prev11next
sunmontuewedthufrisat
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

マイルCS予想

前日オッズでは単勝一番人気のダイワメジャー,前走天皇賞を勝っているし1番人気は順当。
昨年はこのレース2着でしたが、今年は秋2連勝して勢いが違うし、ローテーション的にも、調教の雰囲気を見ても昨年以上の出来で、ちょっと死角が見当たらないですね。
それに、京都のマイルというコースも本質的にはマイラーのこの馬にとってはベスト。
鞍上の安藤騎手も今凄い乗れているし、5枠10番という枠もよく、ダイワメジャーが連を外すのはちょっと考えずらい。
1番人気の馬はここ数年成績はあまりよくないレースですが、マイルCSは元々1番人気がかなり活躍するレースだったしそのあたりも問題ないでしょう。
という事で、本命はダイワメジャー。

2番人気がコートマスターピースだったのは少し意外でした。
ここまで人気になるほどの馬とはちょっと思えないんですけど。
鞍上がデットーリだという事とか、今年は安田記念とスプリンターズSで外国馬が勝っているからここでもという考えからなんでしょうか。
確かに鞍上がデットーリっていうのは魅力的ですね。何といっても世界のデットーリですから押さえておきたい気持ちはわかります。
でも、この馬とブリッシュラック、テイクオーバーターゲットを比較すると実績的にも見劣りするし、それに、多分走破タイムは1分32秒台前半くらいに早くなりそうだし、高速馬場に対応できるかにも疑問が残ります。
さらに、最内枠というのもよくないですね。このレースは1,2枠の連対率が他の枠に比べて極端に低いのでデータ的にも狙いが下がります。

2番手評価は6番人気のキンシャサノキセキ。
3歳馬の中ではマルカシェンクが人気になっていますが、今の勢いならこの馬のほうが上でしょう。
この馬はとにかく前走の勝ち方が凄い良かった!
直線余裕の手ごたえで3馬身差の圧勝、走破タイムも上がりも優秀。
前走が時計の出やすい馬場だったことと距離が1ハロン延長される事を考慮してもここでもチャンスはあるはず。
それに、この馬は南半球生まれという事で古馬とは斤量差が2キロあるのもプラス。

3番手以下はどの馬にもチャンスありそうなんですよね。
ダンスインザムードは距離的にはマイルがベストで鞍上が久しぶりに武豊騎手になったことも大きい。
デアリングハートは重賞2連勝で勢いがあります。大外枠というのがいいとはいえませんが2,3着なら十分ありそう。
あとは、ハットトリックとか3歳馬のスーパーホーネットあたりも面白いでしょう。
展開的にはステキシンスケクンが逃げることは確実で、1000m57秒台のかなり速いペースになってもおかしくありません。
そのような展開になったときにはスーパーホーネットとかハットトリックあたりの切れる脚があるタイプの馬が差してきそう。
その中でもスーパーホーネットは余り人気もないし狙って面白そうです。

ということで以下のような予想になります。
◎ダイワメジャー
○キンシャサノキセキ
▲スーパーホーネット
△ハットトリック、ダンスインザムード、デアリングハート


今日の東スポ杯2歳Sはフサイチホウオーがいい勝ち方しましたね。
最後の直線では2着のフライングアップルと3着のドリームジャーニー3頭の叩きあいでしたが、この馬にはまだ余力があるように見えました。
それに、500キロを越える馬体も見栄えが良くて大物感があるし、来年のクラシック候補の有力な一頭といえるでしょう。
今後のローテーションがどうなるのか解かりませんが、距離はもっとあっても良さそうなので1600mの朝日杯FSよりは2000mのラジオNIKKEI杯2歳Sの方が合いそうです。

ラジオNIKKEI杯2歳Sには札幌2歳Sを勝ったナムラマースも出走予定なので、この2頭の対決になればかなり面白いレースになるでしょう。
今日の東スポ杯2歳sと札幌2歳Sの内容を比較するとナムラマースのほうが上のような気がします。
ナムラマースは1800mで3戦負けなし、それに、走破タイムもかなり早く能力はかなり高そうだし。
でも、人気になるのはフサイチホウオーの方でしょうね。血統面から見てもフサイチホウオーが父ジャングルポケットで1億っていう値段がついたのに対してナムラマースの父チーフベアハートはいかにも地味な感じがあるから。

2着のフライングアップルはスムーズな競馬で力を出し切れた感がありますが、3着のドリ-ムジャーニーはスタートで出遅れたりしてちょっとスムーズさにかけていてちょっともったいない走りでした。
でも、直線では420キロという小さな馬体ながら内の狭いところからよく伸びていたし、この先のレースでも期待できそう。
この馬はマイルで2勝しているので朝日杯FSに行ったほうがいいでしょう。そのレースではオースミダイドウが人気になると思いますがドリームジャーニーにもチャンスは十分あります。

注目していたヴェルトマイスターはいいところが無かったですね。スタートは悪いし直線でも全く伸びずに9着。
前走はマイペースで逃げられましたが今回は馬の若さが出た感じで不完全燃焼。この先どうなるかわかりませんが、次のレースに期待することにしましょう。
スポンサーサイト
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。