prev11next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

なんというジレンマ

今週はGⅠが無いので、先週の天皇賞を少し振り返ってみることにます。
競馬を始めてこれまで、今回の天皇賞ほど複雑な気持ちでレースを見たことはなかったですね。
現役の中では一番好きなメイショウサムソンが勝ったのだか本当は嬉しいはずなのに、それを素直に喜べないファン心理。
何かすっきりしない感じが残ってしまったのはやっぱり鞍上が石橋騎手でなかったということが原因です。
確かに、武騎手の乗り方は完璧でした。
今までは僅差で勝ってきたサムソンが2馬身半差もつけての圧勝。
これは他の有力馬が不利を受けたことも要因ではあると思う。
ただ、もし普通に不利なく走っていたとしても結果は変わらなかったと思わせるくらい強い内容でした。
それにサムソン自身、陣営が宝塚記念のときよりも調子はいいといっていたように休み明けでもパドックでは落ち着きがあっていい雰囲気だったし、輪乗りしているところをみても秋になって本当に馬が完成した感がありました。
だから、武騎手だったから勝てたのかといえば決してそんな事はなかったなかったと思うし、同じ勝つにしても、もし鞍上が石橋騎手だったら武騎手で勝ったときよりも100倍は嬉しかったのは間違いありません。

この先JCと有馬も武騎手だと思いますが、たとえそれで勝ったとしても石橋騎手でなかったらやっぱり今回と同じような思いが少なからず残ってしまうような気がする。
それも仕方が無いと割り切れれば良いんですが、なかなかそういうわけにはいかないですね。
だから、せめてもう一度石橋騎手とサムソンのコンビをを見てみたい。
でも、今のところその可能性はかなり低そう。

サムソンは来年もう一度凱旋門に挑戦するみたいですが、陣営はエルコンドルパサーと同じようにも半年くらい向こうに長期滞在するプランを考えているようです。
もしそうなら、来年の4月頃には出発という事になるので天皇賞には出ないということになります。
その前に産経大阪杯あたりを使おうと思えば使えますが、使う意味はそれほどありません。
凱旋門賞後に帰ってきてから有馬記念を使う可能性もありますが、検疫期間がかなり長くなるので出られるかどうかはやっぱり微妙なところになります。
という事は、もしかしたら今年のJCと有馬記念の2レースがサムソンにとっては国内での最後のレースになる可能性もあります。
そうなるとやっぱりこの先、石橋騎手が乗る可能性というのははかなり低そう。
でも、その少ない可能性にかけて、例えば武騎手の騎乗停止などで乗るチャンスがあることを期待したい。

とりあえず、このあたりでそのことは置いておいて、サムソンの次走JCについて考えてみましょうか。
天皇賞でのあの走りを見るとここもサムソンでしかたないかもしれないですね。
休み明けであれだけの強い走りをして、さらに一度使われての上積みや東京コースでの実績を考えてもサムソンが中心になるのは間違い無さそう。

相手筆頭は重賞連勝中のインティライミ。
朝日CC、京都大章典共に33秒前半の脚を使っての勝ちっぷりがすごく良かった。
特に前走京都大章典では、直線で前が壁になっているところをアルナスラインのさらに外へ回してから差しきったあの脚はかなり強力。
ダービー2着以降は故障したり折り合いを欠くレースが続いたりしていいところがありませんでしたが、ここに来て完全に復活した感があります。
鞍上がJCをタップダンスシチーで9馬身差の圧勝をしたことがある佐藤哲三騎手というところも怖いですね。

天皇賞組からは2着候補としてまずはポップロック。
天皇賞では明らかに道中のポジションが後ろ過ぎでした。
元々そんなに切れる脚がある馬ではないのであの位置取りは致命的。
京都大章典のようにもっと前での競馬が理想的ですね。
ペリエもそのあたりはしっかり修正してくるはず。
それに、距離はもっとあった方がいい馬だし、東京は目黒記念を連覇しているように得意なのでJCではもっといい走りをしてくれるはず。


後は、アドマイヤムーン、ダイワメジャーあたりは出るかどうかは微妙ですが出ればレースは面白くなります。
2頭とも天皇賞では不利があって不完全燃焼という感じでした。
メジャーの方はマイルCS の可能性もありますがムーンは香港の遠征が中止になって今のところ今後のローテは未定という事らしい。
このまま引退ではちょっともったいないような気もするし、その前にもう一度くらいはレースに使ってもいいんじゃないのかなあ。

アグネスアーク、カンパニーあたりは2400mはちょっと距離が長いですね。
どちらもJCよりはマイルCS 向きだと思うしJCよりはそっちへいった方が良さそう。
3歳馬の中ではウォッカが一時JCへ行くという話もありましたが、秋華賞で3着に負けて目標をエリザベス女王盃に切り替えたので出走しません。

菊花賞勝ちのアサクサキングスは出るようですね。
今年の3歳牡馬は全体的なレベルが低いとはいわれていますが、菊花賞2着のアルナスラインが京都大章典で骨折明けの半年振りのレースながら、インティライミ、ポップロックといったGⅠクラスの力がある古馬相手に3着と好走したように、このアルナスラインに勝ったんだからアサクサキングスもそれなりの力はあるはず。
ちょっとここで一言はさませてもらいます。今回のこの文は多分読む人いないだろうというのを前提に書いているんですがもしわざわざ読んでくださった方がいたら有難うございます。
本当はいつも今回くらいに言いたい事は山ほどあるんですけど、普段はその中からほんの一部だけを書くようにしてるんです。書くのに時間かかるし書いても読まれないだろうし。
それでもたまにはこのくらいは書いておいたほうが自分の考えなんかも整理できていいですね。といっても内容は競馬の事ばかりなんですけど(笑
古馬との初対決となった宝塚での惨敗はあの馬場状態であれだけのハイペースになってしまった事を考えれば仕方が無いので度外視。
むしろ、秋になってからの充実度を買いたですね。
3年前のJCでコスモバルクが3歳の時に2着になったように、あの時と同じような感じで前々の競馬で行けば結構いい勝負になるんじゃないかなあ。
アサクサキングスも前々で競馬するタイプなのでああいった走りが出来るはずです。
ダービーのように思い切ってハナに立つのも悪くないか。

海外勢は今のところはまだちょっと分かりません。
予備登録が45頭で、招待受諾馬が今のところ8頭、その中の最注目は今年の凱旋門賞を勝ったディラントーマスですが、確かこの馬、BC ターフを最後に引退っていう話だったからJC出走は無さそう。
もし出てくればかなり面白かったとは思うんですけどね。
サムソンが出られなかった凱旋門賞を勝った馬だし、JCで2頭の走りを見てみたかった気もします。
後、8頭の中で名前を聞いた事のある馬というと今年のBCターフ3着のレッドロックだけ。
せめてこのくらいの馬に来てもらわないと盛り上がらないか。
その他の予備登録馬を見てみると知らない馬ばかりでよくわからないですね。
でも、たとえどんな馬が来たとしても日本馬が中心になる事は変わり無さそうな感じです。


アルゼンチン共和国杯
◎ネヴァブション
○カゼノコウテイ
▲トウショウナイト
△ハイアーゲーム

ネヴァブションは休み明け2戦目で得意の2500m、57,5キロのハンデもこなせると見て本命にします。
1番人気のアドマイヤジュピタは順調だったらとっくに重賞クラスで活躍していてもおかしくないくらいの馬だとは思うので前走が1000万下といってもここでも能力的には差は無いと思う。ハンデも54キロと手ごろなではありますが、ただフレンチデピュティ産句で2500mがどうかというところがひっかかるので切りました。

ファンタジーS
◎エイシンパンサー
○マイネレーツェル
▲ドリームローズ
△オディール
正直よく分からないレースですけど、2戦連続で33秒台の脚を使っているエイシンパンサーに期待。

スポンサーサイト
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。