prev02next
sunmontuewedthufrisat
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

とりあえず全キャラ制覇目指して描いていきます。

長女・海晴&十八女・青空
これは長女というより完全にママっていう感じですねw
08-2-1.jpg


十九女・あさひ
目つきの悪さには定評のある0歳児。
08-2-1b.jpg
スポンサーサイト
 
拍手する

東京新聞杯予想

・東京新聞杯
◎サイレントプライド
○マイケルバローズ
▲ローレルゲレイロ
△カンパニー、エイシンデピュティ、ジョリーダンス、リザーブカード

◎サイレントプライドは前走中山記念の走りを見ると2000mはちょっと長いような感じですが得意のマイルなら期待できます。
追いきりでも販路で4F49.8秒といい時計も出ていて調子も良さそう。
○マイケルバローズは府中のマイルは条件としてはベスト。
それに鞍上の武騎手もそろそろ重賞1つくらい勝ってもいい時期なんじゃないかなあ。
▲ローレルゲレイロは前走阪神Cでは逃げて4着とようやく復調してきた感じでした。
今回はこれといった逃げ馬がいないので開幕週の良い馬場でマイペースでいければ、1000mを59秒台位なら最後まで粘れるはず。
 
拍手する

AJC杯&平安S 結果

レースを見てると、上位に来るような馬って大体3コーナーあたりでの手ごたえを見ればある程度分かりますが、先週のAJC杯も勝ったエアシェイディとか3着のブラックアルタイルあたりは、逃げて惨敗したアドマイヤメインや1番人気で5着に負けたドリームパスポートあたりと比べるとかなり楽な感じで走ってました。
特にブラックアルタイルの方はパドックでもかなり良さ気だったし、4コーナーから直線を向くあたりではもしかしたらこの馬が勝つかなっていう勢いもあったんですが、内をついたエアシェイディの末脚にはかなわず。

勝ったエアシェイディはこれでようやく重賞初制覇で、今回のようなスムーズな競馬が今後も出来れば安田記念か宝塚あたりでも十分上位を狙えるくらいの力はありそう。
2着のトウショウナイトはどこにいたのか全然分からなくっていつの間にか2着に来ていたっていう感じでしたが、元々力はある馬だしようやく復調してきたようですね。

◎ドリームパスポートはあれだけ早く先頭に立ってしまってはさすがに苦しかった。
アドマイヤメインがもうちょっと頑張ってくれたら良かったんですけど。
転厩初戦で馬体重が+10キロ、パドックではちょっと太めかなっていう印象も受けたし調子も万全ではなかったのかなあ。
この後天皇賞を目指すなら日経賞を使ってという形になると思うんですが、そこでしっかり結果出してもらわないと天皇賞では本命には出来ない。

▲トウカイトリックは距離たりなかったのかなあ。
それか、パドックではかなり動きが硬い感じだったので前のレースの疲れが残ってたっていう可能性もあるかも。
メイショウレガーロも全然駄目でした。
逃げたアドマイヤメインが1000m通過が61秒台で決して早いペースというわけではなかったにもかかわらず3コーナーですでにてごたえ一杯。
パドックでもちょっっとテンションが高い感じだったのでその辺りにも影響もあったのかもしれません。


平安Sを勝ったクワイエットデイは道中3,4番手のうちラチ沿いでの競馬で、4コーナーあたりでも楽な感じで最後追い込んできたメイショウトウコンをおさえました。
外を回ったメイショウトウコンに対して内ラチ沿いの経済コースを上手く行けたっていうのが大きかったですね。
角田騎手も上手く乗ったと思う。

○メイショウトウコンは3コーナーあたりから追い通しで最後までよく追い込んできたんですが、首差届かず2着まで。
でも、58キロの斤量で外外を走っていた事を考えると良く走っている方ですね。

3着△マコトスバルビエロもこのメンバーで3着なら十分評価できます。
レベルの高い4歳馬の中でも最先着だし、今回が休み明けだったということを考えると今後も期待できそう。
それにしても鞍上のアンカツはすごいですね~
1月は重賞で4戦乗って、日経新春杯をアドマイヤモナークで勝ったのを含めて1着1回、2着2回、3着1回と全て3着以内。
これはもうアンカツから買うっていうのが一番いいのかも。

◎ドラゴンファイヤーはスタートから最後まで全くいいところなし。
3コーナーあたりでもう駄目な感じで、ここまで走らないってのは逆におかしいって思うくらいに走らな過ぎ。

今回のメンバーの中ではメイショウトウコンとマコトスバルビエロの2頭はフェブラリーS に出てきたとしたら狙ってみたいですね。

ヴァーミリアンが川崎記念を回避してフェブラリーSの出て来るようなので勝つまではどうかと思いますが、2,3着までなら十分あります。
その川崎記念はヴァーミリアンとサンライズバッカスの2頭が回避して、フィールドルージュとフリオーソの2頭の一騎打ちムード
でしたが勝ったのは結局フィールドルージュでした。
この馬もフェブラリーSに出てくるのなら有力になりそう。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。