prev11next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

JC予想

先週のマイルCS、勝ったダイワメジャーは強いの一言ですね~
ステキシンスケクンが逃げ、雨の影響を考慮すればハイペースといっていい流れを2番手追走でそのまま押し切ってしまうんだから相当強いです。
これで秋3連勝となったわけですけど、のどの手術の影響とか気性的な問題が全くなくなったし現役続行でも来年もかなり活躍できそう。
でも、次走は有馬にでて欲しいなあ。
2500mはこの馬にとっては長いけど中山なら多少ごまかしが効くし、今の状態であれば先行抜け出しでどこまで粘れるかかなり面白いと思う。

2着のダンスは最速の上がりでよく追い込んできたけどもう一歩足りませんでした。
力は十分に出し切っている走りだとは思うんですけど、やっぱりダイワメジャーには勝てないんですよね。
次走は香港マイルらしいですが、今年はアメリカでも勝っているしチャンスはあるでしょう。
それに、その香港マイルがラストランのようだし何とか勝って有終の美を飾って欲しいですね。

キンシャサノキセキは5着でしたが最後の直線入り口あたりでは手ごたえも十分で一瞬伸びてきそうな雰囲気はあったんですけどね~
追い出してからがいまいち伸びがありませんでした。
もしかしたら雨の影響があったのかもしれませんね。
陣営は雨が心配だといっていたし、出来れば良馬場で走りたかったでしょう。

今日のJCダートを勝ったアロンダイト、未勝利から5連勝でのGⅠ制覇!
2,3着ならあると思ったんですがまさか勝ってしまうとは思っていませんでした。
前走は条件戦だったので人気はあまりありませんでしだがやはり、こういう馬は注意が必要ですね。
それにこの馬は3歳馬だしこの先どの位強くなるのか楽しみ。
この馬はエルコンドルパサー産句で、今の3歳馬がラストクロップでしたがこれでソングオブウインドに続いてGⅠ勝ち馬2頭。
エルコンドルパサーの後継種牡馬っていう点でもこの馬が勝ったのは大きいですね。


明日のJC、注目はやっぱりディープでしょう!
東京競馬場は直線の長い東京競馬場はディープに取ってはベストのコースだし、最後の直線でどれだけの脚を見せてくれるか凄い楽しみですね~

◎は当然ディープ。
このレースはディープ対ハーツみたいに言われてますが、実際にはディープの1強、いつもの走りが出来ればディープにかなう相手はいません。
今年のJCと有馬は他の馬には申し訳ないけどディープの為にあるといっても過言ではないでしょう。

○はメイショウサムソン
今年の2冠馬のサムソンが前日オッズで単勝5番人気、
これはちょっと評価が低いと思うんですけど逆に狙って面白いでしょう。
前走の菊花賞では4着で3冠達成できませんでしたが、菊花賞の時は3冠のプレッシャーとか展開的にも不利な部分があった。
今回はあくまでもチャレンジャーとしての立場で気軽に乗れるし左回りは4戦して4連対と得意なのもいい。
古馬の壁は高いですが並んら抜かせない勝負根性を生かせる展開になればチャンスは十分あるでしょう。

ただ、一つ気がかりなのが馬体重。
菊花賞では518キロでダービー時から+16キロ。
特に太めには映らなかったんですけど、馬体が増えていたことが敗因の一つであった可能性は捨てきれないし、今回は多少絞れていた方がいいでしょう。
馬体重に関しては当日になってみないとなんともいえませんが、菊花賞の時は一週前に強めに追いきって最終追いきりは軽めだったのに対して
今回は2週続けてしっかり追いきっていたし、それに今回は輸送もあるから絞れているはず。
その調教の動きも反応も悪くなかったし力を出せる状態には仕上がっているでしょう。

▲はドリームパスポート
この馬は今までのレースが全て3着以内と安定感があるのがいい。
それも、いつも人気以上の走りをしてくれるし。
前走の菊花賞では最後ソングオブウインドに差されてしまったものの、
道中マークしていたメイショウサムソンを並ぶまもなく交わしていった脚は凄かったし、ここでも一瞬の切れ味なら古馬にも十分に通用するはず。
鞍上は岩田騎手に乗り変わったんですけど、ここは思い切って高田騎手に任せても面白かったかも。
皐月賞とか神戸新聞杯での思い切った騎乗ぶりはすごく良かったし、この馬の持ち味をフルに活かせるだけの腕は十分あると思うんですけどね。
ただ、調教はもう一歩っていう感じはします。
前走レコード決着の反動が残っていないとも言い切れないという点だけが気になります。

△はスウィフトカレント。
前走の天皇賞はダイワメジャーには届かなかったものの走り自体はすごく良かった。
それに、鞍上は横山騎手だし人気薄の馬で勝ちはなくても2,3着なら十分ありそう。



人気のハーツクライとウィジャボードの2頭は思い切ってきります!
まずハーツクライ。
昨年の有馬でハーツが勝った事からディープとハーツの力が互角っていういわれ方をされたりしていますが、やっぱりディープの方がはるかに上でしょう。
Kジョージ以来の休み明けというのもいいとはいえないですね。
陣営は休み明けでも問題ないといってますが、昨年は宝塚から休み明けで挑んだ天皇賞は6着。
それに、今年のKジョージで3着に負けたときにも鞍上のルメール騎手は”一度使っておきたかった”というようなことをいっていました。
まあ、Kジョージと今回ではホームとアウェイという大きな違いはありますがここでは狙いを下げたるべきでしょう。
次の有馬でなら十分狙えると思うんですけど。

ウィジャボードは昨年5着でそのときよりの調子はいいようだし、何より鞍上が世界のデットーリっていうのはかなり怖い。
昨年はアルカセットで勝っていて連覇っていう可能性もあります。
が、それでもあえて切ります。
調子はいいといっても前走BCフィリー&メアターフから中2週では疲れが残っていてもおかしくないですし、すでに次走は中一週で香港ヴァーズと決まっていろのでここで目一杯の仕上げで挑んでくるとは思えません。
それに牝馬は98年のエアグルーヴ以来3着以内は一度もないっていうのも気になります。

同じ牝馬ならフサイチパンドラのほうが面白いかも。
エリザベス女王杯から中1週ですが調教の動きは結構良かったし、斤量53キロっていうのもかなり有利だと思う。
前走、古馬との初対決で同じ3歳のカワカミにはレースでは完敗だったものの、スイープトウショウ以下の古馬を抑えた走りは良かった。
今の安定した走りなら96年のファビラスラフインのような激走があってもおかしくはないでしょう。

という事で予想をまとめると以下のとおりです。
◎ディープインパクト
○メイショウサムソン
▲ドリームパスポート
△スウィフトカレント、フサイチパンドラ

明日は東京競馬場に行って最初で最後、ディープの姿を生で見てきます!
スポンサーサイト
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。