prev09next
sunmontuewedthufrisat
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

セントライト記念、マツリダゴッホとネヴァブジョンの2頭の落馬にはかなり驚いた!
もう一度レースを見てみないとよく解からないんですが、マツリダゴッホが躓いて落馬してそれに巻き込まれる形でネヴァブジョンが落馬してしまったように見えた。
道中ペースが落ち着いて馬群が一団になっていて、マツリダゴッホは3,4コーナーの勝負どころで行くところが無くて前の馬に足がひっかっかってしまったようだった。
調教も良かったし、パドックでも落ち着いていてかなりいい雰囲気だっただけに落馬してしまったのは残念ですね。
でも、あの馬群の中心で落馬して被害がアレだけにすんだのは、もっと他の馬とかを巻き込んでもおかしくない位置だっただけに不幸中の幸いというか運が良かったのかも。落馬した騎手にも馬にも大きな怪我とかは無かったようだし。
マツリダゴッホは菊花賞は無理だけど能力はある馬だし、他のレースで期待することにしましょう。

一番人気のフサイチジャンクも落馬の影響を受けてしまっての6着とちょっと不運でしたね。
それが無ければもっといい脚が使えただろうし結果も変わっていたはず。
でも、それでも勝つのはちょっと難しかったかもしれない。
勝ったトーセンシャナオーはスタートが良くて道中の位置取りも逃げたニシノアンサーの直後と絶好の位置。それにペースも落ち着いたし、前の止まらない中山の馬場で、位置取りとしてはベストのポジションで完勝といった感じでした。
ただ、展開的にはまった感じが大きく、これで菊花賞に行って通用するかどうかには疑問は残ります。

2番人気のミレニアムウイングは位置的には悪くなかったんですけどいいところがありませんでしたね。
大外から横山騎手が積極的に押していってトーセンシャナオーの外に着けて位置的には悪くなかったんですが最後はバテてしまいました。
もう少しいいところを見せて欲しかったんですけどこの結果では菊花賞はちょっと難しそう。

キストゥヘヴンは馬体が+20kgとかなり増えていたけど太いという感じは無く、直線では外に持ち出してからまあまあ伸びてたし、前哨戦としてはそれほど悪いレースではなかった。
秋華賞では輸送があって多少馬体も絞れるだろうしさらに良くなりそうな感じはします。
ただ、スタートから道中かかり気味だったのはちょっとマイナス。
この馬の切れを生かすにはしっかり折り合うのが絶対条件だし、それを克服しなければ秋華賞でも伸びきれない可能性はあります。


落馬というアクシデントはあったものの結果をみると、セントライト記念から菊花賞へ行って勝ち負けになるような馬はちょっといないような気がします。
フサイチジャンクは運が無かったとはいえ菊花賞で勝ち負けできるようなレベルにはまだ足りなりなさそう。
良くて3着くらいまでで勝ち負けまでは難しそうです。
やっぱり、菊花賞で中心になるのは来週の神戸新聞杯組でしょう。


ローズSはアドマイヤキッスの強さが際立ったレースでしたね。
休み明けでも走るタイプだけど春よりもさらに成長している感じで、秋華賞でもこの馬が中心になりそう。

2着のシェルズレイは道中かかったのを無理に抑えずに思い切っていったのがうまくはまった感じ。
秋華賞でも3着なら狙って面白いような気がします。

3着のフサイチパンドラは気がかりだった気性面の悪さが出てかかってしまったのが痛かったですね。
パドックでは落ち着いていていい感じだっただけにちょっと期待はずれな気がしました。もう少し成長した面を見せて欲しかった。
この走りだと秋華賞もちょっと難しいそうなんですが、オークスのときのようにしっかり折り合えば来ることも十分考えられるし、この馬の取捨にはかなり悩みますね。


先週の紫苑Sと合わせてこれで秋華賞の出走馬が大体絞られたんですが、その中で勝ち負けできるような有力馬は今日走ったアドマイヤキッスとフサイチパンドラ、キストゥヘヴン、紫苑Sを勝ったサンドリオン、オークスから直行するカワカミプリンセスの5頭くらいでしょう。
この中で秋華賞へ向けてのマイナス要素が一番少ないのはアドマイヤキッス。鞍上の武騎手は昨年のエアメサイアに続いての連覇の可能性も大きいです。
フサイチパンドラとキストゥヘヴンは今日のレースを見ると道中の折り合いという点が気になるし、カワカミプリンセスは元々オークスから直行っていうプランだったとはいえ休み明けでぶっつけっていうのはやっぱり気になる。
オークス→秋華賞っていうローテーションではテイエムオーシャンが勝ってるけど、あの馬は2000mまでなら他馬とは力が違う感じだったし、
それと比較するとカワカミプリンセスがそこまでの力があるかどうかは疑問が残る。
サンドリオンは前走は初めての芝で1800mまでしか経験が無い点がマイナスになるんですが、逆に仏の芝で上がり33.6っていう脚を使えたのには魅力を感じます。


もう一つ注目していた野路菊Sのオースミダイドウは逃げて楽勝とかなり強かった。
休み明けで馬体が12kg増えていたものの、直線は抑えたまま34.2の上がりで楽勝だからやっぱり能力的にはかなり高そう。
あとは、去年のマルカシェンクのように故障しないで進んでいけばかなりいいところまでいけるはず。
ただ、母父がストームキャットだから距離的にどこまで持つのかは気になります。
2000までなら問題は無さそうだけどそれ以上の距離となるとちょっと長いかも。
スポンサーサイト
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。