prev07next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

プロフィール

いんく

Author:いんく

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
拍手する

惜敗

道中はハリケーンランをマークする形でしっかり折り合って、4コーナーでハリケーンランの手が動いてるのに対してハーツはまだかなり余裕があったし、直線向いたあたりでは絶対に勝てると思っただけに、3着っていうのは凄い悔しいなあ

残り300mあたりでエレクトロキューショニストを交わした時にはあのまま一気に突き放しそうだったけど、そこからの2頭の粘りは凄かった。
確かに、ルメールのコメントのように前哨戦を叩いてきた2頭に対してハーツはドバイ以来の休み明けだったというは少なからず影響はあったでしょう。
それが、残り1ハロンで伸びきれなかった原因である可能性はあります。
でも、ハーツ陣営はそんな事は百も承知でローテーションを組んで仕上げてきたはずで、ここは勝った相手が強かったと素直に認めます。

ハリケーンランはやっぱり世界ランク1位というだけのことはありますね。
4コーナーでの手ごたえを見ると並の馬ならそのまま惨敗してしまってもいいような感じだったのに、結局最後はハーツを1馬身離しての1着。
これで、戦績は10戦8勝2着2回。モンジューの初年度産句ながら代表産句といっていいほどの活躍です。
この後は1戦はさんで凱旋門賞というローテーションだと思いますが、ディープの最大のライバルになるのはやはりこの馬でしょう。

2着のエレクトロキューショニストも直前でアクシデントがあってレース直前まで出走するかどうか迷っていたらしいですが、最後ハーツを差し返した脚はやっぱり凄かった。この馬は凱旋門賞に出るかどうか解かりませんが、出るとすればやはり注意が必要です。

今回のハーツの雪辱を晴らすのはやはりディープしかいません。
8月上旬には早くも遠征して本番に備えるようですが、力を100%出せる調子であれば必ず勝ってくれるはずですし期待しましょう。
スポンサーサイト
 
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。