬をすることはそう簡単なことではない。

今のところ狙いたいのはキャプテントゥーレ、スズジュピター、ノットアローン、フサイチアソート、フローテーションあたりかなあ。
どの馬のそう差はないと思うし展開次第ではどの馬にもチャンスはありそう。
とくに、前走休み明けで弥生賞を叩いてきた馬の変わり身に期待してます。
 
拍手する

桜花賞予想

久しぶりに2レース連続的中!
ニュージーランドTは1着△サトノプログレス、2着▲エーシンフォワード、3着◎アサクサダンディで3連単76430円。
阪神牝馬Sは1着▲エイジアンウィンズ、2着◎ブルーメンブラッド、3着△パーフェクトジョイで3連単52240円とどちらも結構いい配当。
この勢いで桜花賞も当てにいきます。


ニュージーランドTは3着の◎アサクサダンディは前走以上にスムーズさを欠いた競馬になってしまったのが痛かった。
道中中段後方の内ラチ沿いから直線を向いてインをついたんですが前の馬をさばくのに手一杯で全く追える状態ではないように見えた。
故障したリーサムクラウンを交わすのにも少し手間取ったりしたのかもしれない。
このあたりは画面に映っていないタイミングだったので実際にどうだったのかは分からないんですが。
それでも3着に入ったっていうのはやっぱり力があるからだろうし、それに次走NHKマイルCの権利をとれたのは大きい。

府中の500万下、ブーケフレグランスやレッドシューターといった馬相手に勝ちあがったレースを見ると小回りの中山よりも府中の方がこの馬には合いそう。
ただ、一つ気になる点を挙げるとすると年明けからここまですでに5戦使っていてこれ以上さらに上積みがあるかどうかっていうのはちょっと微妙ですね。
このあたりはこの先の追いきりの動き等をしっかり見てから判断したい。

1番人気ゴスホークケンは12着と惨敗。
パドックではよく見えたしレースでの3,4番手外目で折り合いも問題ないように見えたんですけど直線を向いてからは全く伸びず。
この走りを見るとNHKマイルCもどうなるかちょっと分からないですね。
それでも、今回は休み明けでさらに馬体重プラス10キロだったという点で巻き返しの可能性もないとはいえないんですが。



阪神牝馬Sは勝ったエイジアンウィンズが上手く逃げ切りました。
前半600m通過が35,4秒とこのクラスの1400m戦としてはかなりのスローペースで、大体600mすぎた時点でこの馬の逃げ切りだろうっていうのはすでに読めてました。

最後はブルーメンブラッドに差を詰められはしましたが3着以下は大きく引き離しているように内容的にも完勝といえます。
これで芝では5戦して3勝2着2回とまだ底を見せていないし、この先ヴィクトリアマイルでも期待できるかもしれないですね。
まだマイル以上は未経験なので距離が伸びてどうかは微妙なところですが今の勢いならいいところまでいけるかもしれない。

2着ブルーメンブラッドは33,5秒の最速の上がりで追い込んできたんですが流れがちょっと向かなかった。

3着以下はきわどいレースでパーフェクトジョイは直線で一瞬内のキストゥヘヴンに差されたかと思ったんですが最後は何とか鼻差しのいで3着。
パーフェクトジョイは1400mは未経験でしたが阪神とは相性がよかったので△をつけておいたのが正解でした。



・桜花賞予想
桜花賞が始まるといよいよ春のGⅠシーズンが始まったっていう感じになります。
昨年はウォッカとダイワスカーレットの2頭が断然抜けていましたが今年は混戦、といわれていたんですが前日オッズでは上位3頭に人気が集中しました。

ポルトフィーノの回避はレース展開にかなり大きく影響しそうで最内枠のデヴェベロッペはここは思い切っていくとして、2番手以下はどうなるか分からない
前走逃げて勝ったエアパスカルとかブラックエンブレムは無理していく必要はないし、もしかしたらペースはそれほど上がらないかも。
そうなると前々で競馬出来る馬のほうが有利になるかも知れない。
後は、馬場状態ももしかしたら雨が降る可能性もあるのでどうなるのか気になります。


◎リトルアマポーラは追い切りの動きが1番よく見えので状態はかなり良さそう。
前々走京成杯で牡馬相手に差のない競馬をして、前走クイーンCは強い勝ち方だったように牝馬同士なら力は上位、
後は鞍上の武幸四郎騎手がしっかり乗ってくれれば勝てくれるはず。

○ブラックエンブレムは前日オッズでは上位3頭とは差のある4番人気ですがもっと人気あってもいいと思う。
桜花賞とは相性のいいフラワーCの勝ち馬で、前々走きんせんか賞では4馬身差で圧勝したように力は上位3頭ともオッズほどの差はない。
ただ、16番枠で出来れば前々で競馬をしたいこの馬がどんな競馬をするのかっていう点と、ウォーエンブレム産句で気性的に行きたがる面がある点がどう出るのかは
実際にレースを見てみないと分からない。
さらに今回追いきりをしなかったっていうのも気になります。
直前に変則的な調教をするような馬はどこかしら不安要素がある場合も多いので、この馬はパドックでの出来をしっかり見ておいたほうがよさそう。


▲オディールは前走チューリップ賞では場体重マイナス8キロでパドックでも入れ込んでいたし、レースでは出遅れてどうなるかと思ったら最後はものすごい足で3着に追い込んできたのには驚きました。
あの状態であれだけの走りをしてくれたんだから今回はアンカツも自信持って乗れるんじゃないかなあ。
馬体はこれ以上減らない方がよい。

△トールポピーは昨年の阪神JFを勝って以降、ここまで本当に順調に来ました。
今回は△にしましたが上位とは差はないですね。


◎リトルアマポーラ
○ブラックエンブレム
▲オディール
△エイムアットビップ、トールポピー、エアパスカル、ベストオブミー
 
拍手する

ニュージーランドT&阪神牝馬s予想

・ニュージーランドT
◎アサクサダンディ
○ゴスホークケン
▲エーシンフォワード
△リーサムクラウン、ダンツキッスイ、サトノプログレス、ダノンゴーゴー

◎アサクサダンディは前走スプリングSはこの馬には流れが向きませんでしたがそれでも4着に来るあたりはやっぱり力はあります。
NHKマイルC に出るには賞金的にも3着以内はどうしても欲しいところなのでここはしっかり結果を残したい。

昨年の2歳王者○ゴスホークケンは早くから皐月賞ではなくNHKマイルCに狙いを絞ってきてここも乗り込み十分。
朝日杯FSでは最内枠から逃げましたが今回は13番枠に入ったので無理にはいか無くても4,5番手くらいでも競馬は出来る。

▲エーシンフォワードは前走アーリントンC2着、勝ったダンツキッスイには上手く逃げられてしまいましたが、
このレースで先着したディープスカイ、ノットアローンあたりが次のレースでも結果を残しているところを見るとこの馬も力はありそう。


・阪神牝馬S
◎ブルーメンブラッド
○ジョリーダンス
▲エイジアンウインズ
△キッスアンドライド、キストゥヘヴン、ローブデコルテ、パーフェクトジョイ

上位の馬はそれほど差はないと思うんですが◎ブルーメンブラッドは3勝を上げている得意の1400mで、さらに斤量差からこの馬が少しリードしてると見ます。
昨年の勝ち馬○ジョリーダンスは7歳馬ですがまだ衰えは無さそうで連覇の可能性も十分ありそう。
 
拍手する

立夏的な

昨日の銀魂を観てたら、チラッと出てきた”美少女侍トモエ5000”とかいうキャラが立夏によく似てたのでそのコスの立夏を描いてみたり。
多分セラムンが元になってるのかな?
でも、髪形とか服のデザインとか色なんかも立夏のを和風にアレンジしたような感じだったので一瞬ビックリしました。
08-4-10.jpg




 
拍手する

立夏の誕生日

13歳になりました。
08-4-8.jpg



 
拍手する

産経大阪杯&ダービー卿CT結果

日曜阪神10RマーガレットS を4馬身差で圧勝したファリダットは新馬戦以来ようやくこの馬らしい強い走りをしてくれました。
マイルの新馬で2着のブーケフレグランスに3馬身差で勝って以降は惜敗が続いて、前走すみれS2200mでの敗戦を見るとこの馬はもっと距離が短い方がいいんじゃないかと思っていたので
今回1400mに短縮されてどんな競馬をするのか注目していたんですがやっぱりこの馬にはこのくらいの距離の方がいいみたいですね。
血統的にも母がスプリンターズSだしベストはマイルまで。
これで次走NHKマイルCは賞金的に微妙なところですが何とか出てもらいたい。

産経大阪杯を勝った◎ダイワスカーレットはこれだけいいメンバーがそろった中での完勝ですから本当に強い馬ですね。
レースはスタートからかかり気味に先頭に立って1000m通過が59,6秒の平均ペース。
今の阪神は馬場状態が良いのでこのくらいの時計だと前にいった馬のほうが有利なようで、結局前にいった3頭がそのまま3着以内という結果だったんですがその中でもダイワスカーレットは直線で外から追い上げていたアサクサキングスを競り落とし内のエイシンデピュティの追撃も振り切って1着。
ダイワスカーレットは後ろの馬にマークされる立場で厳しい競馬のはずなんですがそれを力でねじ伏せてしまうんだから本当に強い。
場体重+12キロでさらに成長した感じで、マイルから2000mくらいまでなら今この馬が一番強いんじゃないかなあ。

逆に▲メイショウサムソンはどうしたんだろう?
道中4,5番手で結構いい感じだったと思ったんですけど直線を向いてからは全くいいところがなく6着と惨敗。
並んでから強いはずのこの馬が直線で外から来たブライトトゥモローにすら全くくらいついていけないっていうのはちょっと考えられないですね。
武騎手も高橋調卿師も原因が分からないとかいってますが、そんなこといってるならこれはやっぱり鞍上を変えるしかないでしょう。
武騎手ではサムソンを乗りこなせない。
武騎手はここまでサムソンに4戦乗って、一番最初の秋天こそ強い競馬だったんですがその後の3戦は負けるにして負け方がよくない。
この馬の走りをして負けたなら仕方ないと思えますがこんな走りでは見てても納得いかない。
こんな走りがこの先も続くようでは凱旋門とかいってられないし、次走天皇賞を勝ちにいくならここは石橋騎手にもう一度乗ってもらったほうが良いんじゃないの?

ダービー卿CT は今年も大荒れでしたね。
勝ったサイレントプライドは横山騎手の乗り方が上手かった。
大外枠から一気に先頭に立って1000m通過が59.6秒というスローペースに落としてそのまま逃げ切り。
大外枠に入った次点でこの馬を切ってしまったんですけど横山騎手やっぱり上手いですね。
◎ピンクカメオは今回は好スタートから好位をキープできたと思ったところで外からサイレントプライドやダンスフォーウィンが交わしていったところで、結局中段後方あたりまでポジションが下がってしまって直線を向いても伸びずに惨敗。
○オーシャンエイプスも後方からいい脚を使ってはいるんですがあの流れではさすがに厳しい。

 
拍手する

産経大坂杯&ダービー卿CT予想

・産経大阪杯
メイショウサムソン、ダイワスカーレット、アサクサキングスといった昨年のGⅠ勝ち馬の年明け緒戦ということでかなり楽しみなレースなんですがやっぱり今年に入ってもサムソンの鞍上が武騎手というのは納得できないですね。
もし鞍上が石橋騎手だったら文句なしに◎つけるところですが武騎手ではそういうわけにはいかない複雑なファン心理というのがあるわけですよ。
武騎手は阪神大章典でポップロックに乗ってるんだからそのまま天皇賞もポップロックでいってくれれば何の問題も無いのに。

◎ダイワスカーレット
○ドリームパスポート
▲メイショウサムソン
△ヴィクトリー、ブライトトゥモロー

◎ダイワスカーレットは昨年はほぼ完璧といえる結果を残してきたので今年の活躍にも期待したいですね。
今年はフェブラリーSアクシデントで回避することになってドバイも断念してしまったんですが、むしろそれはこの馬のこの先のことを考えるとプラスになるかも知れない。
フェブラリーSに出るというのを聞いた時には、陣営はダートでも走れるような事を言っていましたがここまでずっと芝を使って結果を出してきたのにここでわざわざダートを使う必要が本当にあるのかと思ったし、それを回避したおかげでここまでじっくり乗り込んできたことがいい方向に向くんじゃないか。

1週前の追いきりからかなりの好タイムをマークしていたように仕上がりも良さそう。
前日オッズでは単勝1番人気ですが、このレースは1番人気の馬の成績は良いし、さらに鞍上のアンカツもこのレースとはとても相性がよい.。
後はレースでの折り合いだけですね。
おそらく逃げるであろうアドマイヤメイン、ヴィクトリーあたりの後ろでしっかり折り合ってレースを運べれば、直線早めに先頭に立ってそのまま押し切れるはず。

○ドリームパスポートは骨折明け5戦目、転厩からは3戦目でそろそろ結果を出していい頃だと思う。
鞍上の松岡騎手のここ2戦の騎乗ぶりを見るとドリームパスポートとはあまり相性がよくないような感じはしますが、今回は何とか結果を出してもらいたい。
ペースはある程度速くなりそうなので神戸新聞杯を勝った時の高田騎手のようにもっとじっくり脚をためて競馬をしてくれれば。

▲メイショウサムソンは昨年の有馬での惨敗は今まであんなレースを見たことがなかったのでちょっとショックでしたが今年はまた凱旋門を目指すという事なので頑張ってもらいたい。
ただ、やっぱり鞍上が武騎手では◎は付けられないですね。
今年はドバイを目指していたという事もありこれまでに十分に乗り込んできてはいますがあくまでも目標は天皇賞という事である程度余裕のこしの仕上げではあるはず。
昨年このレースを制した時には転厩緒戦ということで追いきりでもかなり速い時計を出していたように目一杯の仕上げという感じもありましたが今年はそこまでとはいかないような
それでもG14勝馬、今年の秋には凱旋門を目指しているのだからそれなりの結果は残してくれるか。

△ヴィクトリーはここ3戦は大敗と全くいいところがなく今回もどうなのかちょっと微妙ですけど、2000mは皐月賞も含め4戦して3勝2着1回ともっとも得意としている距離で何とかここで変わり身を見せてくれたら。

△ブライトトゥモローは休み明けの前走大阪城Sが場体重+10キロで6着、一叩きされた今回はある程度絞れてきてくれれば。
昨年は33秒台の上がりを連発していたように切れる脚も持っているし、

菊花賞馬アサクサキングスはこのメンバー相手で59キロはちょっと厳しいかなあ。
この馬のサムソン同様、目標はあくまでも天皇賞だしここは切り。


・ダービー卿CT
このレースはハンデ戦ということもあって毎年荒れていますが、今年も荒れると読んで穴狙いでいってみたい。
◎ピンクカメオ
○オーシャンエイプス
▲リザーブカード
△ナスノストローク、カンファーベスト、ニシノナースコール、グレイトフルタイム

◎ピンクカメオの前走東京新聞杯はスタートでまるでロデオのように大きく飛び跳ねるような状態になって大きく出遅れてしまったのが原因で、結果は度外視できます。
昨年のNHKマイルCの勝ち馬で元々力はあるし、54キロのハンデなら走っておかしくない。

○オーシャンエイプスはデビュー戦を圧勝した以降はしばらく結果が出ませんでしたが昨年秋には3連勝とようやく勢いにのってきて、今回は休み明けですがこの先安田記念あたりを目指すためにもここは負けられない。

▲リザーブカードは前走東風Sではステキシンスケクンには上手く逃げられてしまったんですがこの馬の走りも悪くなかった。
斤量55キロも手ごろで内ラチ沿いで脚をためられれば直線でスッと抜け出してきてくれるかも。

 
拍手する

ミクらしき

BS2で今日から始まったザ☆ネットスター!という番組で初音ミク特集とやるというのでミクの落書きをしつつ見てました。
日曜日に再放送やるらしいので見逃したっていう人チェックしてみてください。
番組内容は今ネットで流行っているものをいくつか取り上げて紹介するといった感じで、もっとがっつり45分ミクづくしかと思ってたんですけどそういうわけでもないんですね。
OP曲をミクが歌っているのにはビックリしたんですがアニメの方はちょっと惜しいなあ。
キャラは悪くないんですが絵柄が1世代古い感じで、もっとよくなる余地があるだけになんかもったいない感じかしました。
ゲストが変わるたびにOPも変わるらしいので、来月はキャラデザ担当の方も変えたほうがいいと思うよ。

番組中に描けたのは結局ここまででした。
08-4-4.jpg


 
拍手する

いつもの

相変わらずラクガキばっかりなのですが。

立夏と小雨
気付けばこの2人は結構良く描いてます。
08-4-2.jpg

吹雪
08-4-2b.jpg

春風
08-4-2c.jpg

観月
08-4-3d.jpg



 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。