prev09next
sunmontuewedthufrisat
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

神戸新聞杯結果

サムソン惜しかった~!
直線で内のソングオブウインドとフサイチリシャールを競り落とした時には勝ったと思ったんですが、
最後の最後で大外から追い込んできたドリームパスポートに差し切られてしまいました。
予想で前の馬よりも後ろから来るドリームの切れが怖いと書いたんですが、やっぱりこの馬の切れは凄かったですね。
それに、高田騎手も大外に持ち出していい乗り方したと思います。
馬体を併せての競馬になればサムソンの方が上だし、サムソンに勝つならこれしかないというような思い切った乗り方でした。

ドリームは今日の結果は良かったんですが、問題は菊花賞で3000mという距離をどうこなすかでしょう。
でも、折り合えれば最後必ず伸びてくる脚は魅力的だし3着以内は堅いかもしれません。

サムソンはスタートが良くてすぐ抑えたんですが、そこから道中かなり掛かってしまったのが痛かった。
この馬は気性はかなりおとなしいしパドックでも落ち着いていたからあんなに掛かってしまったのは予想外だったしサムソンがあんな走りをするのは今までなかったからかなり驚いた。
それに、3,4コーナーあたりでは内にいたフサイチリシャールの手ごたえが抜群で楽に上がっていったのに対して、サムソンはかなり手が動いたからもしかしたら惨敗もありうるかもと一瞬思ってしまいました。
でも、直線ではサムソンらしい勝負根性を見せてくれました。
まだ余力のありそうだったソングオブウインドとリシャールを競り落とした走りはさすがサムソンといった感じでした。

最後ドリームに差されてしまったのは残念でしたが前哨戦としてはいい内容といえるでしょう。
休み明けはあのナリタブライアンでさえ2着に負けたわけだし、この2着は全く問題ありません。
むしろ、馬体重の面からいえばドリームが増減なし、メインがー6キロだったのに対してサムソンは+10キロと増えていたのも良かったし、距離が3000mに伸びる菊花賞では断然サムソンが有利でさらに上澄みも期待できるでしょう。

3着のソングオブウインドは菊花賞でも期待できそうですね。
直線入り口あたりでは鞍上の武幸四郎騎手が後ろを振り返る余裕があって直線の競り合いではサムソンには負けたもののリシャールに先着点は評価できます。
これで8戦して全て3着以内と堅実な走りなのもいいし勝ち負けになるかどうかは難しいですが3着なら十分狙えそうです。

アドマイヤメインはいつものように逃げずに結局7着と、いいところがありませんでした。
レースが審議になったのは直線入り口でこの馬が内のリシャールと外のサムソンにはさまれてしまった事に関してだと思いますが、
もしメインの手ごたえがもっと良ければあそこで挟まれてしまうことはなかったでしょう。
やっぱりこの馬は逃げてこそ持ち味を生かせる馬で今日のような抑えての競馬は合っていません。
武騎手は抑えても勝負できるという判断だったんだろうと思いますが、多分逃げていたら結果は変わってただろうし武騎手としては珍しく大きな騎乗ミスだったと思います。
ただ、逃げなかったこと以外にも休み明けで馬体が-6キロと減っていたのは本番に向けては気になります。
そういえば、追い切りの様子も合わせた相手に大きく遅れていてあまりいいようには見え無かったしもしかしたら夏場の調整が上手くいかなかったのかもしれません。
抑えて惨敗したこのレース結果を見ると菊花賞では逃げることになるのは間違いなさそうですが、評価は多少下げたほうがいいかもしれません。

4着のフサイチリシャールはいい走りだったものの、4コーナーであれだけ手ごたえでがあって一気に突き抜けてもいいような勢いだっただけに4着という結果は物足りません。
やっぱりこの馬にとっては2000mでも多少長いんだと思います。
この走りで菊花賞を狙うのはちょっと無謀でしょう。天皇賞からマイルCSを目指した方が良さそうです。


先週のセントライト記念と合わせて菊花賞へ向けての有力馬を挙げてみると、昨日も書いたとおりレースレベル自体が低いセントライト記念組は期待できないし、そのほかにはこれといった馬はいないのでやっぱり今日の神戸新聞杯の1~3着と逃げてどこまで変わるか気になるアドマイヤメインの4頭くらいですね。

もしかしたら、骨折明けのマルカシェンクがぶっつけで出てくる可能性もありますがやっぱり難しいだろうし、サクラメガワンダーは毎日王冠から天皇賞の予定で、メンバー的には春よりもはるかに楽になる菊花賞はやっぱりサムソンが断然な感じです。

サムソンは皐月賞を勝った時からダービーよりも菊花賞向きだと思っていたし、夏も上手く過ごせて今日のレースの前哨戦としては良かったし3冠の可能性はかなり大きいでしょう。



オールカマーは最後の直線で内からバルク、外からディアデラやスウィフトカレントが伸びてくる中で先に行ったバランスオブゲームが最後よく粘りましたね。
バルクが抑えたのは予想外でしたが、変わりにメジロマントルが行ってくれたおかげでバランスオブゲームは予想で書いたとおり内ラチ沿いの理想的なポジションを取れました。
道中ペースが落ち着いたときに一瞬行きかけたところもありましたが、3,4コーナーあたりでは手堪えも十分で力を出し切れました。
やっぱりこの馬、GⅡまでならホントに強いですね。
それに2歳時の新潟2歳Sを勝ってからもう7歳なのに、今年はこれでGⅡ2勝で宝塚でも3着とまだこれだけの走りを出来るっていうのも凄い!


2着のバルクこの馬には珍しく内ラチ沿いでしっかり折り合っていて最後よく伸びました。
バルクはこの2着はかなり大きいでしょう。
これで天皇賞にも出られるし今日のようなレースが天皇賞でも出来ればチャンスは十分にあります。
3着のディアデラノビアも良い走りだった。この先のローテーションはわかりませんがエリザベス女王杯あたりでも良い走りが出来そう。

スポンサーサイト
 
拍手する

サムソン始動!

神戸新聞杯の中心はダービー上位組。
今年は上がり馬らしい上がり馬もいないし先週のセントライト記念組のレベルも高いとはいえないのでこのレースでの上位がそのまま菊花賞でも中心になりそう。
その中でも本命は当然メイショウサムソン。
ダービー後も放牧に出されず順調に調教をこなして、休み明けながら仕上がりは万全。3冠へ向けて死角なしというところを見せてくれるはず。
内枠を引いたのでメイン、リシャールに先に行かせてラチ沿い4,5番手につける競馬で前は差し切れるでしょう。

怖いのは前よりも後ろから来るドリームパスポートでこの馬を対抗にします。
ダービー後の骨折の影響はそれほど無さそうだし、切れ味なら札幌記念を圧勝したアドマイヤメインと互角以上のものがあります。
鞍上の高田騎手が皐月賞の時のように思い切った競馬が出来れば十分勝ち負けになる。

2番人気のアドマイヤメインは3番手評価。
小回りの中京コースで有利という見方がありますが、跳びの大きいこの馬にとっては小回りよりもむしろ広いコースの方が合いそう。
それに、フサイチリシャールの福永騎手がメインに楽な競馬はさせてくれないはず。
ただ、このレースに限ってはドリームの評価を上にしましたが菊花賞に関していえばメインの方が上でしょう。
ドリームの父のフジキセキ産句はどちらかといえば短~中距離タイプが多く、それにドリーム自身の馬体を見ても3000mでは明らかに長く感じます。
それに対してメインの方は、母の父がヘクタープロテクターというのは気になるものの馬体的には距離の不安は無さそうに見えます。

オールカマーはコスモバルクの取捨が大きなポイント。
前走から斤量が3キロ減った点は有利だし、ここで連対しなければ天皇賞に出られないのでこのレースにかけてくるはずですがあえて切ります。
本命はバランスオブゲーム。コスモバルクに先に行かせてその直後につける、セントライト記念のトーセンシャナオーのような展開に持ち込むのが理想的。
休み明けは走るし中山は得意なコースだからGⅡのここなら十分勝てる。
2番手以下は混戦といった感じでチャンスがありそうな馬が何頭もいるんですが、その中ではスウィフトカレント、ドリームパートナー、エアシェイディの3頭を上げておきます。
 
拍手する

セントライト記念、マツリダゴッホとネヴァブジョンの2頭の落馬にはかなり驚いた!
もう一度レースを見てみないとよく解からないんですが、マツリダゴッホが躓いて落馬してそれに巻き込まれる形でネヴァブジョンが落馬してしまったように見えた。
道中ペースが落ち着いて馬群が一団になっていて、マツリダゴッホは3,4コーナーの勝負どころで行くところが無くて前の馬に足がひっかっかってしまったようだった。
調教も良かったし、パドックでも落ち着いていてかなりいい雰囲気だっただけに落馬してしまったのは残念ですね。
でも、あの馬群の中心で落馬して被害がアレだけにすんだのは、もっと他の馬とかを巻き込んでもおかしくない位置だっただけに不幸中の幸いというか運が良かったのかも。落馬した騎手にも馬にも大きな怪我とかは無かったようだし。
マツリダゴッホは菊花賞は無理だけど能力はある馬だし、他のレースで期待することにしましょう。

一番人気のフサイチジャンクも落馬の影響を受けてしまっての6着とちょっと不運でしたね。
それが無ければもっといい脚が使えただろうし結果も変わっていたはず。
でも、それでも勝つのはちょっと難しかったかもしれない。
勝ったトーセンシャナオーはスタートが良くて道中の位置取りも逃げたニシノアンサーの直後と絶好の位置。それにペースも落ち着いたし、前の止まらない中山の馬場で、位置取りとしてはベストのポジションで完勝といった感じでした。
ただ、展開的にはまった感じが大きく、これで菊花賞に行って通用するかどうかには疑問は残ります。

2番人気のミレニアムウイングは位置的には悪くなかったんですけどいいところがありませんでしたね。
大外から横山騎手が積極的に押していってトーセンシャナオーの外に着けて位置的には悪くなかったんですが最後はバテてしまいました。
もう少しいいところを見せて欲しかったんですけどこの結果では菊花賞はちょっと難しそう。

キストゥヘヴンは馬体が+20kgとかなり増えていたけど太いという感じは無く、直線では外に持ち出してからまあまあ伸びてたし、前哨戦としてはそれほど悪いレースではなかった。
秋華賞では輸送があって多少馬体も絞れるだろうしさらに良くなりそうな感じはします。
ただ、スタートから道中かかり気味だったのはちょっとマイナス。
この馬の切れを生かすにはしっかり折り合うのが絶対条件だし、それを克服しなければ秋華賞でも伸びきれない可能性はあります。


落馬というアクシデントはあったものの結果をみると、セントライト記念から菊花賞へ行って勝ち負けになるような馬はちょっといないような気がします。
フサイチジャンクは運が無かったとはいえ菊花賞で勝ち負けできるようなレベルにはまだ足りなりなさそう。
良くて3着くらいまでで勝ち負けまでは難しそうです。
やっぱり、菊花賞で中心になるのは来週の神戸新聞杯組でしょう。


ローズSはアドマイヤキッスの強さが際立ったレースでしたね。
休み明けでも走るタイプだけど春よりもさらに成長している感じで、秋華賞でもこの馬が中心になりそう。

2着のシェルズレイは道中かかったのを無理に抑えずに思い切っていったのがうまくはまった感じ。
秋華賞でも3着なら狙って面白いような気がします。

3着のフサイチパンドラは気がかりだった気性面の悪さが出てかかってしまったのが痛かったですね。
パドックでは落ち着いていていい感じだっただけにちょっと期待はずれな気がしました。もう少し成長した面を見せて欲しかった。
この走りだと秋華賞もちょっと難しいそうなんですが、オークスのときのようにしっかり折り合えば来ることも十分考えられるし、この馬の取捨にはかなり悩みますね。


先週の紫苑Sと合わせてこれで秋華賞の出走馬が大体絞られたんですが、その中で勝ち負けできるような有力馬は今日走ったアドマイヤキッスとフサイチパンドラ、キストゥヘヴン、紫苑Sを勝ったサンドリオン、オークスから直行するカワカミプリンセスの5頭くらいでしょう。
この中で秋華賞へ向けてのマイナス要素が一番少ないのはアドマイヤキッス。鞍上の武騎手は昨年のエアメサイアに続いての連覇の可能性も大きいです。
フサイチパンドラとキストゥヘヴンは今日のレースを見ると道中の折り合いという点が気になるし、カワカミプリンセスは元々オークスから直行っていうプランだったとはいえ休み明けでぶっつけっていうのはやっぱり気になる。
オークス→秋華賞っていうローテーションではテイエムオーシャンが勝ってるけど、あの馬は2000mまでなら他馬とは力が違う感じだったし、
それと比較するとカワカミプリンセスがそこまでの力があるかどうかは疑問が残る。
サンドリオンは前走は初めての芝で1800mまでしか経験が無い点がマイナスになるんですが、逆に仏の芝で上がり33.6っていう脚を使えたのには魅力を感じます。


もう一つ注目していた野路菊Sのオースミダイドウは逃げて楽勝とかなり強かった。
休み明けで馬体が12kg増えていたものの、直線は抑えたまま34.2の上がりで楽勝だからやっぱり能力的にはかなり高そう。
あとは、去年のマルカシェンクのように故障しないで進んでいけばかなりいいところまでいけるはず。
ただ、母父がストームキャットだから距離的にどこまで持つのかは気になります。
2000までなら問題は無さそうだけどそれ以上の距離となるとちょっと長いかも。
 
拍手する

トライアル

久しぶりの更新~
しばらく更新してなかった間に凱旋門賞までもう2週間ですよ!
13日のロンシャン競馬場でのスクーリングの様子も見たけど調子は良さそうだったし、それに芝が深くて力のいる馬場とはいわれているけどそのような感じはほとんど無かったし馬場はあまり問題にはなら無そう。
残り後2週間で力を100%発揮できる状態まで上手く調整していってもらいたいですね。

先週から秋競馬が始まり、今週は菊花賞と秋華賞のトライアルがあるのでそれぞれの注目馬を簡単に挙げてみます。

セントライト記念の一番の注目はやっぱりフサイチジャンク。
メイショウサムソン、アドマイヤメインなどの春の実績馬が皆神戸新聞杯へ回ったおがげで、このレースのメンバーの中では実績的にもジャンクが断然だし、菊花賞を狙う為にもここは軽くクリアーしてもらいたいですね。
春からどの程度成長しているのか解からないけど、ここでもし負けるようなら菊花賞では無印にします。

他の馬で注目はマツリダゴッホとミレニアムウイング。
特にマツリダゴッホは去年の新馬戦の時からずっと注目していた馬で、
春はもう一歩のところでダービー出走を逃してしまったのでここは何とか菊花賞の権利を取ってほしい。
前走の日高特別は古馬相手に強い勝ち方だったしチャンスは十分ありそう。
ただこの馬、休み明けでは強い勝ち方をするんだけど、その後のレースの成績があまり良くない点がちょっと気になりますが。

ミレニアムウイングはブリンカーをつけてから連勝中で、前走では古馬相手に2600mを勝ったっていうのは菊花賞を目指すうえでもかなり大きいですね。
この馬が菊花賞でメイショウサムソンの最大のライバルになりうる可能性も十分にあります。
このレースは距離が少し足りないような気がするけど、今の中山は前がとまらないから先行タイプのこの馬には合いそうだし、逃げそうなニシノアンサーの後ろくらいにつけられたらおもしろそう。
でも、この馬の父ってサドラーズウェルズなんですよね。
サドラーズウェルズ産句はヨーロッパでの活躍に比べて日本では全く活躍していないし、その点だけが気になります。

牝馬のキストゥヘヴンも気になるんですが、距離とか輸送とかを考慮してこのレースを選んだようだけどどうなんでしょうか。
確かに、フラワーカップや桜花賞での切れは牝馬の中でもトップクラスだけど、さすがにこのレースを勝つのはちょっと難しいと思う。
勝ち負けよりは秋華賞へのたたきとして割り切った方がいいのかもしれませんが。


ローズSはアドマイヤキッス、フサイチパンドラなどの有力馬がそろいました。

アドマイヤキッスは休み明けでも走るタイプで仕上がりも良さそうだから十分勝ち負けになるようなレースが出来そう。

フサイチパンドラは蓄膿の手術をした影響が少し気になる。それと、パドックで落ち着きがあるかどうかも注目したい。
この馬は能力的には3歳牝馬の中ではトップクラスであるのは間違いないんだけど、桜花賞の時のようにテンションが高くなってかかってしまうこともあるから、オークスのときくらいに落ち着いていたほうがいい。

他の馬の中では、古馬相手に重賞を勝ったソリッドプラチナムとかニジノフジムスメ、シェルズレイあたりにも注目。

もう一つ、明日は中京9Rの野路菊Sに出走するオースミダイドウの走りにも注目です。
6月の新馬戦以来の出走だけど能力はかなり高そうだし、ここを勝てば朝日杯でも有力になりそう。
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。