prev12next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

プロフィール

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

かがみん締め!

今年1年このブログを観てくださった皆さん有難うございました。
今年の更新はこれで最後になります。
来年は金杯からスタート予定です。

今年も色々なアニメ観ましたがその中でベスト3を挙げるとしたら1位クレイモア、2位電脳コイル、3位グレンラガンかな。
次点バンブーブレードはまだ1クールまでなので。アニメが終わったら原作買いたいなあ。

今年最後の更新がこんな絵でも良いかしら?
ローレグかがみんw
かがみんはよく描いたようにらきすたはキャラだけを見ればかなり好きな感じなんですがアニメの評価でいうとちょっと下がるかなあ。
07-12-28.jpg








スポンサーサイト
 
拍手する

ルイズ

ゼロの使い魔のルイズ。
アニメ3期が楽しみ!
07-12-27b.jpg

 
拍手する

シーラ

07-12-29.jpg

BSで放送されていた魔法少女隊アルス総集編みました。
久ぶりに見たけど面白かった~
すっかり忘れてましたがシーラって桑島法子さんだったんだ。
キャラ的にはほぼ電脳コイルのイサコ、年も同じ12歳。
エバ役が広橋涼さんっていうのはわからなかったなあこういう役のイメージはあまりないないし。
電脳コイルもそうですがNHKのアニメって他の局ではやらないような独特の世界観のある作品があるのが良いですね。
EDの曲も好きでした。
放送当時は美しく青きドナウのメロディーからよくこんな曲になったなっていうのに驚いた。
ニコニコ動画にあるカナと思って探してみたらやっぱりありました。
さすがニコニコ動画ホントに何でもあるなあ!


 
拍手する

のどか

企画に完全に乗り遅れた本屋ちゃん。
季節感も無視して何故か夏っぽい感じに。
07-12-27.jpg



続きを読む...»
 
拍手する

エヴァの日

この系さんの企画「毎日ネギま!リターンズ」に再び便乗してエヴァを描いてみました。
neo3巻のコス。
neo版のほうも結構キャラも可愛くて良いですね~
特にあーにゃんw
マガスペでの連載再開にも期待してます。
07-12-26b.jpg

逆向きなのは別に間違えたというわけではないですよw
ちょっとした実験というか練習のためです。
線画はやっぱり手書きの方が早くていいかなあ。
これで1時間かからないくらい。

そういえば明日はリンレンの発売日でしたね。
買う予定はないですけどリンレンにチョモルメラン!って言わせてみたいw



 
拍手する

千雨の日らしいので

この系」さんの「毎日ネギま!リターンズ」という企画に乗っかってみました。
ちびちうサンタw
普段は企画絵とかイベント絵などは滅多に描かないんですが今回はネギま!で一番好きな千雨の日ということで描いてみました。
  07-12-24.jpg


さらに千雨に激似のバンブーブレードのさとりん~
伊達メガネまで同じってww
07-12-21b.jpg

モブで出ていたころは性格なんかも同じなのかと思ってたら12話でまさかのドジッ娘判明!
今期のアニメではこれとみなみけが断然抜けてましたけど他のとは3馬身半差くらいで。
みなみけは初回はなんか微妙な感じでその後面白くなりましたがこっちは初回からかなり良かったので、その分みなみけとは頭差くらいでこっちを上にしたいですね。
2クール目からはさとりんも本格的に剣道部に入って活躍するはずなので期待してます。
みなみけおかわりはどうかなあ?
どりあえず見てみないことにはなんともいえませんがハードルはかなり高そうですね。


有馬も終わった事だし、これからはまたイラストメインになると思います。
この2つは線画からSAIで描いてみましたが今までのととあまり変わりはあまりないかなあ。
でも、回転させたり反転させたりしていつも同じストロークで描くといいかもしれない。
髪は180度回転させて毛先から根元の方へ描いた方がキレイになるような気がします。

※一部修正しました
 
拍手する

有馬記念を終えて

サムソンはいいところが全くありませんでした。
スタートは別に悪くなかったしいつもだったらあのまま好位キープできるはずなのに、最初のコーナー回るあたりではウォッカよりも後ろの位置取りで、もうあの位置ではちょっと無理だろうなとは思いましたけど
それにしてもあまりに走らなすぎです。
これじゃあ来年は胸を張って凱旋門へ、とはいかないですね。
海外での長期滞在プランは見直したほうがいい。
もし行くとしたら今年と同じように天皇賞から宝塚を使って結果を残してからにするべきでしょう。
それに、鞍上ももう一度石橋騎手にして欲しい。
今回の敗因が武騎手にあるとは思わないですが2戦続けてサムソンらしさの見られないレースをしたことは事実だし一サムソンファンとしてはこれ以上武騎手が乗るのは見たくない、というか乗ったとしてもやっぱり素直に応援しては挙げられない。
最近は調教であまり速い時計を出していませんが、春天の頃のようにDW6Fで76秒台がでるくらいびっしり追った方がいいんじゃないかなあ?
秋3戦目で疲れが残っていたようには見えなかったけど調教ではそれほどぱっとしてはいなかったのは事実。
かったマツリダゴッホやダイワメジャーあたりに比べると物足りないような気もしましたけど、あれでも十分といわれればまあそうかなあ?と思うくらいで特に悪いとも思いませんでしたが。
今回の敗戦は陣営も相当ショックだとは思いますが来年もう一度凱旋門を目指すためにもキッチリと立て直してもらいたいですね。

勝ったマツリダゴッホは確かに調教ではよく見えたんですけどね。
今回の追い切りの中ではこの馬とダイワメジャーの2頭がよく見えてダイワメジャーの方は抑えたんですがマツリダのほうは切って失敗でした。
来年は日経賞から天皇賞か香港のクイーンエリザベス2世cを目標にするようですね。
確かにこの馬には3200mは長いような気もしますが、決してこなせないこともないような気はします。

6着のドリームパスポートは高田騎手もうちょっと上手く乗っていれば十分チャンスあったと思う。
道中最後方から3、4コーナーで落馬寸前のアクシデントがあったのは致命的。
それでもサムソンよりも先着してるんだからかなり頑張ってました。
今回はパドックでの様子もかなり良かった。
この馬とダイワスカーレットが特によく見えてその後にポップロックもよくみえました。
前のサムソンがおとなしい感じで歩いているのに対してドリームパスポートは470キロ台ある馬にしてはかなり小柄に見えるタイプですが、キビキビした動きというかリズム感のある動きで調子は良さそうでした。
今回は6着でしたけどあの走りを見ると来年は完全復活できそうな気はします。
ただ、鞍上の高田騎手はあの乗り方では次は乗せてもらえないだろうなあ。
今回で結果を出してこの先も高田騎手で行ってもらいたかったんですけどあれでは乗換えでも仕方ないですね。

2着のダイワスカーレットはパドックではこの馬が一番よく見えました。
3歳牝馬ですがあのメンバーの中でも全く見劣りしないというか逆にすごい雰囲気も良かったしパドック見てからの予想でならこの馬を本命にしてもいいくらいでした。
レースではチョウサンの後ろ2番手からのレースで、もしあそこでチョウサンがこなかったら最後もっときわどいレースになったと思うけどそれは仕方ないか。
それでもやっぱり力のあるところ見せたし、来年はドバイへいっても期待出来ると思う。
これで最優秀3歳牝馬はウォッカをおさえてほぼ確定で、個人的には年度代表馬にも選んであげたいですね。
3歳牝馬でこれだけのメンバー相手の2着なら1着に等しい価値は十分あるし、それにこれまで9戦6勝2着3回連対率100%という安定感。
それも、常に自分からレースを作ってそのまま押し切るという走りは本当に強さを感じさせます。
有馬の前まではアドマイヤムーンが年度代表馬の最有力候補でしたが、ダイワスカーレットもG1の勝ち数自体は3つで並んでいるわけだし、今回の有馬での走りの分をプラスすればダイワスカーレットのほうを
上に見たいですね。

3着のダイワメジャーは道中は内ラチ沿い7,8番手でいつjもより後ろの位置取りに見えたんですが、3,4コーナーで4、5番手当たりまでポジションをあげていったあたりの走りが上手かった。
今回は調教の動きも前走のマイルCS以上によく見え、引退レースで陣営も悔いが残らないように仕上てきたなっていう感じで、レースでも十分力は出し切れたと思う。
3歳で皐月賞を勝ち、その後はのどなりでなかなか結果が出ませんでしたが手術後の昨年秋からは完全復活して今年の有馬まで1年以上ずっとピークを保ち続けてきたというのもすごい馬ですね。
種牡馬になってからもいい産句が出てくることを期待します。

11着ウォッカは3番人気で気体はされていましたがやっぱり大外がきつかったですね。
この秋のウォッカはとにかくツキがなかったとしか言いようがないです。
凱旋門賞断念から秋華賞3着の後のエリザベス女王杯をレース当日に回避して中1週でJC4着、そして有馬では大外枠に入って11着。
3戦して結局、100%力を出し切れたレースは一度もなかった。
宝塚でも道悪で道中かかったりしての惨敗だからダービー以降の4戦全てですね。
ただ、それがウォッカの力だともいえるんですけど。
ベストの条件がそろった時にしか勝てない注文の多いタイプでは本当に強い馬とはいえないし今回のマツリダゴッホがまさにそのタイプですけど、馬場やレース展開等どんな条件でも力を出しれないと駄目ですね。
来年も当然注目を集めるでしょうがしっかり結果を残していっていってもらいたい。

 
拍手する

メイショウサムソンの取捨についてはものすごく悩みました。
夏に凱旋門賞断念が決定した後、鞍上が石橋騎手から武騎手の乗り変わるが決まってから4ヶ月、すでにGⅠを2戦しましたがこの乗り変わりはいまだに納得してはいません。
もし、石橋騎手であったら全く迷わずにGⅠ3戦全て本命にしていました。

武騎手乗り変わってからの天皇賞とJCをの2戦をみるとこの乗り代わりがプラスになったとは思えません。
確かに、天皇賞は今までにない2馬身半差という強い勝ち方をしました。
新聞や雑誌などでも”武騎手がサムソンの新しい力を引き出した”みたいにいわれましたが、あの勝ち方が逆にJCでの敗戦につながったんだとおもいます。
たとえ負けるにしても、サムソンらしいレースをしてそれで負けたのなら仕方が無い、勝った相手を素直に評価するしかないですがJCはそうでなかった。
荒れてるうちを避けて安全策で外を回ったらしいですが、もし石橋騎手が乗ってたらあのような乗り方はしなかったはずで、あの敗戦の原因は明らかに武騎手にあると思う。
武騎手にとって天皇賞は、石橋騎手からの乗り代わり初戦ということもあって負けられないレースでした。
でも、そこで圧勝した事で次の目標がJCを勝つことではなくJCはあくまでも通過点で、その先有馬までのGⅠ 3連勝することになって、そのあたりに隙が生まれたのかも。

逆に、天皇賞では不利もあって不完全燃焼で負けたアドマイヤムーンはすでに種牡馬入りが決まっていて、もしJCでも惨敗するようなことがあれば種牡馬としての評価も下がりかねないという状況で、JC出走を決めたからには絶対に勝ちたかったはずだし、そのあたりの勝負度にサムソン陣営とは差があった。

でも、そのJCで負けたことで有馬記念は天皇賞と同じく武騎手にとっては絶対に負けられないレースになりました。
今回はJCのような乗り方はしないはず。
それに、ここで負けているようでは来年凱旋門賞とかいってられませんし、ここをキッチリ勝って日本の最強馬である事を証明してから海外へ行って欲しい。

○ドリームパスポートは高田騎手とのコンビ復活なら外せません。
高田騎手は今年はいまだ未勝利で普通ならこの大舞台では厳しいとは思うんですが
土曜の中山大障害ではキングジョイで2着と好走してますし、ここでも思い切った競馬が出来ればチャンスはあります。

▲ダイワメジャーは単勝15倍で6番人気というのはちょっと評価低いですね。
この馬には2500mは長いという点で評価を下げれられているんだと思いますが、昨年このレースで3着に入っているわけだし、それにこのレースはダイワメジャーのように内枠の先行馬が一番競馬がしやすい。
妹のスカーレットがハナを切ってその後ろ2,3番手からの競馬で十分勝負になるはず。
6歳馬ですが調教の動きを見ても相変わらず調子は良さそうで今回のメンバー中でも一番よく見えるくらいです。
久しぶりのデムーロとのコンビという点にも期待します。

◎メイショウサムソン
○ドリームパスポート
▲ダイワメジャー
△ポップロック、ダイワスカーレット、ロックドゥカンブ、インティライミ、ウォッカ

3連単
1→2⇔4、6,7,8,12,16
の12点
 
拍手する

ラジN 杯2歳S

◎ダノンイサオ
○フローテーション
▲サブジェクト
△ランチボックス、サダムイダテン

ここはそれほど荒れないレースなので人気の馬を中心に狙います。
サダムイダテンが1番人気ですが新馬勝ちからここを勝ったはアグネスタキオンくらいだし、それに外枠の馬の成績もよくないので△まで。

 
拍手する

枠順確定

有馬記念の枠順決まりましたが、まず一番気になるのは大外16番のウォッカでしょう。
流石にこの枠は厳しいんじゃないかなあ。
JCの時のような最後方からの競馬では直線の短い中山ではまず届かないだろうし、展開を予想からも今回のレースはある程度前につけないと勝負にはならない思う。
過去のレースを見ても外枠の馬の成績は内枠に比べるとかなり悪いし、
03年にシンボリクリスエスが大外枠で勝ちましたがその時は12頭立て、今回はフルゲート16頭立ての大外だからその時とは全く違うので参考にはならない。
この状況で四位騎手どう乗るかなあ?
ある程度押して前につけるかそれとも思い切って後方からの競馬で末脚にかける?
どちらにしろ難しいレースになるのは確か。
調子自体はかなりいみたいで秋3戦の中では一番の出来と陣営もいっているのでノーマークというわけにはいかないですが勝ち負けとなると不安要素の方が大きいですね。

逆にサムソンは最内の1番枠はいい所にはいりました。
昨年2着のポップロック、04年のゼンノロブロイと02年のシンボリクリスエスがこの枠から勝ってますし、過去のレースでも一番いい成績を残している枠なのでこれは期待できます。
秋天と同じように好スタートから流れを見ながら好位につけての競馬が出来そう。
その他の有力馬も内よりの枠でいいところにはいりましたね。

その他の馬の中では注目したいのは2番に入ったドリームパスポート。
皐月賞2着の時と同じ枠で鞍上もその時と同じ高田騎手とのコンビ復活に期待します!
昨年の有馬記念のときの内田騎手とか、阪神大章典のアンカツの乗り方をみても、高田騎手のほうが上手く乗れてるしまたコンビ復活してくれないかなあってずっと思ってました。
状態的には正直もう少し様子見たほうがいいかなという気もするんですが高田騎手が乗るとなれば外せません。
後は、土日の天気もものすごく気になる。
今のところ雨の予報ですが馬場が悪化すれば紛れも出てきそだし、当日の馬場状態を見てから最終的な判断をした方が良いかもしれない。


とりあえず枠順が決まるまでの予想は↓でしたが最終的にどうなるかはまだ分かりません。
◎ポップロック
○ダイワメジャー
▲メイショウサムソン
△ドリームパスポート、ウォッカ、ダイワスカーレット、ロックドゥカンブ



 
拍手する

阪神C
◎エイシンドーバー
○スズカフェニックス
▲プリサイスマシーン
△ジョリーダンス、ドラゴンウェルズ

マイルCS組+阪神得意な馬中心。
 

フェアリーS
◎トラストパープル
○メイビリーヴ
▲メジロアリス
△ビーチアイドル、マイネレーツェル
トラストパープルは前走阪神JFではしんがり負けの大敗ですが、その時にはパドックで見たときから馬体がガレてるような感じでレースでも道中他馬に全くついていけなかったところをみると状態がかなり悪かったんだと思う。
それから中1週でどの程度回復しているかは正直疑問ですが、デビューから2連勝したところを見ると力はあるはずなのでここは思い切って本命にします。
 
拍手する

ふたご座流星群観測

昨日の双子つながりで、今日はふたご座流星群の観測しました。
多少雲は出ていましたが月が出ていなかったので観測条件も良く、10時40分~12時10分くらいまでの約1時間半の観測で見えたのが合計45個。
11時半くらいには1つかなり明るいのが見えて、ほんの一瞬ですが流星痕らしきものも見えました。
とりあえず国立天文台の”ふたご座流星群を観察しようキャンペーン”にも報告。
この時期の観測の最大の敵はとにかく寒さで、本当はもう少し観測していたかったんですけで1時間半が限界でした。
夏場のペルセウス座流星群なら虫除けスプレーでもあれば十分なんですけどね。
でも、1時間で30個のペースなら結構多く見えたほうかなあ。








続きを読む...»
 
拍手する

12月13日は双子の日、ってもう14日だった

"双子の場合は先に生まれた方を兄・姉とする”という太政官布告というものが1874年12月13日に出されたのを記念して制定されたらしいです。
それが制定される前まではそれとは逆で、日本では先に生まれた方が弟・妹で、後から生まれた方が兄・姉として扱う慣習があったみたいですね。
07-12-13.jpg

という事でリンレンを描こうと思ったんですが色を塗ってる時間がなかったので線画まで。


レンが発表されてから、リンレンは一卵性か二卵性か?という事を考えてました。
双子には大きく分けて一卵生双生児と二卵性双生児というのがあって、一卵性双生児はそっくりですけど二卵性双生児は普通の兄弟と同じくそれほど似てはいないという事は知ってると思います。
リンレンはかなり似てるから一卵性かなと思ったんですが普通一卵性といったら、分かりやすいところでいえばマナカナとかザ・たっちみたいに性別も同じはずですよね。

じゃあ、性別の異なる一卵性ってあるの?
と思ったら、本当にごくまれにですけど異性一卵性双生児と呼ばれるそういうケースもあるみたいですね。
普通の一卵性双生児の生まれる確率が1/1000、0.4%で、異性一卵性双生児となると確認されている事例自体が数件、という事は数千万分の一とか数億分の1とか?

とにかく、リンレンがそのごくまれなケースとして異性一卵性双生児だとすると、さらに別の問題が出てきます。
この異性一卵性双生児というのは男性か女性どちらか一方の染色体に異常がある状態で生まれてくるもので、男性の場合はクラインフェルター症候群、女性の場合はターナー症候群である可能性があるようです。
という事はリンがターナー症候群か、レンがクラインフェルター症候群っていう可能性があるということになるんが、さすがにそこまで考えてキャラ作りしていないだろうなあ。

このあたりは専門的過ぎてあまり詳しくは分かりませんが、興味ある人はここを見てみるだけでも面白いと思います。
一卵性の可能性はかなり低そうなので、ここは無難に二卵性という事にしておいた方が良さそうです。





 
拍手する

湯音

異国迷路のクロワーゼ1巻買いました。
色を塗る気力がないのでとりあえずこれだけ。
07-12-9.jpg

公式ブログにドラゴンエイジピュアvol.8の表紙が載ってましたが、この湯音とアリスの可愛さは異常!
10冊くらい買ってもいいw
ドラゴンエイジの方でGOSICKの連載が始まったらしいですね。
作画の天乃咲哉っていう人よく知らないんですけどどんな絵描くのかなあ。
とりあえずチェックしてみて好みの絵柄だったら買ってもいいかも。


↓TPTP新作待ってました~
相変わらずの病気っぷりは健在で、特に1分10秒からは完全に末期ww
これをリンレンで作ってくれる勇者の出現に期待します。



 
拍手する

朝日杯FS予想

前走重賞で連対しているキャリア3~4戦の馬中心と考えて、この条件に当てはまるドリームシグナル、キャプテントゥーレ、スズジュピター、アポロドルチェの4頭はは全ておさえておきます。
その中で本命は1番人気のスズジュピター。
前走、東スポ杯2歳S休み明け、馬体重+10キロで2着でしたがその時の走破時計も優秀だし調教の動きを見ると一度叩いた上積みもありそうなので。

僅差で2番人気のアポロドルチェは14番枠がちょっと不利ですね。
それに、スタートがあまりよくないというか後藤騎手は出遅れではないといってますがそのあたりに多少不安があるので△まで。
○にはデイリー杯勝ちのキャプテントゥーレを推します。
好位で競馬が出来そうなタイプで、今回のメンバーでは展開的にはギンケイが行きそうですけどペースはそれほど早くはならなそうなのでこの馬に向く展開になるはず。

▲エイシンフォワードは鞍上の福永騎手がこのレースと相性が良いですし時計的には地味な感じですが2戦2勝とまだ負けていない点にも期待します。

さらに、マイルの持ち時計NO.1 のゴスホークケン、調教の動きが良かったウイントリガーまでおさえておきますがゴスホークケンは馬体重10キロくらいは絞ってきてくれないと厳しいかな。

先週の阪神JFを勝ったトールポピーを黄菊賞で負かしたヤマニンキングリーはその前2戦が負け過ぎでこういうタイプはちょっと狙いずらいので切り。
ドリームガードナー、サブジェクトあたりはもっと内枠でしたら狙いたいんですが8枠は厳しいと思うのできります。
後は印はつけませんがフォーチュンワードは昨年のドリームジャーにと同じ芙蓉S 勝ちがあるのでもしかしたらという事もあるかも。

◎スズジュピター
○キャプテントゥーレ
▲エイシンフォワード
△ゴスホークケン、、ドリームシグナル、ウイントリガ-、アポロドルチェ

3連単
9→7,10、→1,4,6,7,10,14
の10点

今日は香港でのレースのコンゴウリキシオーとシャドウゲイトの2頭にも期待したいですね。
今年は検疫の問題で日本馬の出走頭数が2頭とちょっと寂しいですけどその分この2頭に頑張ってもらいましょう!
 
拍手する

歌唄

しゅごキャラ!のほしな歌唄。
まだたいして出番も無いのに早速CDデビューですか~
元々歌ありきでの水樹奈々さんキャスティングっぽいところもあったしこれは買うしかない!

07-12-8.jpg


 
拍手する

たまにはミクも描いてみる

最近はリンばっかりだったような気がしたのでミクも描いてみました。
07-12-6c.jpg


異国迷路のクロワーゼ1巻出ます。
土曜にはちょっと買えないけど日曜には買えるはず。
ドラゴンエイジピュアvol.8の付録の曲のサンプルを聞いてみましたがなかなかクオリティ高くて良い曲なんじゃないですか。
というか付録でこのレベルなら文句なし!
さすがここまで半年近くも引っぱっただけの事はあります。
早くフルver.を聞いてみたいですね~

 
拍手する

リン&レン

ふたご~!

07-12-4.jpg

ピアプロにもとりあえず登録しておきました。
 
拍手する

ルイズ

絵を描くときよくニコニコ動画で1,2時間くらいある長めの曲を探してそれを聴きながら描くんですが、その中のくぎゅくぎゅんにされちゃうメドレー(と勝手に呼んでる)を聞いてたらルイズを描きたくなりました。

07-12-2b.jpg


 
拍手する

阪神JF予想

アロマキャンドルは前走いちょうSでスマイルジャック、アポロドルチェといった牡馬の重賞でも好走している相手を2番手からの競馬でそのまま押し切ったのがよかった。
それに、開幕週の阪神マイルで内枠の先行馬有利の展開になりそうなので。
オディールはファンタジーS 勝ちで今のところ1番人気ですが、1番人気の馬は今年の秋G1 の成績が秋華賞以降7戦で1着4回3着3回とかなり安定感があるのでここでも外せない。
ただ、ファンタジーSの勝ち馬は過去10年でもピースオブワールド1頭しかこのレースを勝ったいないので3着候補とします。

◎アロマキャンドル
○オディール
△ヴァリアントレディ、トラストパープル、ニシノガーランド、シャランジュ、レーヴダムール、ラルケット


3連単
1着アロマキャンドル、3着オディールの2頭軸固定で
相手に1、2、5、6、9、14の6点。
もっと手を広げるのであればアロマキャンドル1着軸固定3連単7頭流しの42点。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。