prev03next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

高松宮記念結果

高松宮記念を勝った◎ファイングレインは今回は完璧でした。
パドックでも調子良さそうに見えて、レースでは好スタートから道中中段好位につけて、直線を向いてからは先に抜け出したキンシャサノキセキをゴール直前で捕らえて1着。
鞍上の幸騎手、先週スプリングSでのレッツゴーキリシマの騎乗ぶりは0点でしたが今回は100点あげたい.
この先春は安田記念を目指すんだろうけど今のところはちょっと微妙かな。
NHKマイルC2着という実績はありますが高松宮記念の勝ち馬は安田記念とはあまり相性よくないしいいところ△くらいまでかなあ。

2着キンシャサノキセキはここ2戦は折り合いがつかずに負けていましたが、今回は1200mでペースも速くなって上手く流れに乗れた感じでした。
元々は力のある馬だしこのくらい走ってもおかしくはないですね。

3着の▲スズカフェニックスはスタートでつまずいてしまったのが致命的でした。
それでも、最後上がり3ハロンが32,7秒というものすごい脚で追い込んできたあたりはやっぱり力があります。
4着の△ローレルゲレイロは前半3ハロンが33,4秒というハイペースでも最後まで脚色は衰えなかったし、この馬の競馬は出来たとおもう。

5着○スーパーホーネットは道中は勝ったファイングレインのすぐ後ろにつけていたんですが、4コーナーあたりで置かれてしまったのは休み明けの影響が出たのかもしれない。
最後はスズカフェニックスと並んで外から追い込んできてはいたんですが届かず。
でも、これで一度叩かれて次走中2週でマイラーズCに出てきたらかなり期待できそう。

ドバイは今年は駄目でしたね。
ウォッカの4着が最高でヴァーミリアンはまさかのしんがり負け。
武騎手もどうしたのか分からないといってましたけど本当にどうしたんだろうか?
それにしても勝ったカーリンは2着に7、3/4馬身差って圧倒的すぎます。
ベルモントSだったかプリークネスSを目指しているカジノドライヴはこういう馬に挑もうっていうんだからそう簡単には勝たせてもらえそうにはないですね。

スポンサーサイト
 
拍手する

べびプリ落書き

中等部3人。
立夏も中学生になったのかあ。
うん、制服の立夏も可愛い。
でも、この3人は中等部っていうことは時間的矛盾はあえて無視して?
 08-3-29.jpg

高等部、春風は制服のデザイン違うんですね。

家族旅行、これは締め切りまで1ヶ月あるんでゆっくり考えよう。
当然”みんなでペロペロ”イラスト狙いで。
どこに行くかはある程度分かりますが、TRUE ACTIONのほうは結構どれでもいけそうな感じで難しいかもしれない。




 
拍手する

高松宮記念&マーチS予想

中山9Rミモザ賞白毛馬のユキチャンが勝ったのには驚きました!
昨年12月の未勝利戦を勝って以来で注目してはいましたが、休み明けだしその未勝利戦がダートの1200mで今回が芝2000mでは条件的にも厳しいと思ったんですけどね。
レースでは道中4,5番手当たりにつけて少し行きたがっているところもありました直線坂を上がってから逃げるを捉えて1着。
これは次走がかなり楽しみ。
中3週でフローラSを使って3着以内に入ってオークスの権利取れれば、白毛馬では初のGⅠ出走って事になるし、そうなれば勝ち負けは別としてもかなり盛り上がるんじゃないかなあ。

日経賞は○マツリダゴッホの圧勝。
この馬がここまで力つけてるとは思わなかった。
昨年のこのレースの時には早めに抜け出して足が止まってしまい3着に敗れたんですが、今回も直線を向くあたりではもう先頭に立っていたんですがそこからの手ごたえもかなり楽で最後は押さえる様な感じでも結局3馬身差の圧勝。
次走香港のクイーンエリザベス2世C検疫の問題はありますけど行ったらかなり期待できそうですね。

2着▲トウショウナイトは勝った馬が強すぎたのでこの結果はまあ仕方ないですけどこの馬の競馬は出来てます。

3着◎アドマイヤモナークは道中位置取りが後ろすぎですね。
村田騎手なんであそここまで下げる必要があったのか?
相手はもうマツリダゴッホ化トウショウナイト辺りだと分かってるんだからこの2頭のどちらかをマークするような展開でいければもっと接戦になっていたはず。
あの走りではどれだけいい脚使っても前には届かない。


毎日杯の△ディープスカイの強い勝ち方でした。
道中集団の後方外目から直線を向いてのの伸びはすごかった。
距離は伸びていいとは思えないんですけど皐月賞2000mまでなら何とかなりそう。

2着▲アドマイヤコマンドは2戦目でこれだけ走れるのだからやっぱり力あるんだなあ。
でも、皐月賞は賞金的に微妙ですね。
ローテーション的にも中1週→中2週でさらに輸送を考えるとちょっと厳しいかもしれない。

3着のミダースタッチは芝では勝利でしたが最速の上がりで3着と、こういう馬に来られるともうどうしようもないですね。
予想の段階ではどうやってこの馬を狙えばいいのか全く分からない。

4着の◎ヤマニンキングリーがもうちょっと頑張ってくれたらなあ。
道中は中段内ラチ沿いの好位につけていると思ったんですが直線を向いてからの伸びがもう一つ。



・高松宮記念

◎ファイングレイン
○スーパーホーネット
▲スズカフェニックス
△プレミアムボックス、ブラックバースピン、ナカヤマパラダイス、ローレルゲレイロ

明日は馬場状態がどうなるかちょっと気になります。
レース開始時間の3時40分には降っていそうですけどどのくらいから降り出すかで馬場への影響の変わってきそう。
馬場が悪化すると重馬場で行なわれた昨年のように荒れる可能性も大きくなりそうで、本当はレース直前にでも予想をしたいところですけど。
追いきりではプレミアムボックスとスーパーホーネットの2頭がとてもよく見えた。


◎ファイングレインの末脚に期待します。
毎年大体差し馬有利の流れになるレースで今年もスローになるとは考えられないし、ここ2戦で見せたあの末脚がハマれば最後一気に突き抜けてもおかしくはない。

○スーパーホーネットは昨年のマイルCS以来の休み明けで、このレースは休み明けの馬の成績はそれほどよくはないんですが
この馬は追い切りの動きもかなりよく休み明けでも力を出せる状態と見ました。
マイルCSでダイワメジャーに迫った力はこのメンバーに入っても上位。

▲スズカフェニックスは昨年のこのレースを制し、今年も前走阪急杯では59キロの斤量でも2着に好走と能力的にはこのメンバーでもNo.1であるのは間違いない。
後は、最内枠をどうさばくかの1点だけですね。
昨年は外から早めに抜け出して突き放すという強い内容でしたが、今年は最内枠なのでもしも3,4コーナーの勝負どころで前が詰まってしまうとさすがにこの馬でも厳しいと思う。
テンオリの福永騎手がそのあたり上手く乗ってくれれば昨年同様に突き抜ける可能性も十分にありそう。

△プレミアムボックスは前走オーシャンSを勝って、追いきりでも追いきりでもよく動いていたので今の勢いでどこまでやれるか。

△ローレルゲレイロは逃げてどこまでねばれるかでしょう。
前半の3ハロンを33.0~33,5秒でいって後半の3ハロンを35,0でまとめれば走破時計が1,08,0~1,08,5。
過去10年の勝ち時計を見ても大体1分8秒台前半なのでこのくらいでいければ何とか粘ってくれるかも。


・マーチS
◎フィフティーワナー
○アドマイヤスバル
▲マコトスバルビエロ
△アドマイヤミリオン、ブラックランナー、パレスショットガン

◎フィフティーワナーは長期休養明けで一度叩かれた前走は強い勝ち方で、まだダートでは底を見せていないしこのメンバーなら58キロのハンデでも問題ありません。
ここはキッチリ勝って秋にはJCダートを目指して欲しい。

○アドマイヤスバルは前走根岸Sでは大きな不利がありながら直線だけで3着に入った脚はすごかった。
今回は1800mと距離は伸びますがこなしてくれるはず。

▲マコトスバルビエロはここ最近の走りもずっと安定してるし、上位とも差はない。
 
拍手する

ドバイWC日本馬4頭の走りに期待!!

いよいよ明日はドバイWC!
今年はダイワスカーレットが怪我をしたり、サムソン、マツリダゴッホあたりの有力馬が馬インフルエンザによる検疫等の関係で回避したりとここまでいろいろとあって日本馬は結局4頭となりましたが、少数精鋭、どの馬も力はあるし海外でレースをする時にはとにかく状態さえしっかりしていればかなりいい勝負が出来るはずなので、各馬どんなレースをしてくれるのか今から楽しみですね。

まず、UAEダービーのイイデケンシンはダートでは2戦2勝とまだ底を見せていないし、斤量4キロ差を生かせれば。
大外12番枠で鞍上の藤田騎手には思い切った競馬をしてもらいたい。
今年の日本のダート馬は結構レベルが高いと思うので期待したい。
もし、このレースにサクセスブロッケンとかカジノドライヴあたりが出てたらもっと面白くなったかもしれないですね。

デューティフリーにはウォッカととアドマイヤオーラの2頭が出走しますが、勝つ可能性が一番大きいのはこのレースじゃないかなあ。
理想としては日本馬でワンツーとなればもういうことないですね。
特にアドマイヤオーラにはかなりチャンスあると思います。
昨年はアドマイヤムーンがこのレースを制して2年連続でアドマイヤの馬が制覇という可能性も十分あります。
アドマイヤオーラは常に安定した走りで切れる脚もあるし、さらにどこからでも競馬が出来るタイプ。
それに鞍上のアンカツは昨年のこのレースはダイワメジャーで3着でしたが、今回は昨年の反省点をしっかり修正してくるはず。

ウォッカは昨年のダービー以降は未勝利ですがこういう大舞台で一発やってくれるんじゃないかっていう魅力を秘めてます。
今回武騎手に乗り変わってどんな競馬をするのか分かりませんが、ダービーで見せたあの脚をもう一度ここで使えれば。
外国馬ではダルジナとかフィンスケールビオとか同じ4歳牝馬で強い相手ももいますがそれでもウォッカのほうが強いんじゃないかなあ。
同世代の牝馬には負けられない。

シーマクラシックには日本馬は出走しませんがここにサムソンとマツリダゴッホあたりが出てたら面白かったんだけどなあ。
馬インフルエンザのによる検疫とか輸送の問題で回避することになってしまったのは残念でしたね。
馬自身には全く問題がなかっただけに何とか出てもらいたかったんですけど仕方ない。

そして最後、ドバイワールドCのヴァーミリアンは昨年このレース4着したときには上位とは力差を感じましたが、それ以降はGⅠ4 連勝で昨年以上に力をつけているのは確かだし、さらに昨年の経験を生かして頑張ってもらいたい。
数日前の追いきりでも好タイムを出していたように状態もかなり良さそうですね。
相手筆頭はやっぱりカーリンでしょう。
昨年プリークネスSを勝ってBCクラシックでも圧勝、今年に入っても前哨戦て圧勝したように相当力はありそう。
昨年このレースを勝ったインヴァソールもかなり強いと思ったんですがカーリンも強そうですね。
もう1頭ジャリルも今回と同条件の前哨戦を勝っていてさらに鞍上がデットーリっていうのは怖い。
そう簡単にかさせて暮らそうにもありませんが、それでも今のヴァーミリアンならチャンスはあると信じたい。




・日経賞

◎アドマイヤモナーク
○マツリダゴッホ
▲トウショウナイト
△タスカータソルテ、ヨイチサウス、ココナッツパンチ

◎アドマイヤモナークの2連勝の勢いに期待します。
特に前走ダイヤモンドSで他馬より2.5キロ以上重い斤量を背負いながら楽勝した走りは本当に強かったし今回別定で58キロも全く問題ありません。
鞍上が村田騎手に乗り変わりましたがそれも問題ないでしょう。
3連勝で天皇賞へ向かってもらいたいですね。

昨年の有馬記念を勝った○マツリダゴッホは中山は得意でよく走るというのは分かってますが、その有馬記念は多少展開的に恵まれた面があるのは確かだし、今回休み明けで59キロという斤量を背負う事を考えると多少スキはあると思う。
過去、グラスワンダー、マンハッタンカフェ、ゼンノロブロイといった馬も圧倒敵1番人気に推されながらここで負けているという事を考えてもこの馬をそれほど強くは推せない。

▲トウショウナイトは昨年のこのレースで2着、それ以降しばらく調子を落としていましたが前々走AJC杯でようやく復調。
前走京都記念は5着といってもアドマイヤオーラとは0,2秒差とそれほど差はないし力を出せる状態ならこのメンバーでも上位。
1枠を引いたので内ラチ沿いで上手く脚をためられれば勝てるチャンスも十分あります。

△タスカータソルテは中京記念は強い勝ち方だったしそれに鞍上の横山騎手もこのレースとは相性がよい。

△ヨイチサウスは同型馬のシルクフェイマスとの兼ね合いはありますがマイペースでいってくれれば3着には残ってくれるんじゃないなかなあと。


・毎日杯
◎ヤマニンキングリー
○マイネルスターリー
▲アドマイヤコマンド
△ディープスカイ、ロスペトリュス、リヴザルト、サブジェクト


◎ヤマニンキングリーは前走きさらぎ賞が休み明けの+16キロで先週のスプリングSを勝ったスマイルジャックとは鼻差の3着とほとんど差のない競馬をしたのだからやっぱり力はありますね。
一度使われてさらに上積みも期待出来そうだし、テン乗りの渡辺騎手が上手く乗ってくれれば。
河内厩舎の重賞初勝利にも期待。

○マイネルスターリーは前走共同通信杯で後方から3着に突っ込んできた時にはビックリしましたが、それまでの成績を見ると決して悪いというわけでもないんですよね。
つばき賞は休み明けで、勝ったシングライクバードとは0,2秒差の5着、萩Sはフローテーションダンツキッスイに次ぐ3着でサブジェクト、ベンチャーナインヤマニンキングリーにも先着してるのだからそれなりに力はありそう。
こういうところで母父サンデーの血が生きてくる。

▲アドマイヤコマンドは7馬身差で圧勝した新馬戦から中1週、力は相当ありそうですが条件的にはちょっと厳しいところはあります。
今年デビュー戦で強い競馬をした馬はゴスホークケン、サダムイダテン、レッドシューター、サイレントフォースのように2戦目はことごとく取りこぼしている状況を考えるとこの馬もそう簡単には勝たせてもらえないでしょう。
1番人気になるとかなり危ないですね。
3,4番人気くらいの方が期待できるかもしれない。

△ディープスカイは前走で見せた末脚がここでも使えれば。

△ロスペトリュスはここまで4戦1勝ですがそれほど悪い走りはしていません。
前走若駒S4着以来で少し間はあきましたが、タイキシャトル産句で前走から1ハロン短縮されるのはプラスになりそうだしこのメンバーでも力差は無さそうなので。

△リヴザルドは父レッドランサムの南半球産馬で他馬とは斤量2キロ差。
548キロという大型馬で馬体がある程度絞れていた方が良いような事をいわれていた前走もなかなか強い勝ち方だったし、今回は10キロくらい絞ってきてくれたらもっと走るんじゃないかなあ。
鞍上柴山騎手といえま昨年同じくレッドランサムの南半球産馬のロックドゥカンブにも乗っていたという点でも注目。
 
拍手する

小雨とか氷柱とか

G’sの発売が待ち遠しいですね。
とりあえずキャラデザ完成版を早く見たい。
ラフの段階と微妙にデザインが変わってることもよくあるし、服の細部もはっきりしてくれないと描きずらい部分もあるし。
人気投票は氷柱が1位かなあ。
氷柱とヒカルのワンツーは固そうだけど中位は全く読めないですね。
前回とはかなり変わってきそうな気配。


今日の小雨の日記は桜の花びらが舞ってたのでそれらしく。
小雨ならきっとなれるよ。


08-3-21.jpg



氷柱のスラっとした足を描きたかった。
縮小用のソフトをいつものと変えてみました。
線画部分がちょっとはっきりした感じになったのわかるかなあ?
08-3-23b.jpg






トゥルーしいたけ栽培場
好き好き大好きっ
minesweeper!
いつも捕捉していただいて有難うございます。





 
拍手する

スプリングS&阪神大章典結果

続きを読む...»
 
拍手する

スプリングS&阪神大章典予想

続きを読む...»
 
拍手する

若葉S&フラワーC予想

まず、阪神10R皐月賞トライアル若葉S、昨年はヴィクトリーがここを勝ってさらに皐月賞まで制したように、混戦クラシックの今年も注目しておきたいレースですね。
中心は前走すみれS組の3頭。
その中でも2着だったモンテクリスエスに注目します。
勝ったキングスエンブレムが2番手好位からスムーズな競馬でそのまま抜け出してかったのに対してモンテクリスエスは後方3番手から、
最速の上がりでしたが2着と位置取りの差が出た感じでした。
今回は8頭立てと少頭数でこれと行った逃げ馬のいないのである程度前に行っていた馬が有利にな展開になりそう。
ここで鞍上のアンカツの腕に期待したい。
アンカツはこれまでも、前走での反省点を次のレースではしっかり修正してきてキッチリ勝つっていう事が何度もあるし今回もそのあたりのことを考えて乗ってくるはず。

◎モンテクリスエス
○キングスエンブレム
▲ダンツウィニング
△ミッキーチアフル


・フラワーC
◎ブラックエンブレム
○シングライクバード
▲スペイルバンド
△アロマキャンドル、カレイジャスミン、ハイエストホワイト

このレースは一番人気の馬の成績がかなり安定しているので、ここは素直に1番人気になりそうな◎ブラックエンブレムから狙います。
今年絶好調のウォーエンブレム産句で前走きんせんか賞の勝ちっぷりがとにかく圧巻だったし、あの強さを見ると桜花賞へ行ってもかなり期待が持てそうな感じでした。
中山との相性と休み明け2戦目での上積みにも期待。

○シングライクバードもそれほど差はないですね。
前走つばき賞で牡馬相手に勝ちあがってきた点を評価したい。

▲スペイルバンドは前走は位置取りが少し後ろすぎてした。
今回はメンバー的にそれほど速いペースにはなりそうにないので前々の競馬で、5,6番手くらいにつけて競馬が出きれば。
1ハロン延長はプラス。
中1週でさらに初輸送という条件を克服できれはそう差はない。

 
拍手する

人気低い方とか言わせない

前回のバレンタインカードに続いてトゥルーフォトB コース当たりました!
これでまたトゥルー力上がったかも。

という事でBコースの3人、「スカートがまくれたって気にしないよ?」って、それじゃスカートいらねんじゃね?
とりあえず抜いてみ?
といってあえてスカートだけ脱がせたいトゥルー。
 08-3-19c.jpg





 
拍手する

中山記念&フィリーズレビュー予想

・中山牝馬S
◎ニシノマナムスメ
○ダンスオールナイト
▲レインダンス
△アルコセニョーラ、ヤマニンアラバスタ、イクスキューズ、コスモマーベラス

最近の安定感からニシノマナムスメ本命。
○ダンスオールナイトは前走初音Sでの上がり33,1秒の脚はなかなか強力だったし、今回52キロの軽ハンデを生かしてさらに展開がハマればチャンスはあるかもしれない。


・フィリーズレビュー
◎ラベ
○レジネッタ
▲エーソングフォー
△マイネレーツェル、エイシンパンサー、エイムアットビップ

 
拍手する

アネモネs&ファルコンs予想

土曜阪神6R3歳500万下芝2200Mに出走するアーネストリーに注目。
新馬戦でトールポピー、ドリームシグナル、キャプテントゥーレの3頭を下した力はここでは上位。
休み明けですがここを勝てればダービーが見えるかもしれない。
相手にはダノンイサオ、クリールトルネード

・アネモネs
◎ブーケフレグランス
○ラルケット
▲メイショウマリア
△ソーマジック、ステラーホープ、デヴェロッペ

◎ブーケフレグランスは前走強い牡馬相手に2着で牝馬同士なら上位。
○ラルケットは前走クイーンc休み明け出3着なら上々。一度叩かれた上澄みに期待。
▲メイショウマリアは2戦目の未勝利戦がクイーンCより速い時計で、さらにそこで2着に下した
トリビュートソングが次走で2馬身半差の楽勝したようにかなり能力は高いと思う。

・ファルコンs
◎メイプルストリート
○シルクビッグタイム
▲ルルパンブルー
△ダイワシークレット、マルブツイースター、マヤノベンケイ

◎メイプルストリートは追いきりで好時計を出しているように調子は良さそうで、さらに鞍上が仲舘騎手の時には芝1200Mで2戦2勝。
それに中館騎手自信もこのレースとは相性がよい。
○シルクビッグタイムはダートで芝は未出走で未知の部分は大きいですが走れないことはない。
 
拍手する

氷柱の

なんという一人時間差!
IMG_000006_1.png
 
拍手する

なんとなくトゥルー

絵板で描いた絵載せて置きます。
吹雪。
IMG_000002.png

さくらと観月
IMG_000003_2.png

くんくん立夏。
IMG_000004.jpg
 
拍手する

弥生賞&中京記念結果

阪神9Rアルメリア賞単勝1,2倍圧倒的1番人気のレッドシューター、今回は強い競馬でした。
道中中段から直線でも楽な手ごたえで先頭に立ち、そのまま3馬身差の圧勝。
やっぱりこのメンバーでは力が違います。
この後のローテどうかわカリませんが、2月のデビューからすでに3戦、まだギリギリ皐月賞もいけなくはないですがもう1戦使うとなるとかなり厳しくなるし、ここは無理せずNHKマイルCかダービーに絞った方がいいか。


弥生賞は◎マイネルチャールズが勝ってこれで重賞2連勝。
レースはホッカイカンティーが逃げ1000m通過が61,8秒というスローペース。
2番手につけたマイネルチャールズは道中はちょっと係り気味なところを松岡騎手が上手く抑えているといった感じでしたが、直線をむいてからの伸びの良かったし内容的には完勝でした。
これでこの馬が皐月賞最有力でしょう。

2着ブラックシェルは追い切りの動きがあまりよく見えなかったので無印にしたんですがパドックで見ると530キロ台の馬格もあってかかなりよく見えました。
今回はスタートも五分に出て道中中段からの競馬、あそこから一気に突き抜けるほどの力を持った馬ではないですが月賞に向けてはいい競馬だった。

3着タケミカズチは道中4,5番手といつもよりかなり前目での競馬をしたのがよかった。
この馬はもう一歩勝ちきれないところはありますが大崩もしない常に安定した走利をするタイプなので皐月賞3着候補。

逆に○フサイチアソートは後方2番手、その前に▲ベンチャーナインとこの2頭は位置取りが後ろすぎました。
ベンチャーナインは元々追い込み場なのであの位置取りというのも分かりますがフサイチアソートはなんであんな位置まで下げたんだろう。
休み明けで行きっぷりが悪かったのかもしれないですが鞍上の横山騎手、先週の中山記念ではカンパニーで上手く流れを読んで前目の競馬をしたのに今回は全然駄目いいところが全くない。
結局、12着とここまで大敗してしまうと次走皐月賞でもちょっと狙いずらいなあ。


中京記念は○タスカータソルテが早目に抜け出したところに外からセンカクと△ワイルドファイアーの二頭が迫ってきたんですが何とかタスカータソルテが鼻差粘りました。
タスカータソルテは道中中段内ラチ沿いからの競馬で、3,4コーナーでの手ごたえにもかなり余裕があったし最後は差を詰められましたがハンデ戦で斤量差を考えると強い競馬だったんじゃないか。
やっぱりこのコースは合ってるのかなあ。
次走は多分金鯱賞あたりだと思いますがここでも期待できそう。
 
拍手する

弥生賞&中京記念予想

土曜中山9R黄梅賞、期待のサイレントフォースは全くいいところがなく13着の大敗。
スタートから行きっぷりが悪く直線でも全く伸びずと、新馬戦のあの走りはなんだったんだというような走りでがっかりしました。
今年はこういう馬が本当に多いですね。
新馬戦で強い勝ち方をして、2戦目も人気を集めながら結局勝ちきれないタイプ。
レッドシューター、ファリダット、サダムイダテン、ゴスホークケンもそうでした。
こんな状態だから今年のクラシックは混戦とかいわれるんですよ。
弥生賞では人気の馬にキッチリ勝ってもらいたい。

オーシャンSはやっぱり荒れましたね。
レースは12番人気エムオーウィナーが前半600m34,1秒のペースで逃げ、そのまま粘るところを△プレミアムボックスが鼻差捕らえて1着。
単勝1,7倍、圧倒的1番人気の◎サンアディユはスタートでまさかの出遅れ。
ゲートで何があったのか分かりませんがあれだけ大きく出遅れてしまってはさすがに厳しいですね。
道中差を詰めましたが結局はしんがり負け。
いくら内田騎手でのあの出遅れでは無理。

チューリップ賞は▲エアパスカルが1000m通過が61,3秒というスローペースで逃げて、結局そのまま押し切りました。

2着の○トールポピーと3着の△オディールは最後よく追い込んできたんですがそれぞれ鼻差捕らえきれず、それでも前哨戦という事を考えるといい内容だったと思う。
一度叩かれて本番ではどちらももっとよくなるんじゃないかなあ。
特にオディールは馬体重ー8キロでパドックでもかなりテンションが高く見えたんですが、レースではキッチリ折り合っていたしメンバー中最速の上がり33,5秒という末脚も良かった。

4着◎スペルバインドは走り自体は悪くなかったんですがもうちょっと距離があったほうがいいのかもしれない。
桜花賞よりはオークス向きっぽい。



日曜阪神9Rアルメリア賞のレッドシューターは今度は勝ってほしい。
メンバー的には今回はかなり楽だし新馬戦の走りからはここで負けるような馬ではない。


・弥生賞
◎マイネルチャールズ
○フサイチアソート
▲ベンチャーナイン
△スズジュピター、テラノファントム、ダイシンプラン、アインラクス

◎マイネルチャールズは中山2000mでの安定感と勝負強さに期待。

○フサイチアソートはハイレベルの東スポ杯2歳Sを勝った力はここでも上位。
ただ鞍上の横山騎手は先週中山記念を勝っているので2週連続重賞勝ちはないとみて対抗にしました。
▲ベンチャーナインは京成杯での末脚にもう一度期待。


・中京記念
◎シルクネクサス
○ダイレクトキャッチ
▲タスカータソルテ
△テイエムプリキュア、ローゼンクロイツ、ワイルドファイヤー

◎シルクネクサスは昨年のこのレースで2着。
今年も前走小倉大章典で3着と状態は悪くないし、ハンデ56キロも問題ない。

○ダイレクトキャッチは昨年同条件で行なわれた中日新聞杯で2着、前走バレンタインsでは1400mが短かった感があったのでここでの負けは気にしなくても良い。
今回は追いきりでも好タイムをマークしているように状態も良さそう。
55キロのハンデも手ごろで期待できます。

▲タスカータソルテは前走中日新聞杯3着で中京得意。

△テイエムプリキュアは前走ダイヤモンドSでは控えたのが裏目に出てしまったので今回は思い切っていって欲しい。
昨年のこのレースでも逃げて、その時には1000m通過が57,3秒というハイペースになってしまいしんがり負けだったんですが今回はメンバー的にも単騎でいけそう。
1000m通過が59秒代後半くらいならチャンスはあるかもしれない。

 
拍手する

オーシャンS&チューリップ賞予想

本日、NHK教育テレビで23時より放送される”トップランナー”に桜庭一樹さんが出演されるそうです。
先日の情熱大陸に続いてのテレビ出演で、直木賞受賞されて以来本当に大忙しっていう感じですね。
でもまあ、こういう機会でもない限りテレビに出演される事もないと思うので、特にファンというわけではない方も観ておいて損はないですよ。



土曜の競馬重賞以外の注目レース、中山9R 黄梅賞に出走するサイレントフォースに注目します。
新馬戦での強い勝ち方を見ると当然ここでも1番人気、単勝1倍台くらいになりそう。
同じ藤沢厩舎のレッドシューターは2戦目で3着と敗れてしまったんですがこのときには相手もなかなか強かった、でも今回サイレントフォースはこのメンバーならかるく勝ってくれないと困ります。
ここはキッチリ勝ってこの先ダービーを目指していってもらいたい。


・オーシャンS
重賞に格上げされた過去2回共に1番人気は3着以内と好走していますが二桁人気の馬も絡んできているのでかなり荒れる結果となっているレース。
今回も荒れるとみます。

◎サンアディユ
○ブラックバースピン
▲クールシャローン
△トーセンザオー、ナカヤマパラダイス、プレミアムボックス、ドラゴンウェルズ

◎サンアディユが1番人気になりそうですがこの馬は昨年のスプリンターズSで2着、京阪杯では57キロの斤量を背負いながら勝っているようにこのメンバーでは力が1枚上っていう感じですね。
休み明けでも走るタイプだし今回斤量56キロというのも有利。
ここは連は外さないかなあ。

○ブラックバースピンもサンアディユと同じく京阪杯以来のレースとなりますが追いきりでは坂路で4F 49.2秒とこう時計を出しているように仕上がりは問題ないでしょう。

▲クールシャローンは前走シルクロードsでは11着と大敗でしたがこのレースは先行勢総崩れの展開となってしまったので仕方なかった。
今回は前走ほどには速いペースにはならないと思う。
あとは、初の中山コースという点がどう出るかですね。



・チューリップ賞
◎スペルバインド
○トールポピー
▲エアパスカル
△ムードインディゴ、ギュイエンヌ、オディール


◎スペルバインドは前走セントポーリア賞の走りを評価します。
先週のアーリントンCでポルトフィーノが惨敗した一方で、結果を残したクイーンC勝ちのリトルアマポーラときんせんか賞を4馬身差で圧勝したブラックエンブレムの2頭は共に牡馬相手に中距離でで善戦していたという実績がありました。
リトルアマポーラは京成杯4着、ブラックエンブレムは葉牡丹賞でマイネルチャールズと僅差の3着。
昨年のベッラレイアも同じタイプですみれS3着後オークスでは2着と好走したように、牡馬相手に善戦するような馬は牝馬同士ならやっぱり力は上位といえます。
この馬はセントポーリア賞ではファビラスボーイの3着なので、牝馬通しなら十分勝ち負け。
さらに、鞍上が昨年ウォッカでこのレースを制した四位騎手という点にも期待。

○トールポピーは昨年の阪神JFを制して以来となりますが乗り込みの十分そうだしここでも上位。

▲エアパスカルは前走ダート変更したこぶし賞は度外視して狙ってみたい。
父ウォーエンブレム母父サンデーという血統面からも注目。
 
拍手する

小雨

08-3-5e.jpg

昨日は落書きにも程がある絵だったので今日は1時間ほどかけてみました個人的裏本命の小雨。
5,6歳くらい?
2本のアンテナの曲線具合がいい感じになったかもしれない。
今回の人気投票では11位でしたけど次は1桁狙いで。

 
拍手する

青空

ホタの日記で青空の誕生日の事が完全スルーされてた時にはさすが人気投票最下位、これが格差社会の現実かと思ったんですが虹子のフォローで多少救われた感はあります。
でもまた青空が最下位になりそうな予感。
08-3-5c.jpg

 
拍手する

べびプリ人気投票結果

本日、公式日記で行なわれるであろうひな祭り企画に期待しつつ人気投票の結果について少し触れてみます。

ヒカル1位オメ!!
葉書票では氷柱と同率1位でしたがweb票では差がつきましたね。
それに主人公と同学年である事が発覚。
これはますます人気が出ちゃうんじゃないんですかヒカルさん。
08-3-2.jpg



2位の氷柱はさすが王道、ツンデレツリ目ツインテに外れはないですね。
個人的にも一番描きやすいキャラ。
誰を描くか何も考えずに描くとたいていは氷柱を描いてます。
この先人気投票が続いても氷柱がベスト3から外れるっていうことはまずありえないと思う。
ただ、将来の夢が脳科学者というとどうしてもプロフェッショナルが頭をよぎってしまうんですけど。
あの番組よく観てるし。

葉書票でホタ3位は意外でした。
クールor気の強い感じのつり目系が上位を占めた中で唯一優しい雰囲気のある、個人的にはとても描きずらいタイプのタレ目系ながらこの順位は大健闘。
何がそんなに受けたんだんでしょうか。
ホタってイラスト等は他のサイトでもそんなに見かけなかったような気がするけど。
ビジュアル面でこう特筆するようなところはないと思うんだ(ファンの方ごめんなさい)
趣味のコスプレ?
どんなコスプレてくれるのかっていう期待値も入ってるのかなあ。
確かにそれは楽しみではあります。
見て思わず声を上げてしまうようなコス、イラストのみぶなつきさんにお願いしたい。

4位の麗、コメントの”麗が電車を見てニヤニヤしているのを見てニヤニヤしたい”という状況を思い浮かべて思わずニヤニヤしてしまったw
きなこさん天才!

吹雪は葉書で5位、webでは票を伸ばして氷柱とと僅差の3位とこちらも予想以上の順位でした。
年少組の中ではダントツ人気っていうのはやっぱりクールな感じがよかったのかなあ。

とりあえず5位までにしておいて6位以下はまた機会があれば。


バレンタインの次はホワイトデー企画ですか。
バレンタインではBコースに応募して見事に当たりました。
葉書が1600通という事は倍率は単純に考えて5,3倍。
他のサイトでも当たったよっていう話が結構あったので簡単に当たるものなのかと思ってたらそうでもなかったみたいですね。

今回はそれぞれコースごとに人数差が結構ありますね。
Aコースが最多12人、Bコース6人、Cコース10人で今回の人気投票の結果からそれぞれのコースの倍利とが大体同じくらいになるような組み合わせになってるのかと思ったんですがそれにしてはCコースの組み合わせがちょっと弱いか。

人気順でいえばB、A、Cの順かな。
この中で狙うとしたら、個人的に好きキャラベスト5のうち4人のそろった少数精鋭Bコースにしたいところですけど1番人気を避けてAコースでもいいかもしれない。
それかさらに確率を上げるためにCコースを狙いに行く?
でも他のコースに比べて好きなキャラが少ないし。
1週回ってやっぱり本命Bコース狙い?

今回だれに投票するかもまだ決めてません。
まだ時間があるのでもうちょっと考えてみます。
とか同じような事を前回バレンタイン企画のweb投票の時にも言っていたんですが、その時には結局投票し忘れるという失態を犯したんだっけ。


応募葉書に描くイラスト候補ラフを何枚か描いてみました。

第一候補氷柱リベンジ。
今回はヒカルと同率1位だったので今回は勝ちたい。
先週のしゅごキャラであむのこんなシーンがあったような記憶を頼りに描いたらこんな感じに。
塀の上を歩いたり壁を登ろうとしてしてるところが猫っぽくて、それが氷柱の猫的要素と重なったような気がしました。
これは使える!と。
その時パンツが見えていたかどうかは記憶があいまいで定かではないですが、もしかしたら脳内だけで見えていたのかも。
でもまあこれだけがっつりパンツを描くとまず載らないでしょう。
08-3-2b.jpg


第2候補星花支援。
星花結構好きなんですけどね。
葉書で16位、webで17位はちょっと寂しいなあ。
1桁とはいいませんが、せめて2桁上位くらいにいってほしいなあ。
三国志が大好きだということは日記を読んでもよく分かりますが一般受けするような趣味ではないのはマイナス。
カンフーを習ってるという事なのでヒカルと組んで格闘コンビで売り出す手はありますね。
まあ、ヒカル人気に便乗しようって言う話ですけど。
かばんの横にいる変な生物は一応パンダです。
パンダに見えなくてもパンダです。
パンダってどこが黒くてどこが白いのかよく分からない。
08-3-2c.jpg


第3候補あえて人気のヒカルと氷柱推しで。
よっぽどのことがない限りこの2強時代がしばらく続くような気がします。
08-3-2d.jpg
 
拍手する

中山記念&阪急杯予想

アーリントンCは人気馬が総崩れでかなり荒れましたね。
○ポルトフィーノはあれだけ掛かってしまうとさすがに厳しいなあ。
ここで負けても賞金的には桜花賞出走には問題ないですが、この気性面をどうにかしないと
ちょっと桜花賞も厳しいかなあ。。

勝ったダンツキッスイは大逃げでしたが、1000m通過は58,4秒と開幕週の馬場ということを考えると特別速いペースでもないし、直線向いてもまだかなり余裕もありました。
新馬戦でも阪神マイルを好タイムで勝っているように単騎で気分良くいけると強いですね。

中山9Rきんせんか賞勝ちのブラックエンブレムは前走葉牡丹賞でマイネルチャールズと差のない競馬をしていただけあってここでも強かったですね。
レース振りにはかなりの余裕があってそれで4馬身差の圧勝、馬体重+16キロも成長分でこの馬はこの先期待できます。


日曜の中山9R水仙賞はニシノエモーションに注目。
新馬戦ではフサイチアソートの2着、2戦目は2000mでレコード勝ちしたように力はあります。
まだギリギリ皐月賞にも間に合うしここはキッチリ勝ってもらいたい。
相手はスマイルオンザランとティアップドラゴン。

阪神9Rすみれ賞は結構いいメンバーがそろいました。
その中でも注目はやっぱりファリダットかな。
新馬戦でもあの勝ちっぷりをみるとここ2戦は物足りない
距離はマイルくらいがいいような気はするんですが今回2200mがどうでるか。
相手にはキングスエンブレム、ダンツウィニング、モンテクリスエス、フローテーションの4頭。


・中山記念
◎エアシェイディ
○アサカディフィート
▲コンゴウリキシオー
△チョウサン、リキッドノーツ、マルカシェンク

◎エアシェイディは前走AJC杯で重賞初制覇。
今回の追いきりでもポリトラックで好タイムを出しているように調子も良さそうなので期待できます。

○アサカディフィートは追い込み一本で展開に左右されるタイプですが最後は必ず伸びてくるし、前走小倉大章典を制した勢いでここでも頑張ってもらいたい

このレースは▲コンゴウリキシオーがまず間違いなく行くと思いますが、そこにヨイチサウスが絡んでいくようだとペースも速くなりそう。
逆にもし単騎でいけたらある程度ペースが速くてもそのまま押し切れるくらいの力は十分にあります。

・阪急杯
◎キンシャサノキセキ
○ローレルゲレイロ
▲スズカフェニックス
△ナスノストローク、マルカフェニックス、シンボリグラン、ハイソサエティー

◎キンシャサノキセキは前走京都金杯でも本命に押して、そこでは掛かってしまって全くいいところがありませんでしたが今回は
1ハロン短縮の1400mでこの馬には競馬がしやすいと思う。

○ローレルゲレイロは前走東京新聞杯を勝って完全に復調した感があります。
今回は開幕週の阪神内回りで前々で競馬が出来るタイプのこの馬にはコース的にも合ってます。

▲スズカフェニックスは斤量は59キロと重いですが前走阪神Cも強い勝ち方だったしここでもやっぱり外せません。

△ナスノストロークは前走バレンタインを上がり33,2秒で差しきった脚に期待。




 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。